こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

アフィ子アフィ子

SSL化ってしないといけないのかな?

アフィ男アフィ男

エックスサーバーではどうやって設定すれば良いんだろう?

秋田 健秋田 健

SSL化は必須ですし、無料で設定も出来ますよ!!

 

とても簡単に常時SSL化を無料で行うことが出来ます!当ページで順番に詳しく解説していきますので、参考にしてみてくださいね!!

 

まだエックスサーバーの契約やWordPressをインストールされていない方は以下のページを参考にしてみてください。

 

常時SSL化が必須の理由

常時SSL化が必須の理由

既にご存知の方は飛ばして頂いてOKです。

 

まずSSL化がどんなものなのか、しっかりと把握しておきましょう!!

下図をご覧ください。

常時SSL化が必須の理由

 

サイト検索をしていて、「保護されていない通信」と表示された経験はありませんか?

これは結果的に「SSL非対応」ということになります。「あなた側」に問題があるわけではなく、サイト側の問題です。

 

逆に「SSL対応」していると下図の様に表示されます。

常時SSL化が必須の理由

 

つまり見た目上では「🔓マーク」と「https」が付与された形になります。

 

アフィ子アフィ子

「https」になることでどんな効果があるの??

秋田 健秋田 健

「s」が付くか付かないかで安全性という点で大きく異なりますよ!

下図をご覧頂くとわかりやすいと思います!!

 

常時SSL化が必須の理由

Web上でのカード決済が主流になってきたと同時に、「カード情報の盗聴・個人情報の流出」などの犯罪も増えてきました。

その背景もあり、検索エンジン「Google」ではサイト運営における「安全性の確保」を促しており、その対策として「SSL化」を呼びかけています。

 

アフィ男アフィ男

呼びかけてるだけで必須ということではないの!?

秋田 健秋田 健

厳密に言うと、義務化はされていません。

ですが、「Google」はサイト評価(順位付け)において、そもそも「SSL化」していないサイトは評価の対象にすらしないと言われています。

サイト運営をする以上、「Google」と付き合うのは避けて通れません。

そのため、「SSL化は結果的に必須」ということになります。

 

アフィ子アフィ子

なるほど~じゃあ常時SSL化ってどういうこと?

秋田 健秋田 健

言葉の通り、「常にhttpsの状態」にするということです!!

よく勘違いされてしまうのですが、例えばエックスサーバーでSSL化を行っただけでOK!ということではないんです。

 

実はSSL化しただけだと、「http://~」でアクセスされると、そのまま「http://~」でサイトが表示されてしまいます。

つまり、SSL化しているのに、SSL対応していないという状況に陥ってしまいます。

 

常時SSL化とは「http://~」でアクセスされても自動的に「https://~」のURLへ転送されるようリダイレクト設定すること。

常に「https」の状態にしておかなければ意味がありませんからね!!

ちなみに常時SSL化は「Really Simple SSL」というプラグインで瞬殺なので、簡単です!!

 

では実際にエックスサーバーで無料SSL化をし、ついでに常時SSL化まで設定してしまいましょう!

 

<合わせて読まれている記事>

 

エックスサーバーで無料SSL化の方法

エックスサーバーで無料SSL化の方法

まずはエックスサーバーにアクセスし、「サーバーパネル」へログインしてください。

エックスサーバー公式サイト

 

エックスサーバーで無料SSL化の方法

「SSL設定」をクリックしてください。

 

エックスサーバーで無料SSL化の方法

SSL化させたいドメインを選択してください。

*既に設定してしまっているので、サンプルを例に取っていきます。

 

エックスサーバーで無料SSL化の方法

「独自SSL設定追加」をクリックし、SSL化させたいドメインを選択してください。

最後に「確認画面へ進む」をクリックです。

 

エックスサーバーで無料SSL化の方法

 

上図の通り、「独自SSL設定を追加しました」となればOKです!!

 

エックスサーバーで無料SSL化の方法

最後に「SSL設定一覧」でしっかりと設定されているか確認して完了となります。

 

SSL化が反映されるまで少し時間がかかりますので、気長に待ちましょう!だいたい1時間程度で反映されます!

 

エックスサーバーで常時SSL化の設定

エックスサーバーで常時SSL化の設定

上述でも解説しましたが、エックスサーバーでSSL化の設定をしただけでは「常時SSL化」させることにはなりません。

常時SSL化させる方法は手順通りに進めていってくださいね!!

 

手順①WordPressの設定
手順②「Really Simple SSL」インストール
手順③常時SSL化の確認

 

 

手順①WordPressの設定

まずはいつも通りWordPressへログインしてください。

エックスサーバーで常時SSL化の設定

左側のメニュー「設定>一般」をクリックしてください。

 

エックスサーバーで常時SSL化の設定

上図の部分がまだ「http」のままだと思いますので、「https」へ変更してください。

最後に「保存」を忘れずに!!

 

手順②「Really Simple SSL」インストール

「Really Simple SSL」はプラグインの一つです。

プラグインを利用しない方法としては「.htaccess編集」でも可能ですが、正直面倒かつ初心者の方の場合、混乱してしまう可能性があるのであまりおすすめはしません。

 

と言うことでプラグインを利用した方法で解説していきます!

 

エックスサーバーで常時SSL化の設定

WordPress内の「プラグイン>新規追加」から「Really Simple SSL」を検索してください。

検索できたら「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

エックスサーバーで常時SSL化の設定

インストールできたら「有効化」をクリックしてください。

 

エックスサーバーで常時SSL化の設定

上図の画面が出たら「はい、SSLを有効化します。」をクリックします。

 

これで「常時SSL化」が完了となります!

めちゃくちゃ簡単に出来るので、プラグインが圧倒的におすすめですよ!

 

設定が完了すると強制的にログアウトされますが、もう一度ログインすればOKです!

 

手順③常時SSL化の確認

最後にちゃんと常時SSL化(https表示)されるか確認しておきましょう!!

 

GoogleでもYahooでも良いですが、検索窓に「http://~」を付けたサイトのURLを入力し検索してみてください。

すると自動的に「https://~」のURLが表示されるようになります。さらに🔓マークも付いているはずです。

 

もしかすると表示されない場合もありますが、反映に時間がかかっている可能性が高いので、しばらく時間を置いてから再度試してみてくださいね!!

 

これで当ページの解説は以上となります。

エックスサーバーでのSSL化、常時SSL化は非常に簡単だったと思います!

でわ!秋田 健でした。

 

<合わせて読まれている記事>