エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

秋田 健秋田 健

エックスサーバーを利用している方は、ストレージ容量などの確認方法を把握していますか?

アフィ子アフィ子

そういえば契約してから全く確認していないな~

アフィ男アフィ男

どうやって確認するかもちょっと怪しいな・・・

 

ふとした時に気になるものですが、そういう時に限って確認方法が分からなかったり、思い出せなかったりしますよね。

 

いざとなった時に困らないよう、今回は「エックスサーバー」のストレージ容量を確認する方法についてまとめました。

 

これを読むことで、もう迷うことなくいつでもストレージ容量を確認することができます!

 

※あきけん(@akitaken0530

 

エックスサーバーの容量は十分すぎる!?

エックスサーバーの容量は十分すぎる!?

 

エックスサーバーは、プランによってストレージ容量が異なります。

一番安いX10プランでも容量が200GBもあるため、よほどの大規模サイトを運営しない限りは余裕で運営することができます。

 

そのため、個人で頑張って1日数記事アップしていたとしても、十分すぎる容量があると考えてください。

一般的には、100記事程度のアフィリエイトサイトを製作する場合、よほど容量を使ったとしても10Gにも満たないと言われています。

 

ただし、画像や動画を大量にアップしているサイトの場合は、大きく容量を消費します。

それでも200GBという容量は、1、2サイト運営する程度であれば十分すぎるほどです。

 

WEBサイト上の動画がYoutube等の外部サイトからのものである場合は、ストレージ容量に影響ありません。(その代わりにデータ転送量が問題になります。転送量はX10プランで150G/日が目安です。)

 

そのため、エックスサーバーであればX10プランで何サイトも作る余裕があります。

しかしながら、実際にはサーバー負荷やトラブルなどのリスク分散を考え、複数のサーバーで運営することをおすすめします。

 

例えば私の場合は、レンタルサーバー選びで迷われている方によりリアルな画像や情報、使い勝手などをお伝えしたいという思いもあったので、リスク分散も含めて「エックスサーバー」と「ミックスホスト」をどちらも利用している状況です。

 

その分、費用は多く掛かってしまいますが、「有益な情報の提供」「保険」と考えれば私にとっては安いと考えています。

 

もちろん人によって考え方は異なると思います。

ぶっちゃけ大きなトラブルなどは一度も発生したことがないので、そこまで心配する必要はないのだと思います。

 

<合わせて読まれている記事>

 

エックスサーバーの容量確認方法

エックスサーバーの容量確認方法

 

さてここからは、エックスサーバーのディスク容量の確認方法を説明します。

実は驚くほど簡単に確認できるのです。

 

サーバーパネルにログインします。

すると左側に現在の使用状況が一覧になって表示されています。

「ディスク使用量」「空き容量」も表示されていますね。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

このようにサーバーパネルにログインするとすぐに目に入るため、いつでも把握することができます。

 

エックスサーバーのmysqlの容量確認方法

エックスサーバーのmysqlの容量確認方法

 

MySQLはデータベースです。

WordPressで作成されたWEBサイトは、データベース内に格納されたタイトルや記事、画像などのデータを持ってくることで記事を表示させています。

 

MySQLの容量に関しても、サーバーパネルから確認することができます。

 

サーバーパネルの「データベース」カテゴリの中にある「phpmyadmin」をクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

この際ユーザー名とパスワードを入力する必要があるのですが、分からないという方が大半だと思います。

 

なぜなら、エックスサーバーを契約してからWordPressをインストールするまでMySQLについて設定することがないからです。

 

そのため、まずはMySQLのユーザー設定を行います。

サーバーパネルの「データベース」カテゴリの中にある「MySQL設定」をクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

「MySQLユーザー一覧」タブを開き、必要なユーザーを選択し、パスワード変更欄にある「変更」をクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

パスワードを設定し、「確認画面へ進む」をクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

再度確認し、問題なければ「変更する」をクリックします。

MySQLユーザー名も表示されていますね。きちんとメモしておきましょう。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

以上で設定は完了です。

それではphpmyadminにログインしてみましょう。先ほどのユーザー名とパスワードを入力します。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

ログインすると、下記のような画面が表示されます。

左側にMySQLユーザー名が表示されているので、こちらをクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

「構造」タブを開くと、「サイズ」という列があり、一番下に全ての容量が表示されています。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

無事にMySQLの容量を確認することができました。

MySQLの容量は1つにつき1GBが目安です。

 

この容量を大きく上回った場合などは、制限がかかる場合がありますので、ご注意ください。

 

エックスサーバーのメールボックスの容量確認方法

エックスサーバーのメールボックスの容量確認方法

 

続いてメールボックスの容量を確認していきましょう!!

 

エックスサーバーでは、WEBメールのアカウントを持つことができます。

作成できるメールアカウント数は無制限で、簡単なメルマガ機能も持っています。

 

そのため企業等でメンバー全員分のメールアドレスを発行し、メールサーバーとして利用することも可能です。

ここからは、エックスサーバーのメール容量確認方法を解説します。

 

サーバーパネルにログインし、「メール」カテゴリの中にある「メールアカウント設定」をクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

ドメインを選択し、「メールアカウント一覧」タブを開きます。

ここでは各ドメインについての最大容量に対する使用容量を確認することができます。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

以上です。

とても簡単に確認することができました。

メールボックスの設定方法やメルマガ機能については、以下のページで解説しているのでご確認ください。

 

 

エックスサーバーのメールボックス容量変更方法

エックスサーバーのメールボックス容量変更方法

 

メールボックスの容量については、後から変更することが可能です。

1つのメールアドレスにつき最大5000MBまで容量を持つことができます。

 

では容量の変更方法について解説します。

メール容量確認画面を開くと、各ドメインに対して「変更」というボタンがあります。

 

必要なメールアドレスに対してクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

変更したい容量を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

 

ここではパスワードやメモの変更も同時に行うことができます。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

 

内容を確認し、「変更する」をクリックします。

 

エックスサーバーの容量確認方法!Mysql・データベース・メール

以上でメール容量の変更が完了です。

 

どの作業も非常に簡単に設定・変更をすることができますから、ユーザーにとってはありがたいですね!

 

当ページでの解説は以上となります。

でわ!秋田 健でした!

 

<合わせて読まれている記事>

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

限定特典付き「AFFINGER5(WING)」購入はこちら

限定特典付きAFFINGER PACK3(WING対応)購入へ

 

無料メルマガ「アフィマガ」について

サイト未完成向けメルマガ登録ページ

サイト完成済み向けメルマガ登録ページ