こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

レンタルサーバーを利用して、複数のWEBサイトを同時に運営している方や2サイト目を作りたいと思っている方は多いと思います。

複数のWEBサイトを運営する目的でレンタルサーバーを選ぶ際、1つのサーバーでいくつまでのサイト運営が可能なのか、という点は気になるポイントではないでしょうか。

今回は、エックスサーバーで運営できるWEBサイトの数について解説します。

また、エックスサーバーではWEBメール機能も持っており、そちらで作成できるメールアドレスの個数についても解説します。

 

※あきけん(@akitaken0530

 

◆エックスサーバーは何サイトまで増やせる?

エックスサーバーは何サイトまで増やせる?

 

WordPress等のCMSを利用したWEBサイトの場合は、データベースの数と紐づいているため基本的には「データベースの数 = 運営できるWEBサイトの数」という図式が当てはまります。

1つのデータベースで複数のサイトを運営することも不可能ではありませんが、

・サイトの表示が遅くなる
・サイトが落ちる
・バックアップによる復元を行うと、同じデータベースを使用している他のサイトにも影響が出る

等のデメリットがあるためお勧めできません。

 

エックスサーバーでは、データベース環境としてMySQLを採用しています。

利用できるデータベースの数は、X10プランが50個、X20とX30が70個なので、理論上はそれぞれ50個、70個のWEBサイトが製作できます。

 

1つのサーバーで一元管理ができるのはとても効率が良いです。

その反面、もしサーバーに不具合が発生した場合は、運営しているすべてのサイトに不具合やトラブルに巻き込まれるというリスクがあるということを理解しておきましょう。

 

また、実際にはサーバーのディスク容量や転送量の問題もあるため、1つのサーバーで何十ものサイトを運営することは難しいです。

ただ、アフィリエイトサイトを作る場合など、様々なジャンルや規模感などでいろいろ試しながら複数運営していきたいといった場合などは、マルチドメインに対応している方がよいでしょう。

 

◆エックスサーバーは何ドメインまで増やせる?

エックスサーバーは何ドメインまで増やせる?

 

エックスサーバーはマルチドメインに対応しています。

増やせるドメインの数について、結論から言うと、無制限に対応できます。

つまり、100個だろうが、1000個だろうが、ドメインを持つことができるため、その分のWEBサイトを運営することができるのです。

 

例えば、aaa.comというサイトも、bbb.workというサイトも、1つのサーバーで運用することが可能です。

せっかく複数のサイトを運営しようと思っていても、複数のドメインに対応していなければそれができません。

 

マルチドメイン対応の利点は多くありますが、1番はサーバー費用が安く済むという点です。

それぞれのサイト毎にサーバーを契約していると、その分の費用も発生してしまいます。

2つ程度ならまだしも、10も20ものサイトをそれぞれ別々のサーバーで運営していると、毎月のコストもバカになりません。

そのため1つのサーバーで複数のサイトを運営できるということは、大きなメリットなのです。

 

また、もう1つの利点として、サイト毎にサーバーを開く必要がなく一元管理ができるということが挙げられます。

1つのサーバーで運用管理ができるため、とても楽に管理ができます。

ドメインの追加も簡単に行うことができます。

エックスサーバーでは、契約時にサーバーID.xsrv.jpというドメインが初期生成されます。

それ以外のドメインをエックスドメインやお名前.com、ムームードメインといったドメイン取得サービスを利用して登録していきます。

 

<ドメイン関連記事>

 

さらにエックスサーバーでは、サブドメインも無制限に作ることができます。

サブドメインを利用することで、大きなメディア(サイト)から用途ごとに枝分かれした別々のサイトを作ることができます。

サブドメインは、取得するのに料金がかかりません。独自ドメイン1つの取得料金のみで無制限に作ることが可能です。

 

◆エックスサーバーのメールアドレスは何個まで持てる?

エックスサーバーのメールアドレスは何個まで持てる?

 

エックスサーバーにはWEBメール機能が存在します。メールアドレスの数については、こちらもドメイン同様無制限で作成が可能です。

メールアドレスを制限なく持つことができるのはとても大きなメリットです。

メールアドレスを複数持っておいても使い分けをするのが面倒なため、最初は1つのアカウントですべて対応していました。

ですが、あらゆる情報が1つのメールアカウントに入ってくるため、逆に埋もれてしまい確認するのが難しくなり今は複数のメールアドレスを使い分けています。

 

アフィリエイトであればASP用、メルマガ登録用などなど用途によって使い分けることが出来ます。

また、プライベート用やビジネス用などの用途によって使い分けることも良いでしょう。ただ、1人で使い分けるのにはそれほどの数を必要としません。

チームで作業を行う場合など、それぞれのメンバーにメールアカウントの作成が必要になる場合があります。

この場合は、エックスサーバーで人数分のメールアドレスを準備することができるため、大変便利です。

 

エックスサーバーでのWEBメールアドレスは、アカウント名@独自ドメイン、の形で構成されます。

アカウント名は自由につけることができ、独自ドメインを複数持っている場合は好きなものを選ぶことができるので、自分の好きなようにメールアドレスを作成することが可能です。

ここで作成したメールアドレスをそれぞれのメンバーに割り当てて、メンバー毎にoutlookやThunderbirdなどのメーラーを使用してメールの管理を行う、といったことができるのです。

 

エックスサーバーなら複数サイト(複数ドメイン)を1つのサーバーで運営することが出来て、メールアドレスも無制限で作れますから非常に優良なレンタルサーバーです。

レンタルサーバーに迷っているなら非常におすすめです。

 

公式サイトはこちら

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

☆アフィリエイトで稼ぐ「0Start」とは☆

 

まず「0Start」とは・・・

定して継続的に稼ぐ為の放置システムを最短最速で構築するためのアフィリエイト教材」になります。

 

<こんな不安を解決>

 

 

<如何にして放置で稼ぐか>

時間がない中で、最短最速で「稼ぐ仕組み=放置システム」を作り上げること。

 

※0Startで公開しています。

 

私は普段サラリーマンをしています。

つまり、日中はほぼ放置した状態で「月収100万円」を安定して継続的に稼いでいます。

 

<どんな方でも簡単実践可能!>

 

そんなことは一切関係ありません

 

ありがたいことに、数多くの方からご質問を頂く中で多かった質問が・・・

 

「どうやって月収100万を稼いだんですか?」

 

これに親身にご回答したいのは山々ですが、とんでもない文量になってしまいます。

そこで、「本当に知りたい」「本気で稼ぎたい」という方だけにお伝えしたいと考え、アフィリエイトのバイブル「0Start~放置システム最短サイト構築~」の販売に踏み切りました。

 

後悔はさせないほどの圧倒的なノウハウと特典の数々。

そして、手にして頂いたならば、実践し、極論真似してください

現時点で私が持ちうる全てのノウハウを「0Start」に注いでいます。

 

これからのアフィリエイトライフの一助に「0Start~放置システム最短サイト構築~」がなれば幸いです。

 

≪不労所得で月収100万円以上稼ぐ教科書「0 Start」≫

☑月収100万円以上を目指すための放置システムを構築

☑誰でも「稼ぐ仕組み」を徹底的に最短で作りあげられる

☑当サイト管理人の秋田健が長い歳月を掛け、本気で作成

☑24時間365日フル稼働で働くもう一人の自分を構築

☑放置で稼ぎ続ける「不変型」ノウハウを赤裸々に大公開

本気で稼ぎたい方だけ手に取ってみて下さい☆

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

でわ!秋田 健でした!

 

≪使うべきNo1テーマついに決定!≫

☑デザイン性・自由カスタマイズ・簡単設定

☑会話・ボックス・ランキングで脅威のCTR

☑初心者~上級者まで圧倒的な利用者を誇る

☑秋田健が太鼓判を押す間違いないテーマ

☑2つの限定特典を付け初心者安心サポート

限定特典付き「AFFINGER5(WING)」購入はこちら

限定特典付きAFFINGER PACK3(WING対応)購入へ

 

 

≪無料メルマガ「アフィマガ」好評配信中≫

☑「月収100万円への道」をメルマガで無料配信!

☑SEO・ライティング・Googleアップデート情報!

☑アフィリで稼ぐ為の必要な情報を限定配信

☑サイト未完成の方・サイト完成後それぞれで配信!

☆「あなた」の状況に応じて選んでくださいね☆

メルマガ登録

無料メルマガ「アフィマガ」について

サイト未完成向けメルマガ登録ページ

サイト完成済み向けメルマガ登録ページ

 

<合わせて読まれている記事>