こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

WEBサイトを運営する際、最初に必要になるのがドメインです。

ドメインを取得しようにも意外とお金がかかってしまうので、どうすればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

特に初めてのブログに挑戦しようと考えている方であれば、できるだけ費用を抑えて始めたいですよね。

せっかく開設したにもかかわらず更新する気が起こらず、ドメイン更新料だけを払い続けるのは非常にもったいないです。

 

エックスサーバーでは、キャンペーン等を利用して新規ドメインを無料で手に入れることができます。

無料で取得できるのであれば、手軽にWEBサイトを始めることができますよね。

 

今回は、エックスサーバーで取得できる無料ドメインと、そのメリット・デメリットについて解説します。

 

※あきけん(@akitaken0530

 

①無料ドメインとは?

無料ドメインとは?

 

通常、新規でドメインを取得する際は、お名前.comムームードメインエックスドメイン等のドメイン取得サービスを利用して、ドメイン名に応じた登録料を払って取得する必要があります。

この金額は.comや.netなど、ドメインの種類によって異なります。

 

また、ドメインの契約には期間が定められており、一般的には1年間での契約を順次更新するという形をとっています。

この際更新費用が発生します。

更新費用が比較的高いドメインの場合、毎年その更新料を支払う必要があります。

つまりドメインの更新料とサーバーの使用料が、WEBサイトを運営する上での固定費ということになります。

 

エックスサーバーでは、サーバーを新規契約するときに、独自ドメインを無料で1個取得できるキャンペーンを展開しています。

こちらは登録料金だけではなく、更新も無料で行うことができます。

また他社からのドメイン移管の場合は、移管後の更新料が無料になるという大変お得なサービスです。

ただしキャンペーンなので100%いつでも無料ドメインが手に入るわけではありません。

 

またエックスサーバーではX20もしくはX30プランで契約した場合、ドメインを無料で取得することができます。

こちらはキャンペーンとは異なり、期間等の制限はありません。

 

公式サイトはこちら

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

<無料ドメイン関連記事>

 

 

②無料ドメインのメリット

無料ドメインのメリット

 

無料ドメインのメリットは、無料であることに他なりません。

先ほども述べたように、WEBサイトの運営にはサーバー利用料とドメインの使用料が固定費として発生します。

 

例えば、お名前.comの場合、ドメイン取得料は下記のようになっています。

お名前.comの場合、ドメイン取得料は下記のようになっています。

 

画像は一部を紹介していますが、実際には580種類以上もあります。

.comや.netや.jpを利用する場合、1000~5000円の料金を毎年支払う必要があります。

この料金に、サーバー料金(今回はエックスサーバーのX10プランを1年契約とします)が年間12,000円かかってくるので、固定費は年間13,500円程度になります。

(初期費用を除く)

 

ドメイン取得が無料であれば、実質の固定費はサーバー料金だけで済むためこれを利用しない手はありません。

このドメイン無料取得キャンペーンは、選択できるドメインがあらかじめ決められており、下記のドメインの中から好きなものを選ぶことができます。

.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.click

定番の.comや.netが利用できるのはとても嬉しいですね。

 

他サーバーからの移管についても、上記のドメインの中であれば移管後の更新料が無料になります。

この際、.clickドメインのみ移管に対応していませんので注意してください。

.clickドメインを利用している方がエックスサーバーに引っ越しをする場合は、新たにドメインを取得する必要があります。

 

また、X30プランに申し込む場合は、上記のドメイン以外にも、下記のドメインが選択可能です。

.co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp

こちらは企業や組織でなければ取得することができませんが、法人としてドメインを取得する場合は選択肢に含めることができます。

 

例えば.co.jpの場合、お名前.comで取得すると登録に3660円、更新に年間5200円かかります。

このような維持費がかかるドメインに対しても、無料で取得できるのはとてもお得です。

 

③無料ドメインのデメリット

無料ドメインのデメリット

 

無料で新規ドメインが1つ取得できるということに、デメリットらしいデメリットはありません。

ですが注意点として、以下が挙げられます。

 

・期間内に申請をしないと無料ドメイン取得ができない

期間内にサーバー契約するだけではドメイン取得ができません。

サーバー契約とは別に申請を行う必要があるため、忘れずに申請してください。

 

・ドメイン名の変更やキャンセルができない

安易なドメイン名をつけてしまい後悔しても変更はできません。

ドメイン取得時はきちんと考えてから取得するよう気をつけてください。

 

また、希望するドメインが既に第三者によって取得済みである可能性もあります。

きちんと事前に確認してからサーバー契約・ドメイン申請に臨んでください。

 

・サーバーを引っ越しする場合はドメイン更新料がかかる

キャンペーンを利用して無料でドメインを取得する場合は、エックスサーバーを契約し続ける必要があります。

そのため他サーバーに引っ越す場合など、何らかの理由でエックスサーバーを解約する場合は、その後のドメイン更新料金が発生します。

もちろんドメインが消滅するといったことはないので、そのまま使い続けることは可能です。

 

注意点としてもこのぐらいですから、無料であるメリットの方が圧倒的に大きいでしょう。

キャンペーン中であれば必ずゲットしておくべきですから、無料ドメインつきでエックスサーバーと契約しましょう!

 

公式サイトはこちら

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

☆アフィリエイトで稼ぐ「0Start」とは☆

 

まず「0Start」とは・・・

定して継続的に稼ぐ為の放置システムを最短最速で構築するためのアフィリエイト教材」になります。

 

<こんな不安を解決>

 

 

<如何にして放置で稼ぐか>

時間がない中で、最短最速で「稼ぐ仕組み=放置システム」を作り上げること。

 

※0Startで公開しています。

 

私は普段サラリーマンをしています。

つまり、日中はほぼ放置した状態で「月収100万円」を安定して継続的に稼いでいます。

 

<どんな方でも簡単実践可能!>

 

そんなことは一切関係ありません

 

ありがたいことに、数多くの方からご質問を頂く中で多かった質問が・・・

 

「どうやって月収100万を稼いだんですか?」

 

これに親身にご回答したいのは山々ですが、とんでもない文量になってしまいます。

そこで、「本当に知りたい」「本気で稼ぎたい」という方だけにお伝えしたいと考え、アフィリエイトのバイブル「0Start~放置システム最短サイト構築~」の販売に踏み切りました。

 

後悔はさせないほどの圧倒的なノウハウと特典の数々。

そして、手にして頂いたならば、実践し、極論真似してください

現時点で私が持ちうる全てのノウハウを「0Start」に注いでいます。

 

これからのアフィリエイトライフの一助に「0Start~放置システム最短サイト構築~」がなれば幸いです。

 

≪不労所得で月収100万円以上稼ぐ教科書「0 Start」≫

☑月収100万円以上を目指すための放置システムを構築

☑誰でも「稼ぐ仕組み」を徹底的に最短で作りあげられる

☑当サイト管理人の秋田健が長い歳月を掛け、本気で作成

☑24時間365日フル稼働で働くもう一人の自分を構築

☑放置で稼ぎ続ける「不変型」ノウハウを赤裸々に大公開

本気で稼ぎたい方だけ手に取ってみて下さい☆

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

でわ!秋田 健でした!

 

≪使うべきNo1テーマついに決定!≫

☑デザイン性・自由カスタマイズ・簡単設定

☑会話・ボックス・ランキングで脅威のCTR

☑初心者~上級者まで圧倒的な利用者を誇る

☑秋田健が太鼓判を押す間違いないテーマ

☑2つの限定特典を付け初心者安心サポート

限定特典付き「AFFINGER5(WING)」購入はこちら

限定特典付きAFFINGER PACK3(WING対応)購入へ

 

 

≪無料メルマガ「アフィマガ」好評配信中≫

☑「月収100万円への道」をメルマガで無料配信!

☑SEO・ライティング・Googleアップデート情報!

☑アフィリで稼ぐ為の必要な情報を限定配信

☑サイト未完成の方・サイト完成後それぞれで配信!

☆「あなた」の状況に応じて選んでくださいね☆

メルマガ登録

無料メルマガ「アフィマガ」について

サイト未完成向けメルマガ登録ページ

サイト完成済み向けメルマガ登録ページ

 

 

<合わせて読まれている記事>