アフィリエイトにおすすめなサーバー比較!初心者に人気なのはこれ!

こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしているあきけんです。

アフィ子アフィ子

レンタルサーバーって色々ありすぎてわかんないよ~

アフィ男アフィ男

アフィリエイトを始めるならどのレンタルサーバーがおすすめ何だろう?

秋田 健秋田 健

コロナの影響もあって、アフィリエイトを始める方は増えてきており、実際に二人のような疑問を持っている方は多いと思います!

そこで当ページでは・・・

「どのレンタルサーバーを選べば良いか」という視点で、「アフィリエイトにおすすめなレンタルサーバーの決定版」として詳しく解説していきたいと思います。

ご注意ください

当ページは非常にボリュームがあります。そのため、目次などを上手く活用しご覧頂ければ幸いです。

記事の内容

◆アフィリエイトにおすすめなレンタルサーバーはこれ

アフィリエイトにおすすめなレンタルサーバーはこれ

まずは結論からいきましょう!

レンタルサーバーは私の知る限りでも50社近くあります。

その中から「レンタルサーバーの選び方」に準じアフィリエイトにおすすめなレンタルサーバーを2社厳選しましたので、詳しくご紹介したいと思います。

とりあえず上記2社を選んでおけば、間違いありません。

ちなみに私はどちらも利用しており、いずれにも不満は全くありません。

さらに言ってしまうと・・・

両社はアフィリエイターだけではなく人気のレンタルサーバーです。

いわゆる「鉄板のレンタルサーバー」となります。

この2社で迷われる方もいると思いますので、その場合には以下の記事を参考に「あなた」に合うレンタルサーバーを選んでみてください。

では以下でこの2社の簡単な特徴を解説していきます!

1.MixHost(ミックスホスト)

1.MixHost(ミックスホスト)

ミックスホスト公式サイト

まず圧倒的におすすめしたいレンタルサーバーがこの「ミックスホスト」です。

正直、初心者の方は「ミックスホスト」か「エックスサーバー」のどちらかのレンタルサーバー契約を強くおすすめします。

その中でも「ミックスホスト」はプランや性能の強化によって今どんどん人気が出てきているレンタルサーバーです。

しかも価格だけで言えば「エックスサーバー」よりも安いんです。

私がアフィリエイトを始めた当時は「ミックスホスト」を知りませんでした。

複数サイトを運営していることもあり、私はどちらも利用していますが、「これからアフィリエイトを始める」という方にとっては「ミックスホスト」をおすすめします。

6つのおすすめポイントがあります。

6つのおすすめポイント
  1. 稼働率99.99%以上(高い安定性)
  2. 動作・表示の高速化
  3. 初期費用が安価で収まる
  4. SSL化無料対応
  5. 24時間365日無料サポート
  6. 自動バックアップ機能

せっかくですから、簡単にまとめて説明していきましょう。

①とにかく高速かつ安定感抜群

「とにかく高速」が売りです。

どのくらい高速かというと、ページ速度を図るサイト(PageSpeed Insights)で計測をしてみると以下の様に改善した実績があります。

1.MixHost(ミックスホスト)

レンタルサーバーを変えただけで、この違いがでます。

その大きな理由が・・・

ミックスホストが国内で初めて「LiteSpeed」というサーバーソフトを利用したからなんです。

ここまで知っておく必要はないかもしれませんが、通常国内のサーバーは「Apache」というサーバーソフトを利用しています。

「LiteSpeed」は簡単に言うとその「上位互換に当たるサーバーソフト」なんです。

だから早いんです。

そして「稼働率も99.99%以上」で、ほぼ故障がないため安定性も非常に高いんです。

高速化と安定性を実現した次世代を担うレンタルサーバーの一角と言っても過言ではないと思います。

②初心者向けで初期費用が抑えられる

とにかく「初期費用を抑えてレンタルサーバーを契約しアフィリエイトを始めたい」という方にとっては非常にありがたいのが、「安価である」という点です。

ミックスホストには5つのプランが用意されています。

以下の表はプラン別に価格をまとめたものになります。

1.MixHost(ミックスホスト)

そしてプラン別にアフィリエイターが「レンタルサーバーの選び方」を基準にした場合の比較は以下の通りです。

1.MixHost(ミックスホスト)

基本的にこれからアフィリエイトを始められる方はまず「スタンダード」で問題はありません。

将来的には「プレミアム」へプラン変更される方もいると思います。

1.MixHost(ミックスホスト)

ミックスホストは月額費用もさることながら、「初期費用」が無料なのでその分安価にレンタルサーバー契約をすることができます。

またサイト運営において必須とも言える「SSL対応」についても無料となっているため、初期費用を抑えながら、かつ高速・安定性を求める初心者にとってはおすすめできるレンタルサーバーの一つです。

③サポート体制・バックアップ万全

24時間365日でサポート体制も万全ですが、ミックスホストには電話対応はありません

全てメールでの問い合わせとなっています。

サポート面においてはエックスサーバーに劣ると言わざるを得ないのも事実です。

ただ、バックアップにおいては「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能も全プラン標準で対応しているので、いざという時に役立つ点は万全と言えるでしょう。

さらにエックスサーバーではデータの復元に費用がかかるのにも関わらず、ミックスホストでは「データの復元すら無料」で出来てしまうので、安心して任せることのできるレンタルサーバーなので、今惚れ込んでいるんです。

2.エックスサーバー(XSERVER)

2.エックスサーバー(XSERVER)

エックスサーバー公式サイト

これからアフィリエイトを始められる初心者の方に、知っておいてもらわなければいけないのがこの「エックスサーバー」です。

どのサイトでも必ずと言っていいほど、エックスサーバーは名前が上がりますし、その上悪い評判というのはほぼありません。

実際に私自身、エックスサーバーの利用者ですが正直不満は全くありません。

特におすすめな点が以下の6つのポイントです。

6つのおすすめポイント
  1. 稼働率99.99%以上(高い安定性)
  2. 動作・表示の高速化
  3. 高機能・高性能で安価
  4. SSL化無料対応
  5. 24時間365日無料サポート
  6. 自動バックアップ機能

少しわかりやすく解説していきましょう。

①「ユーザー」を逃さない安定・高速

2.エックスサーバー(XSERVER)

稼働率もさることながら、動作や表示速度も他サーバーと比較して頭一つ抜き出ているといった印象です。

ほぼ故障がなく、なおかつページ遷移速度も速いためユーザーが「遅い」と感じないため「離脱される」というリスクを回避する事ができます。

「稼働率=安定性」「速度」というのは、アフィリエイトにおいて収益にそのまま直結する重要な点で、エックスサーバーを選べばその点を予めカバーできるという最大のメリットがあります。

②高機能・高性能でありコスパが良い

アフィ子アフィ子

高性能とか高機能ってレンタルサーバー代も高いんじゃないですか?

アフィ男アフィ男

確かに普通はその印象があるのは間違いないなぁ。出来れば安く抑えたいし。

秋田 健秋田 健

普通はそうなんですが、エックスサーバーはそうでもないからおすすめ出来るんです。

私自身がアフィリエイトを始めた頃は、そう思っていました。

以下にプラン別比較表を作りましたので、ご覧ください。

X10X20X30
月額費用1,100円2,200円4,400円
初期費用3,300円3,300円3,300円
容量100GB200GB300GB
MySQL30個50個50個
転送量70GB/日90GB/日100GB/日
※12ヶ月契約

これからアフィリエイトを始める方は「X10」プランで十分すぎるくらいです。

転送量も70GBまで用意されているので、1日のアクセスが1万以下であればまず困ることはありません。

実際私も「X10」プランを利用していますが、支障を感じたことはありません。

③無料SSL対応が整備されている

無料SSL対応もおすすめする理由の一つです。

通常SSL化するには幅はありますが、費用(1,000円~5,000円)がかかります。

それをエックスサーバーと契約する事で無料で対応できるというのは最大のメリットです。

「安全ではないサイト」は検索順位において上がりにくくなっているのも事実です。

「安全で有意義な情報をユーザーに提供する」というGoogleの信念があるので、「SSL化(http→https)は今や必須」となっているので、無料で取得できるというのは非常にありがたいサービスの一つです。

④サポート体制が万全で初心者に優しい

サーバーについて疑問や不安な点があったときにサポート体制があるというのは初心者にとって非常にありがたいですよね。

エックスサーバーはどのプランを選んだとしても「24時間365日無料でサポート」してくれます。

しかも電話での対応もしているので、いざとなっても電話で解決できます。

さらにサーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能も全プラン標準で対応しているので、万が一大切なサーバーデータが消失した時でも復元する事も出来るんです。

◆おすすめレンタルサーバー12社を徹底比較

おすすめレンタルサーバー12社を徹底比較
アフィ子アフィ子

ミックスホストとエックスサーバーがおすすめなのはわかりました!

アフィ男アフィ男

でも一応その他のレンタルサーバーも比較しておきたいな!

秋田 健秋田 健

どんなレンタルサーバーがあるのか知る良い機会でもありますから、紹介していきたいと思います!

おそらく当ページ以外にも様々な比較サイトをご覧になられた方もいらっしゃると思います。

皆さん・・・ちゃんと比較条件は確認しましたか?

当ページでは各サーバーを以下の条件で比較しております。

比較条件:アフィリ向けプラン/1年契約
おすすめ12社
  1. ミックスホストは低投資で高速
  2. 失敗したくないならエックスサーバー
  3. ドメイン無料ならお名前.com
  4. 知名度・格安ならロリポップ
  5. 老舗で低価格!さくらのレンタルサーバ
  6. 高速追求で低価格ならヘテムル
  7. WordPress特化のwpXレンタルサーバ
  8. EC-CUBEならカゴヤレンタルサーバー
  9. 大容量ならZenlogic
  10. 業界最安値ならJETBOY
  11. 法人利用ならCPIレンタルサーバー
  12. ビジネス向けならWADAX

ではそれぞれ順番に見ていきましょう。

1.ミックスホストは低投資で高速

1.ミックスホストは低投資で高速
おすすめプランスタンダード
初期費用無料
月額料金1,078円
無料お試し期間10日間
容量・転送量150GB・66GB/日
MySQL無制限
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★★
サーバースペック★★★★☆
初心者おすすめ度★★★★★
主な特徴
  • 稼働率99.99%で安定・高速稼働
  • 24/365メール対応
  • エックスサーバーと並び高い人気
  • SSL対応が無料
  • 初期投資が少なく初心者向け

なんと言ってもおすすめ出来る理由は、初期費用も無料でありながら1年契約したとしても月額1,078円で利用できる価格の安さです。

それに加えて稼働率99.99%と安定しており、さらに国内で初めて「LiteSpeed」というソフトを使用したことにより高速化を実現しています。

独自ドメインは別で取得し設定しなければならない点はありますが、エックスサーバーと双璧をなしているとも言えるレンタルサーバーの一つで、初期投資を抑えたいという方にはもってこいのレンタルサーバーです。

2.失敗したくないならエックスサーバー

2.失敗したくないならエックスサーバー
おすすめプランX10プラン
初期費用3,300円
月額料金1,100円
無料お試し期間10日間
容量・転送量150GB・70GB/日
MySQL50個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★☆
サーバースペック★★★★★
初心者おすすめ度★★★★★
主な特徴
  • 24/365メール・TEL対応
  • 稼働率99.99%で安定・高速稼働
  • 個人向けレンタルサーバーの最大手
  • SSL対応が無料
  • 価格以上のスペック

エックスサーバーの最も安いプランである「X10」プランは、とにかく十分すぎるスペックで私も愛用させてもらっています。

とにかくアフィリエイト初心者がレンタルサーバーに迷ったら選択しておいて間違いないレンタルサーバーの一つです。

また稼働率も99.99%と安定しており、何よりページ表示速度が高速で「あなた」のサイトに訪れたユーザーにストレスを与えることなく閲覧してもらえるので、アフィリエイトにおいて重要な要素を低価格で兼ね備えています。

独自ドメインの取得も同時にすることができ、契約をすればすぐにサイトを立ち上げることが出来ます。

とにかく迷ったら「エックスサーバーにしておけば間違いなし」と言えるくらいおすすめ出来るレンタルサーバーです。

3.ドメイン無料ならお名前.com

3.ドメイン無料ならお名前.com
おすすめプランSD-11
初期費用無料
月額料金1,078円
無料お試し期間2ヶ月分無料
容量・転送量200GB・無制限
MySQL50個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★☆☆
サーバースペック★★★★☆
初心者おすすめ度★★★★☆
主な特徴
  • 24/365メール・TEL対応
  • 独自ドメイン取得が1円(初年度)
  • 契約で一ヶ月分無料
  • SSL対応が無料
  • 初期投資が少なく初心者向け

「レンタルサーバー契約と同時に独自ドメインを1円(初年度のみ)で取得できる」というのが何よりもおすすめできるポイントです。

そして、契約した場合には初年度のみ1ヶ月分が無料となり実質11ヶ月分の支払いで済むんです。

アフィリエイトを始めた当初は実はお名前.comを利用していました。

安定性やページ表示速度においては、エックスサーバーやミックスホストに比べて遅いイメージがありますが、とりあえず「アフィリエイトに手を付けてみよう」という初心者の方にはおすすめできるレンタルサーバーです。

4.知名度・格安ならロリポップ

4.知名度・格安ならロリポップ
おすすめプランスタンダード
初期費用1,650円
月額料金550円
無料お試し期間10日間
容量・転送量120GB・100GB/日
MySQL30個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★☆☆
サーバースペック★★★★☆
初心者おすすめ度★★★★☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • 稼働率99.99%の安定性
  • SSL対応が無料
  • 知名度が抜群に高い
  • 月額料金が格安

ロリポップは、ネット企業で有名なGMOが運営する個人向けのサーバーで、運用歴も長く知名度も非常に高いレンタルサーバーです。

そして何よりも格安でレンタルサーバーを利用できるという点がおすすめポイントです。

正直ロリポップのスペックから見てこの価格は「安すぎるんじゃないか」というくらい破格の値段です。

またサポート体制が充実しておりメール・チャット・TELと初心者に優しいです。

独自ドメインは新たに取得する必要がありますが、ムームードメインとの関係性が強く、サーバー設定のマニュアル等が充実しているので初心者でも迷いなくドメイン設定する事ができます。

格安でアフィリエイトを始めたい方にはおすすめできるレンタルサーバーになります。

5.老舗で低価格!さくらのレンタルサーバ

5.老舗で低価格!さくらのレンタルサーバ
おすすめプランスタンダード
初期費用1,048円
月額料金524円
無料お試し期間14日間
容量・転送量100GB・80GB/日
MySQL20個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★☆☆
サーバースペック★★★☆☆
初心者おすすめ度★★★☆☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • 稼働率99.99%の安定性
  • SSL対応が無料
  • 1,999年からの老舗
  • 月額料金が格安

さくらのレンタルサーバはサーバー業界において老舗中の老舗になります。

また月額料金の格安さはロリポップとほぼ同価格ですが、さくらのレンタルサーバの方が元祖格安です。

ただロリポップとスペック比較すると容量や転送量などは多少見劣りする点もあります。

独自ドメインの取得もレンタルサーバー契約と同時できますが、正直ムームードメインエックスドメインで取得する方が安かったりします。

とは言え、SSL対応が無料だったり稼働率が安定しているので、格安でレンタルサーバーを検討されている初心者にはおすすめできるレンタルサーバーになります。

6.高速追求で低価格ならヘテムル

おすすめプランベーシック
初期費用2,200円
月額料金990円
無料お試し期間15日間
容量・転送量200GB・80GB/日
MySQL70個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★☆
サーバースペック★★★★☆
初心者おすすめ度★★★☆☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • 稼働率99.99%の安定性
  • SSL対応が無料
  • 高速で低価格

最近はレンタルサーバーが多く台頭してきたので、知名度は少し下がっていますが、それでも依然として「アフィリエイターやブロガーには人気のレンタルサーバーの一つ」です。

イメージとしては・・・

お名前.comロリポップ!の上位互換の様なレンタルサーバーです。

お名前.comよりも高速で、ロリポップよりも容量が多いのでアクセス数が伸びていくサイトにとってはおすすめできるレンタルサーバーです。

そうした点もあり・・・

ヘテムルはどちらかと言うと「アフィリエイト初心者から少し脱したくらいの方」や、PCに詳しかったりする「初心者~中級者の間くらいの方」におすすめできるレンタルサーバーです。

7.WordPress特化のwpXレンタルサーバ

7.WordPress特化のwpXレンタルサーバ
おすすめプランW1
初期費用無料
月額料金1,320円
無料お試し期間15日間
容量・転送量200GB・2.5TB/月
MySQL1個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★☆
サーバースペック★★★☆☆
初心者おすすめ度★★★★☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • 稼働率99.99%の安定性
  • SSL対応が無料
  • エックスサーバーのWordPress特化版
  • WordPress高速化対応済み

エックスサーバーが運営する「WordPress特化型のレンタルサーバー」になります。

当ページをご覧の方は基本的にアフィリエイトを始めたいという方がメインだと思います。

その場合、必ず必要になってくるのが「WordPress(ページの公開や作成など)」という機能です。

当ページで紹介しているレンタルサーバーは全てWordPressの自動簡易インストール機能があるので、どのレンタルサーバーであろうとWordPressは無料で利用可能です。

そして、このwpXレンタルサーバーはWordPressに特化しており、「高速化を図るためのチューニングが既にされている状態」になります。

そのため、初心者の方にとっては非常にありがたいですが、一方でWordPress機能しか利用できないので、 RubyPythonなどで独自にプログラムを動かすことを検討している方にはおすすめできません。

初期費用が高額になるので、まずは一般のエックスサーバーミックスホストから始めてみる!というのも一つの手ですし、もっと初期投資を抑えたいという方はロリポップ!さくらのレンタルサーバから始めてみる!というのをおすすめします

8.EC-CUBEならカゴヤのレンタルサーバー

8.EC-CUBEならカゴヤのレンタルサーバー
おすすめプランS12
初期費用無料
月額料金880円
無料お試し期間14日間
容量100GB
MySQL有料オプション
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★☆☆
サーバースペック★★★☆☆
初心者おすすめ度★★★☆☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • SSL対応が無料
  • 独自ドメイン1個無料
  • EC-CUBEインストール付き

かごやのレンタルサーバーはWordPressはもちろんのこと、ECサイト構築ツールNo.1の「EC-CUBEがワンクリックで簡単にインストールできる!」というメリットがあります。

EC市場に興味があり、そちらも検討しているという方にはおすすめするレンタルサーバーです。

また独自ドメインが無料で取得する事ができるので、この点もメリットになる点です。

ただ、私の様に「サイト構築(WordPress)でアフィリエイトを始めたい!」という方にはこれと言ったメリットは正直あまりなく、同じような特徴のあるお名前.comは1円かかりますが、実質無料みたいなもので、スペックも高いのが事実です。

考え方として

という考え方が良いと思います。

9.大容量ならZenlogic

9.大容量ならZenlogic
おすすめプランIC-1
初期費用無料
月額料金3,762円
無料お試し期間14日間
容量100GB
ページ表示速度★★★☆☆
サーバースペック★★★☆☆
初心者おすすめ度★★★☆☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • サーバー性能毎にプラン変更可能

現在はNTTドコモの完全子会社化となり、IDCFrontierのZenlogicとなっています。

特徴はアクセス数が急激に伸びても対応でき、プラン変更も柔軟に対応できる点です。

そしてZenlogicはプランが上に行けば行くほど、CPUとメモリ性能が上がるので、高速で表示することが約束されます。(他のレンタルサーバーでは基本的にプランによって表示速度等は変わりません)

ただ、転送量が無制限となっていますが、同時アクセス数が増えると制限をかけられてしまうという評判も聞いています。

サーバー性能(プラン内)の範囲であれば、どれだけアクセスがあっても良いかと思いきや、一定以上のアクセスを短時間に集めると下位プランでは制限がかかることがあるようです。

またシステム障害やメンテナンスが比較的多く(月1度くらいの頻度)、一部のサーバーでアクセスできなくなる事態もあるので、安定性という点についてはやや疑問が残ります。

とは言え、それ以外は低価格の割に高スペックなので、アクセス制限や安定性という面を過度に気にしなければおすすめできるレンタルサーバーではあります。

10.業界最安値ならJETBOY

10.業界最安値ならJETBOY
おすすめプランファーストSSD
初期費用1,650円(通常)
月額料金638円
無料お試し期間14日間
容量・転送量20GB・無制限
MySQL20個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★★
サーバースペック★★★☆☆
初心者おすすめ度★★★★☆
主な特徴
  • 24/365メール対応
  • SSL対応が無料
  • 初期費用50%OFFキャンペーン中
  • 業界最安値であり転送量無制限

最近業界に台頭してきた次世代型レンタルサーバーの一つです。

最大の特徴最下位プランであるミニSSDが月額290円から契約でき、なおかつ転送量が無制限という点です。

但し、基本的に転送量は無制限となっていますが・・・

「共有サーバーとなるため著しくアクセス数が増加しサーバーが逼迫される場合には制限をさせて頂く場合がある」とHP上にも謳っているので、注意が必要ではあります。

またミニSSDだと容量が少なく画像を多く利用したりすることも考えると圧倒的に足りなくなってしまいます。

一つ上のプランのファーストSSDにしても容量だけ見れば20GBまでなので他のレンタルサーバーに比べると値段の割には少ないと言った印象です。

とは言え、可動しているサーバーも「24コアCPUに、128GBメモリ」と競合サービスと同等レベルのものを備えており、転送量が無制限のほか、HTTP2にも対応するなど機能面は非常に優秀です。

ミニSSDでも月間3~4万PV程度は対応でき、またPVが増えてきた時にはプランを上げることもできる柔軟性を兼ね備えており、とにかくスタートを安く始めたいという方におすすめです。

「始めるからにはちゃんとアフィリエイトで稼ぎたいんだ!」という方の場合にはJETBOYでは物足りなさが後々出てくると思うので、最初からエックスサーバーミックスホストを選択しておく方が無難かもしれません。

11.法人利用ならCPIレンタルサーバー

11.法人利用ならCPIレンタルサーバー
おすすめプランSV-Basic
初期費用無料
月額料金4,180円
無料お試し期間10日間
容量・転送量無制限
MySQL無制限
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★★
サーバースペック★★★★★
初心者おすすめ度★★★☆☆
主な特徴
  • 24/365メール/TEL対応
  • SSL対応が無料
  • 容量・転送量無制限
  • 稼働率100%保証

CPIレンタルサーバーはKDDIが運営するレンタルサーバーです。

そのため、安定性も全国的な通信事業を行っているKDDIの強固なネットワークならではの強みを活かし、稼働率100%を保証しています。

また容量・転送量・MySQLいずれも無制限となっており、30世代までの自動バックアップ機能もあるため最高級スペックと言っても過言ではありません。

その他にもテスト用のサーバーが無料で提供されたり、ドメインごとに個別の管理画面が提供されていたりする上に、電話サポートも対応していたりと、至れり尽くせりのレンタルサーバーと言えます。

但し、一方で初心者目線で見ると完全にオーバースペックとなっており月額費用も他のレンタルサーバーに比べて割高になってしまいます。

そのため、事業主の方やこれから法人でアフィリエイトなどを検討している方にはぜひともおすすめしたいレンタルサーバーです。

12.ビジネス向けならWADAX

12.ビジネス向けならWADAX
おすすめプランTypeS
初期費用3,300円
月額料金1,980円
無料お試し期間10日間
容量・転送量50GB・無制限
MySQL10個
SSL対応無料対応
ページ表示速度★★★★☆
サーバースペック★★★☆☆
初心者おすすめ度★★★☆☆
主な特徴
  • 24/365メール・TEL対応
  • SSL対応が無料
  • ビジネス向けで低価格
  • 転送量無制限
  • セキュリティに強い(セコム提携)

WADAXレンタルサーバ-もどちらかと言うと、「法人やビジネス向けのレンタルサーバー」になります。

価格の割に容量は少ないかもしれませんが、転送量が無制限であり、アクセス制限もほとんどないため使い勝手が非常に良いです。

さらに最大の特徴はセキュリティ面です。

皆さんご存知のセコムと提携しており、「不正侵入検知予防サービス」(IPS)と「DoS/DDoS攻撃防御」「定期セキュリティ診断(脆弱性診断)」を導入するなど徹底しています。

また専用サーバーでは「マネージドプラン」と「セルフプラン」が用意されており、サーバー運用をWADAXに任せたい場合にはマネージドプランを選択、自分で運用できる場合には価格を抑えてセルフプランとユーザーの要望に合わせて選択する事ができるのもメリットの一つです。

会社に専門知識のある人がいない場合などにはマネージドプランは非常に助かると評判も高いです。

イメージとしては、上記で紹介したCPIレンタルサーバーの下位互換と言った所でしょうか。

初期費用はかかりますが、以降はかからなくなるのでTotalコストで見た際には安くなります。

ビジネス向けで本格的にスタートする方にとっては安く始められるのでおすすめですが、一方でやはり初心者でとりあえずアフィリエイトを始めたいという方にはあまりおすすめは出来ません。

「あなた」がどうアフィリエイトを捉えるによって変わってくる点だと思いますので吟味してみてください!

私見で言わせて頂くと、やはり最初はエックスサーバーミックスホストから始めてみる!というのが王道でおすすめできます。

◆おすすめレンタルサーバー比較一覧表

おすすめレンタルサーバー比較一覧表

上記でご紹介した「全12社のおすすめレンタルサーバー比較一覧表」を以下にまとめておきますので、参考にしてみてください。

比較条件:年間料金は1年契約

<12社比較一覧表>

*JETBOYはキャンペーン中であれば初期費用が上記価格の半額になります。

◆アフィリエイト初心者でも使いやすいサーバー

アフィリエイト初心者でも使いやすいサーバー

これからアフィリエイトを始める上で初心者でも使いやすく、なおかつ価格もある程度抑えられた鉄板のレンタルサーバーを改めて用途別でご紹介し「使いやすさ」を前提に比較しておきます。

比較条件:以下5社における比較/1年契約(初期費用込)
アフィリエイト初心者でも使いやすいサーバー

*1:未公開。以前利用していた体感から言うと、転送量も含めて速度も少し遅くメンテナンスが多いのでアクセス数が伸びてくると少し不満に思う可能性があります。

*2:ここで言うドメインは、独自ドメインの提携有無です。

レンタルサーバーだけではアフィリエイトサイトは立ち上がりません。

独自ドメインの取得が必要になりますが、レンタルサーバー契約のついでに「独自ドメインもそのまま取得できるかどうか」という視点で記載しております。

*3:お名前.comはレンタルサーバーと独自ドメインを同時契約で、独自ドメインが初年度なんと「1円」となります。

*4:基本的に転送量は無制限となっていますが、共有サーバーとなるため著しくアクセス数が増加しサーバーが逼迫される場合には制限される場合があります。

独自ドメインについて詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

◆レンタルサーバーとは?役割と仕組み

レンタルサーバーとは?役割と仕組み

ここまでレンタルサーバーについておすすめや比較をしてきましたが、そもそも知識が足りず選ぶに至らない方々もいると思います。

当ページでは「サーバーを選ぶ際に知っておきたいポイント」をまとめておきますので、参考にして下さい。

これからアフィリエイトを始めようと考えている方が、実際に行動し最初に決めなければならないのが、このレンタルサーバーです。

私もアフィリエイトを始める時には一体何から手を付けていけば良いのか、全くわからない上に、レンタルサーバーってどこを選べば良いのか皆目見当もつきませんでした。

アフィ子アフィ子

そもそもレンタルサーバーってなに?

アフィ男アフィ男

レンタルサーバーってどのくらいあるんだ?

秋田 健秋田 健

みなさんも彼らの様に疑問を少なからずお持ちではないでしょうか。この機会に当ページで少しずつ理解していきましょう!

①サーバーの役割

そもそもサーバーとは、クライアントと呼ばれるPCやスマホなどからのリクエスト(要求)に基づいて、自分の持っている情報を提供(レスポンス)するコンピューターのことを指しています。

たとえば、「あなた」があるホームページを見たいと考えた場合、クライアント(PCやスマホ)を通じてサーバーに対してホームページのデータを提供するようにリクエストを行います。

するとサーバーはそのリクエストに基づき、クライアント(PCやスマホ)に対して該当するデータを提供します。

こうして「あなた」はホームページを閲覧することができるんです。

イメージは以下の通りです。

レンタルサーバーとは?役割と仕組み

当然、自分でサーバーの運営や管理をする事もできます。

しかし、かなり専門的な知識が必要となり、サーバ―を稼働させる電気代などのコストもかかってしまいます。

そこで出番になるのが「レンタルサーバー」というわけです。

レンタルサーバー(既に出来上がっている物)を利用する事で、運営・管理は専門業者がやってくれるため、安定して稼働でき、コストも抑えられるんです。

②レンタルサーバーの仕組み

レンタルサーバーとは、文字通りサーバーをレンタル(貸し出す・借りる)するサービスの事です。

上述で、サーバーを自分で構築したり運営したりするのには、専門的な知識やコストが掛かることはお分かり頂けたかと思います。

またサーバーは落とす(シャットダウン)ことができないので、年中起動させておかなければならず、場所や電気代がかかります

その点レンタルサーバーは業者側が全て整備してくれているので、その心配もなくコスト面もだいぶ安価に抑えることができます。

ではレンタルサーバーはどんな仕組みになっているのかというと、以下の図をご覧ください。

レンタルサーバーを利用してサイトを公開する場合、サイトの作成者はデータをまとめてレンタルサーバー業者の運営するサーバーに対して転送します。(これを手軽にしているのがWordPressと呼ばれる機能です)

一方、そのサイトを見たい複数の一般ユーザー(お客様)は、レンタルサーバー業者の運用するサーバーにアクセスして「あなた」のサイトを閲覧する事ができる!という仕組みになっています。

アフィ男アフィ男

ということは僕たちは知らぬ間に一度サーバーを経由して見たいサイトにアクセスしているってこと?

秋田 健秋田 健

その通りです!当然レンタルサーバー会社は我々利用者から収益を得ているので、一般ユーザーには費用は発生しません。

そのため、これからアフィリエイトを始める方は仕組みまで完璧に理解しなくても問題はありませんが、最低限レンタルサーバーとは、「レンタルサーバー=サイト運営の拠点」と理解しておけばOKです!

◆レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーと言っても大きく分けると4つの種類に分類する事ができます。

レンタルサーバーの種類
  1. 共有サーバー
  2. 専用サーバー
  3. VPS(仮想専用サーバー)
  4. クラウドサーバー

それぞれ簡単に説明します。

①共有サーバー

1台のサーバーを「複数のユーザーで共有して使うサービス」のことです。

基本的にレンタルサーバーで契約する場合は共有サーバーであることがほとんどです。

サーバーの設定や運用は全てレンタルサーバー業者が行ってくれます。

また複数のユーザーでサーバーの料金を負担しているため一人当たりの値段が比較的安価です。

一方で、「あなた」の希望でサーバーの設定等を変更できないため自由度は高くありません。

Point!

「価格は安いが、自由度は低い」と覚えておけばOKです。初心者向き

②専用サーバー

特定のユーザーが「1台のサーバーを専有して利用できるサービス」です。

「あなた」が希望する設定にカスタムすることができるため、自由度は高いです。

また専用であるために共有サーバーと比べてスペック(性能)が高く、誰か一人がアクセス過多に陥ったとしてもその影響を受けることはありません。

一方で、サーバーの設定や運用は「あなた」自身で行う必要があり、専門的な知識もさることながら、当然専用となるので、コストが高くなります。

Point!

自由度は高いが、コストも高い。自分でサーバー運営を考えていた方にとっては、コンピューターを購入したり、スペースを用意する必要もなく電気代もかからないのでメリットがある。初心者には向かない

③VPS(仮想専用サーバー)

①共用サーバーと②専用サーバーが合わさったようなサービスです。

1台のサーバーを複数人で共有する点は共用サーバーと同じですが、1台のサーバーの中でユーザーごとに領域を区切る(仮想化)ため、設定や運用などをカスタムする事ができ、専用サーバーの側面も併せ持ちます。

但し、サーバーの設定などは全て「あなた」自身で行う必要があります。

Point!

VPSは共有サーバーより自由度が高く、専用サーバーよりも安価。但し、専門的な知識も必要になるため、初心者には向かない

④クラウドサーバー

上記①~③に比べて新しく出てきたサーバーの考え方です。

一般的にクラウド上にある仮想サーバーのことを指し、オンライン環境とアカウントがあれば、誰でもどこにいてもサーバーにアクセスする事ができます。

クラウド上に置いたデータはインターネット経由でアクセスすることが出来るため、柔軟に利用するスペック(性能)や機能を追加したり減らしたりすることができます。

Point!

お互い離れた場所にいても、共通の話題や情報をシェアすることができ、VPSよりも高機能ではあるが、高価。一人ではなく複数人でサイト運営するのに向いている。

◆レンタルサーバー選びで最低限知っておくべき用語や知識

レンタルサーバー選びで最低限知っておくべき用語や知識
アフィ子アフィ子

そもそも用語がよくわからないんです。

アフィ男アフィ男

どこに注目しておけばいいんだろう?

秋田 健秋田 健

レンタルサーバー選びだけではなくて、アフィリエイトをしていく上でも必要になってくる最低限知っておくべき用語や知識を確認しておきましょう!

最低限しっておくべき用語や知識
  1. 容量
  2. 転送量
  3. CPUとメモリ
  4. サーバー安定性と稼働率
  5. データベース/MySQL
  6. SSL対応

順に図解も交えながら解説していきます。

①容量

「サーバーに置いておける容量」のことです。

サイトやページ(記事)を作成するのは非常に軽いデータ量です。

最も容量を食うとされているのが、「画像」や「動画」などの素材です。

当然、画質やサイズによって変わってきますが、一般的なサイトで十分とされている容量は5~10GBです。

Point!

ちなみにサーバーの使用容量によって、WEBページの表示速度が遅くなるといったことはありませんが、WEBページを表示するために読み込むデータ量が多い場合は、それが原因となり、WEBページの表示速度が遅くなる可能性はあります。

②転送量

転送量とは身近なもので言うと、スマホの通信量に似たもので「レンタルサーバーと、サイトを閲覧しているユーザーとの間にやりとりされるデータの総量」のことです。

秋田 健秋田 健

皆さんも動画の見過ぎで通信制限がかかってしまった!という経験はありませんか?

アフィ男アフィ男

しかも一度制限がかかると検索すら時間がかかるな

アフィ子アフィ子

制限がかかると通信速度が一気に下がっちゃって使い物にならない時があります。

レンタルサーバーでも同様にアクセスが大量に来ると転送量の上限に達して、通信速度を大幅に下げられたり、エラーページが表示されてしまったりするんです。

転送量の考え方について簡単に例をとって解説しましょう。

まず前提として以下の単位は理解しておきましょう。

  • 1GB=1,000MB
  • 1MB=1,000KB
1ページ読み込む転送量
  • 1ページ(記事)当たり:10KB
  • 画像1枚当たり:200KB
  • 画像10枚使用:2MB(200KB×10枚)

という条件にすると、1ページ読み込むために「10KB+2MB」が転送量として計算されます。

1日当たり70GB上限の転送量の場合エックスサーバー「X10(70GB)」プランを例にとってみましょう。

計算は至った簡単です。

上記の例で行けば1ページ当たり約2MBの転送量なので、単純に1日にユーザーがアクセスできる数は「70GB(7万MB)÷2MB=約3.5万回」となります。

1日のアクセス数が3万~3.5万人あるサイトは70GBでは足りない。と言えるかもしれませんが、アフィリエイトでそこまでアクセス数を上げるには至難の業です。

Point!

転送量はレンタルサーバーによって異なるので、吟味する必要はありますが、アフィリエイトをこれから始める方にとっては、各レンタルサーバーの一番安いプランで正直事足りるレベルの転送量が用意されているので、ご安心ください。

③CPUとメモリ

CPUはサーバーの頭脳にあたり、処理能力を決定づける部分です。

IntelのXeonやPentium M、Core 2 Quad、Xeon Quadなどが主に使われています。

基本的には「コア2」「コア4」とコア数が大きいほど、処理能力が速くなります。

メモリはCPUが処理を実行するための作業スペースのことです。

同時に開いて作業のできるソフトの最大値を示します。当然メモリが大きい方がスペックは高くなる傾向にあります。

④表示速度

サイトにアクセスしてから、「サイトが表示されるまでにかかる時間」です。

「ページがなかなか開かない、次のページに進まない」となってしまうと見に来てくれたユーザーにとってストレスとなり、最終的に「離脱」してしまいます。

アフィ子アフィ子

なかなかページが開かないよ~(遅いな~)

アフィ男アフィ男

仕方ない、違うページを探すとするか!

今の時代、ページ展開の速度というのは非常に大切です。

遅いサイトはまず見られません。

見られたとしてもすぐに「離脱」に繋がってしまい、結果アフィリエイターにとっての収益をみすみす逃すことになってしまうんです。

また表示速度はSEO的にも早い方が有利に働きます。

これに関しては以下の記事で解説しています。

④サーバー安定性と稼働率

サーバー安定性と稼働率は関連性が強いです。

稼働率というのは、簡単に言うと一定期間内において故障が発生しない確率の事です。

「故障しない=安定性が高い」と言えます。

例えば、稼働率99.99%を誇るエックスサーバーで説明しましょう。

稼働率99.99%(ずーっと稼働している)なので、故障がほぼなくサイト運営において最高級の安定性と我々に最大の安心感を提供してくれます。

サーバーが故障や何らかのトラブルにより正常に稼働しないと、せっかく見に来てくれたユーザーがアクセス出来なくなります。

するとアフィリエイターにとってはそれが収益に直結してしまい不利益を被る形になってしまうんです。

安定性の高いサーバーを選ぶということは、それだけ「あなた」にとっても「一般ユーザー(お客様)」にとっても安心感を与えるものになるんです。

⑥データベース・MySQL

データベースとは簡単に言ってしまうと、データを永続化させるシステムのことです。

例えばFacebookやTwitterなどのSNSがわかりやすいかもしれません。

投稿やツイートした時に、その文章が後から何度でも振り返ることができますよね。

それは投稿、ツイートした内容を自動的にデータベースに保存することで、その内容が消失せずに後から任意のタイミングで取り出すことができるからなんです。

そしてデータベースにおいて世界で最も使われているのが「MySQL」というソフトウェアです。

アフィリエイトを始める上で必ずと言って良いほど活用するのがWordPress(サイト作成やページ(記事)を投稿する)という機能です。

このWordPressのデータベースとしてMySQLの使用が基本となっているので、WordPressを利用する時にはMySQLに対応しているレンタルサーバーを選ぶことが必要になってきます。

⑦SSL対応

今やSSL対応と言うのは当たり前になってきています。

アフィ子アフィ子

そもそもSSLってなんですか?

アフィ男アフィ男

よく聞くけど必要なものなのかな

秋田 健秋田 健

結論から言ってしまえばSSL対応は今や必須となってきています。その理由も詳しく説明していきます。

アフィリエイトサイトに限らずサイト運営において、このSSLは非常に重要になってきています。

SSLとは?

Secure Sockets Layer」の略で、インターネット上におけるウェブブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのこと。

SSL化することにより、個人情報や、ショッピングの決済に必要なクレジットカード情報、ログインに必要なID・パスワードといった情報を、悪意ある第三者による盗聴を防いだり、送信される重要な情報の改ざんを防ぐ役割を持っています。

これだけ書いてもわかりませんよね。イメージはこんな感じです。

SSL化されているサイトは「http」ではなく「https」と鍵マークが付き、サイトを訪れた人に「このサイトは安全ですよ!」と促すことが出来るんです。

Googleは一般ユーザーに対して、如何に「安心して、なおかつどれだけ有意義な情報を与えられるか」ということを重視しています。

つまりSSL対応というのは・・・

その安全・安心面を実現するために必要で、Googleに対してもユーザーに対しても「自分のサイトはSSL対応しているので安全ですよ!」と促すことに繋がるんです。

この点については今後も大切な知識です。

詳しくは以下の記事をご覧になってみてください。

◆レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの選び方
アフィ子アフィ子

実際どうやってレンタルサーバーは選べば良いんですか?

アフィ男アフィ男

何か選ぶ際の基準とかがあれば良いんだけど。

秋田 健秋田 健

ちゃんと選ぶ基準はありますよ!選び方を把握した上で、実際に自分の目で確認してレンタルサーバーを選ぶようにしていきましょう!

実際いきなり・・・

「レンタルサーバーはこれがおすすめです!!」

と言っても説得力はありませんよね。私自身がそうです。選ぶからには失敗したくない。そう思うのは当然の事です。

だからまずは「あなたがどのレンタルサーバーを選べば良いのか」という「選び方」の基準を以下にまとめておきます。

レンタルサーバーの選び方
  • 適切な料金プラン
  • 転送量
  • 安定性(稼働率)
  • MySQL対応
  • SSL無料対応
  • サポート体制

これからアフィリエイトを始められる方は主に上記6点に着目してレンタルサーバーを選ぶように心がけてみてください。

気づいた方もいるかもしれませんが・・・

上記でお伝えした選ぶポイントは既に当ページで「最低限知っておくべき用語や知識」として解説しています。

用語や知識を持っていれば「あなたに合うレンタルサーバー」を選ぶことは可能ですから、ぜひこの機会に学んで頂ければと思います。

◆レンタルサーバーが決められない初心者へ

レンタルサーバーが決められない初心者へ
アフィ子アフィ子

ん~まだなかなかきめられないなぁ

アフィ男アフィ男

確かにどれを選んでも良さそうだしな

秋田 健秋田 健

じゃあ、少し視点を変えてこんな感じで決めてみたらいいんじゃないかな!

☆おすすめ☆安定・高速・低価格
公式ページ⇒MixHost
ミックスホストの始め方とワードプレスのインストール手順
ミックスホストの評価・特徴まとめ!高速&高性能&格安は本当?
安定・高速・鉄板を選ぶなら
公式ページ⇒エックスサーバー
エックスサーバーの契約方法からワードプレスの始め方手順
エックスサーバーの評判・特徴まとめ!人気な理由を徹底解明
価格・大容量・ドメイン格安
公式ページ⇒お名前.com
お名前.comのサーバーでWordPressを始めるまでの全手順
お名前.comは評判悪い?利用者がデメリット・注意点・特徴を紹介
価格重視で高速環境
公式ページ⇒ロリポップ!
ロリポップサーバーの申し込み方法とワードプレスのインストール手順
ロリポップの評判・口コミ・特徴をSEO専門家が解説!
最安値・とりあえず始めるなら
公式ページ⇒JETBOY
JETBOYの契約方法からWordPressのインストール手順
JETBOYサーバーの評判・口コミ・特徴まとめ!デメリットは?

レンタルサーバーが気に入らなければ後から変えることも出来ます。

しかしレンタルサーバー移管(他社へ乗り換え)は素人だとなかなか難しく、誤ってしまうと今までのデータが消えたり、また知識がそもそもある人であれば問題ないかもしれませんが、全くの初心者だとかなりハードルが高くなります。

もちろん、レンタルサーバー移管を業者に頼んだり、またレンタルサーバーによっては費用は掛かりますが、引き受けてくれる所もあります。

ですが、「結局移管費用がかかる」のであまりお勧めしません。

なので、初心者にとっては価格ももちろん重要視すべき点ではありますが、それよりも基本的には「レンタルサーバー移管はしないように選ぶ」ことを前提に決めてみてください。

では当ページでの解説は以上となります。

非常にボリュームのある内容となってしまいましたが、少しでも参考になっていれば幸いです。

レンタルサーバーを選ぶ際には「移管しない」ことを前提に、そして「将来的なこと(複数サイト運営)」も見据えながら選んで頂きたいと思います。