こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

アフィリエイトで収益額を伸ばしていく為には「記事のリライト」が絶対に欠かせません。

 

しかしアフィリエイターの中で「正しいリライトテクニックを持っている方は非常に少ない」と思っています。

そこで、この記事では「アフィリエイトで稼ぐために必要な記事のリライト」について知っておくべきことを全て解説させて頂きます。

 

SEOコンサルタントとして様々なサイトや記事のリライト提案をして検索順位を上げてきたノウハウと、実際にテクニックを駆使して半年間で月収100万円に到達したアフィリエイターとしての実績を踏まえて解説いたしますので、リアルな情報をお届け出来ればと思います。

 

アフィ子アフィ子

リライトしたけど効果がない・・・

アフィ男アフィ男

正しいリライトってどうやるの?

秋田 健秋田 健

彼らのような悩みを抱えている方は是非参考にして下さい。

 

※あきけん(@akitaken0530

 

◆リライトとは?

リライトとは?

 

そもそもリライトとは?という話からさせて頂きます。

アフィリエイトにおけるリライトは大きく分けて2つの意味で捉えている方が多そうなので認識を合わせておきましょう。

 

リライトの定義①過去記事を修正する意味のリライト
②他サイトの内容を自分の言葉で書き換えるリライト

 

この記事で解説するのは①過去記事の修正をする意味のリライト」です。

「②他サイトの内容を自分の言葉で書き換えるリライト」は大きく言ってしまえばパクリなので、やっても順位が上がりませんし、全く意味のないことなので特に解説することもありません。

「記事はオリジナルで作りましょう」というだけですね。

 

もちろん他サイトを参考情報として使うことには意味があります。

あくまで他の人が書いていることを言葉だけ変えて書いたりするようなことは意味がない(むしろマイナス評価される)ということです。

 

リライトの定義を理解して貰ったところで早速、失敗しないリライトの方法を紹介していきましょう!

 

◆リライトで失敗しないキーワード選定

リライトで失敗しないキーワード選定

 

まずリライトで一番最初にやることは「キーワードの再調査」です。

2つの観点から再調査を行いましょう。

 

再調査の観点①狙ったキーワードでTOP10に入っているか
②別のキーワードでTOP10に入っているか

 

基本的に流入数を増やすにはGoogleなどの検索エンジンで最低限TOP10に入る必要があります。

これはなぜか?というと、下図をご覧ください。

 

Googleクリック率データ

 

少し古いデータにはなりますが、現在もそう大きく変わってはいません。

 

ご覧頂ければわかる通り、仮に「あなた」の記事がTOP10に入ったとしても、クリック率はわずか1.5%程度です。

さらに言ってしまうと、10位以下の記事というのは1%を下回る、つまり「ほぼクリックされることはない」ということです。

 

逆に言うと10位よりも順位を上げること、正確には5位以上に入ることさえ出来れば、クリック率は劇的に変わっていきます。

 

そうです。

 

そのクリック率を高める上で重要な要素が「キーワード選定」ということになります。

 

その為、実際に書いた記事が「どんなキーワード」「何位」なのかを知ることからリライトは始まります。

 

アフィ子アフィ子

実際に検索してみて1キーワードづつ調べるの?凄く大変そうだけど・・・

アフィ男アフィ男

何か簡単に調べる方法ってあるのかな?

秋田 健秋田 健

ちゃんとありますので、その調査方法を解説していきましょう!

 

使うのはサーチコンソールです。

方法は非常に簡単なのでサーチコンソールをあまり使ったことがない初心者の方でも安心して下さい。

 

サーチコンソールとは?Googleサーチコンソールのことで、Googleが無料で提供してくれている分析ツールです。Googleアカウントさえあれば簡単に登録できるので、サイト開設したら必ずサーチコンソールの導入はしておきましょう。

 

私が以前テストで作ったサイトで調査手順を説明させて頂きましょう。

step①:サーチコンソールの「検索パフォーマンス」を開く

まずはGoogleサーチコンソールにログインしてください。

次に「新しいサーチコンソールを使用する」をクリックしてください。

 

サーチコンソール画面①

 

すると以下のような画面になりますからサイドバーにある「検索パフォーマンス」をクリックしてください。

 

サーチコンソール画面②

 

「検索パフォーマンス」という機能は非常に便利なので今後の為にも知っておいてください。

この機能は「あなた」のサイト全体や記事1つ1つにおいて以下のようなことを見ることが出来ます。

 

①どんな検索キーワードで流入してきているのか

②キーワードごとの表示回数、クリック数、クリック率、平均順位

 

これらの情報はアフィリエイトで収益額を上げていく為に役立つ情報になります。

 

「検索パフォーマンス」をクリックした時点で表示されているのはサイト全体でのクリック数や平均順位です。

リライトする為にはサイト全体ではなく、1記事1記事のデータを見ていかなければいけませんからサイト全体のデータから調査したい記事のデータに絞っていきましょう。

 

まず「+ 新規」という部分をクリックして下さい。

 

サーチコンソール画面③

 

すると以下のような画面が出てきますので、「URL」という欄にリライトしたい記事のURLを入力します。

手打ちするのは面倒なのでコピペしちゃいましょう。

 

サーチコンソール画面④

step②:流入しているキーワードを把握する

step①を行って頂くと画面が切り替わり、「リライトしたい記事のデータのみ」出てきていると思います。

その証拠にリライトしたい記事のURLを入力する前とはクリック数や平均順位が変わっていると思います。

 

その画面で少し下にスクロールすると、以下の画像のようにキーワードがたくさん並んでいます。

 

サーチコンソール画面⑤

※参考までに私がテスト記事で作成した記事のタイトルは「マンション売却で壁の穴や傷は修繕すべき?」なので、上記のようなキーワードがたくさん並んでいます。

 

ここに並んでいるキーワードが、「あなた」のリライトしたい記事で「実際に表示されたりクリックされているキーワード達」です。

 

表示回数とは?CTRとは?「①表示回数」:検索結果に出てきたらクリックされていなくても1カウントです。例えば検索数が月間500回のキーワードで3位に表示されていれば必ず1ページ目に表示されるので表示回数は500回となります。

「②CTR」:クリック率のことです。100回表示されて1回クリックされたらCTRは1%です。

一番知りたいキーワードごとの順位がデフォルトでは表示されておらず、クリック数と表示回数しか表示されていないので、順位を見に行きましょう。

 

上にスクロールし以下の画面で「平均掲載順位」をクリックしましょう。

 

サーチコンソール画面⑥

 

すると今までは「白」だった平均掲載順位が「青」に変わります。

 

サーチコンソール画面⑦

 

この画面で下にスクロールすると以下の画面のように先程はなかった「掲載順位」という列が出てきて、「キーワードごとの順位」が見れるようになります。

 

サーチコンソール画面⑧

 

この画面で「掲載順位」をクリックすると順位を高い順で並び替えたり、低い順で並び替えたりすることが出来ます。

 

サーチコンソール画面⑨

step③:狙ったキーワードで何位に表示されているのか確認する

上記の方法でキーワード別の順位を見る方法を理解して頂けたと思います。

では早速狙ったキーワードで何位に表示されているのか確認してみましょう。

 

最新の順位を見なければ正しくデータを把握できない為、まずは「直近1ヶ月のデータ」に絞りましょう。

 

サーチコンソールはデフォルトで直近3か月のデータが表示されるようになっているので、「日付:過去3か月間」という部分をクリックしましょう。

 

検索アナリティクス

 

すると以下のような画面が出てくるので、「過去28日間」をチェックして右下の「適用」をクリックしましょう。

 

検索アナリティクス②

 

これでデータが直近28日間のものにかわりました。先程と数値が変わっているはずです。

この状態で狙ったキーワードを探していきましょう。

 

デフォルトでは10キーワードしか表示されていないので10個以上のキーワードを表示するには、下の画像のように「1ページあたりの行数」をクリックすれば最大500キーワードまで表示できます。

 

検索アナリティクス③

 

私がテストで作った記事であればタイトルは「マンション売却で壁の穴や傷は修繕すべき?」であり、狙った通りのキーワードで上位表示出来ていることが分かります。

 

実際に「マンション売却 壁 穴⇒3.2位」ということが上図からも見て取れますね!

step④:リライトの方針を決定する

狙ったキーワードで何位なのかが分かればリライトの方針を決定することが出来ます。

方針は2パターンに分かれます。

 

リライトの方針①狙ったキーワードでさらに順位を上げる
②別のキーワードを狙う

 

「狙ったキーワードでTOP10前後に入っている」ようであれば、基本的にはさらに順位を上げる方針となります。

逆にTOP10前後でない」ならば別のキーワードを狙った方が良いでしょう。

 

狙ったキーワードで順位を上げる場合は次の項目<失敗しないリライトテクニック>に進んで下さい。

別のキーワードを狙う場合は「狙うべきキーワードの選定」を行いましょう。

 

キーワードの選定は非常にシンプルで、TOP10位に入っているキーワードの中から一番表示回数が多いキーワード」を狙ってください。

TOP10に入っているキーワードがなければTOP20、TOP30と下げていけばOKです。

 

「表示回数≒検索数」ですから、この方法で上位表示余地があり検索数が多いキーワードを選ぶことが出来ます。

 

新しく狙うキーワードを決定したら次のリライトテクニックに進んで下さい。

 

◆失敗しないリライトテクニック

失敗しないリライトテクニック

 

アフィ子アフィ子

キーワード選びが出来たけど、どうやったらさらに順位が上がるの?

アフィ男アフィ男

SEO知識がほぼ皆無だから具体的な作業が分からないね。

秋田 健秋田 健

大丈夫です!初心者の方でも順位を上げられるテクニックを解説していきます!

 

まずは「狙ったキーワードでさらに順位を上げるリライトテクニック」から紹介しましょう!

次に「別のキーワードを狙う場合のリライト」も説明しますが、今後の為にどちらのパターンも読んでおくことをおすすめします。

 

SEO知識を増やしたり新しいテクニックを取り入れてもらえるはずです。

①狙ったキーワードでさらに順位を上げるテクニック

ではまずは「狙ったキーワードでさらに順位を上げるテクニック」について解説します。

 

  • タイトル編
  • コンテンツ編
  • 内部リンク編

 

3つに分けて解説しますので、順番に見ていきましょう!!

・タイトル編

まずは一番簡単に変えられて「効果が出やすい記事タイトルのリライト」です。

注意すべきは2点だけです。

 

・狙ったキーワードが文頭になっているか

・可能な限りシンプルか

SEO的に強いタイトルは上記に当てはまるようなタイトルです。

 

Googleは検索キーワードがタイトルの文頭になっていると評価を高める為、必ず狙ったキーワードを文頭」にしましょう。

 

よくあるパターンの具体例を挙げると・・・

<「アフィリエイト リライト」を狙っていた場合>

【初心者必見!】アフィリエイトのリライトテクニック!

アフィリエイトのリライトテクニック【初心者必見!】

というように変更します。

 

次にGoogleは長いタイトルを嫌います。

理由はシンプルで「検索結果にタイトルが収まり切らなかったり、どんな記事なのか分かりにくいから」です。

その為、なるべくシンプルなタイトルにする必要があります。

 

また「文字数は32文字以内」でないと検索結果上で全文表示されなくなるので、32文字以内に収めるように設定しましょう。

 

こちらもよくあるパターンの具体例を挙げると・・・

<「アフィリエイト リライト」を狙っていた場合>

アフィリエイト記事のリライトはやり方さえ分かれば初心者でも簡単に効果が出せる話

アフィリエイト記事のリライトで初心者でも失敗しないテクニック

この2点が既に整っていればタイトルのリライトは特にする必要がありません。

 

更に詳しくタイトル設定について知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

・コンテンツ編

最重要項目がコンテンツです。

コンテンツとは「記事の文章内容のことや画像のこと」を指します。

コンテンツを追加する為には競合調査と検索結果調査が必要になります。

 

アフィ子アフィ子

う~。なんか難しそうなのが出てきた・・・

アフィ男アフィ男

具体的には何をするの?

秋田 健秋田 健

実は非常に簡単で、実際に検索してみて他サイトを読むだけです!

 

簡単に言えば、「あなた」が狙っている検索ワードにおいて「Googleがどんなサイトを上位に上げているのか」が分かれば良いわけです。

 

その為には実際に狙っているキーワードで検索してみましょう!

検索したら、TOP5にランクインしているサイトを読んで下さい。

 

これで競合調査と検索結果調査は完了です!

 

アフィ男アフィ男

これだけでいいのか!これなら出来そうだ!

秋田 健秋田 健

初心者の方でもこの方法なら出来ない人はいないでしょう!

アフィ子アフィ子

でもリライトにどうやって活かすの?

秋田 健秋田 健

これも簡単です!他サイトが書いていて「あなたの記事では書いていないことを追加」すればいいだけです!

 

「あなた」はTOP5のサイトを読むことでGoogleが評価しているサイトの内容が頭に入っていると思いますので、それらのサイトと「あなた」の記事の差を埋める為に、まだ書いていなかった内容について書けば良いのです。

 

もちろんパクってはいけませんから、自分の言葉で自分の意見を書きましょう。

 

例えば「アフィリエイト リライト」で上位表示されているTOP5サイトでは「記事をリライトするタイミング」について書いているのに、私がこの記事で書いていなければ、それが「差」となります。

 

ですから「記事をリライトするタイミング」という見出し(h2)を追加して内容はオリジナルで私の意見を書く。

こんな流れです。

 

イメージは「差」となっている見出しを抽出してくる感じです。

 

もちろんTOP5全てのサイトの内容には多少のバラつきはあります。

<例えば>

1位のサイト⇒リライトのタイミングについて書いている

2位のサイト⇒リライトの効果について書いている

3位のサイト⇒リライトの頻度について書いている

4位のサイト⇒リライトのタイミングについて書いている

5位のサイト⇒リライトの頻度について書いている

このように被っている内容はあるけど、「明確な傾向がないことがほとんど」です。

 

SEOの知見がある方であれば、ここからニーズを炙り出してコンテンツ追加するようなことも出来ると思いますが、今回は初心者向けなので、そんな面倒なことは言いません。

 

これも簡単です。

全部貰ってくれば良いだけです。

 

つまり、「リライトのタイミング」「リライトの効果」「リライトの頻度」も全部が「差」ですから「全部見出しとして追加」してあなたの意見を書けば良いのです。

これによりあなたの記事は自然と「リライトについて網羅的に書いている記事」になります。

 

Googleは「情報の網羅性」をかなり重要視します。

「アフィリエイト リライト」と検索したユーザーがどんな情報を求めているか人によるのでGoogleも分からないですよね?

 

リライトのタイミングかもしれないし、効果や頻度かもしれません。

それは誰にも分かりません。

 

だから「全部書いてあるサイトの順位を上げて、出来る限りどんなニーズにでも応えられるようにする」のです。

 

さらに言ってしまうと、Googleのモットーはただ一つ。

「有益なコンテンツをユーザーに提供すること」ですから、「情報の網羅性」の重要性がより理解頂けると思います。

 

そして、これこそが「全部貰ってくれば良い」とお伝えした背景です。

 

このようにして競合・検索結果を調査し「差」を埋める。ということがSEO的に有効なコンテンツのリライトとなります。

 

最初は大変かもしれません。

ですが、リライトをしているとこの「差」を自然と判断することができ、自然と抽出することができるようになっていきますから、まずは何よりも「実践」です。

・内部リンク編

アフィ子アフィ子

内部リンクって何?

アフィ男アフィ男

サイト内の記事から記事にリンクを繋ぐことだよね?

秋田 健秋田 健

その通りです!正確には「自分の記事を自分の別の記事にリンクを飛ばすこと」ですね!

 

Googleはたくさんリンクが張られている記事の評価を高めます。

理由はシンプルで「たくさんのリンクが張られている=有益な記事である」という判断をするためです。

 

記事をドンドン追加していくと、「過去に書いた記事には新しく書いた記事へのリンクが張られていない」ことも多いはずです。

 

当然、過去に書いたときにはなかった記事へのリンクですから、貼りようがありませんよね。

実際に私がこの記事を執筆した時点では「最新の記事」になるわけですから、「この記事以前に書いた記事にはこの記事へのリンク」がありません。

 

これを見直すことで評価を上げることが出来ます。

具体的な作業は「あなた」の記事の中で新しく書いた記事に「関連する記事がないか探すだけ」です。

 

アフィ子アフィ子

でも過去に書いた記事の内容を細かく全部覚えているわけではないから・・・

アフィ男アフィ男

関連する記事を探す方法ってあるの?

秋田 健秋田 健

実は簡単に関連記事を探す方法があります!

 

ちょっとしたテクニックを使えば、「過去に書いた記事の中から新しく書いた記事の関連するもの」を探すことが出来ます!

 

具体的な方法を紹介しましょう。

 

site:あなたのサイトURL intext:新しい記事で狙ったキーワード

 

これを検索窓に入れて下さい。

たったこれだけです。

 

例えばこの記事を例にすると・・・

 

「site:https://afi-guide.com/ intext:リライト

 

と検索します。

下図をご覧ください。

 

関連記事の探し方

 

これをやることで「あなた」のサイト内で文章内に「リライト」という言葉が出てくる記事を抽出することが出来ます。

 

注意点として、同意義でよくあなたが使うキーワードでも同じことをしておきましょう。

 

例えば、私の場合は他記事でリライトのことを話に出す際は「リライト」ではなく、初心者の方でも分かりやすいように「記事修正」という言葉を使うようにしています。

 

その場合はもちろん・・・

 

「site:https://afi-guide.com/ intext:記事修正

 

というように最後の言葉だけ変えて検索すればOKです。

 

関連記事の探し方②

 

リライトで検索したら1件しかヒットしなかったですが、記事修正で検索したら12件に増えました。

 

これで新しく書いた記事に関連する記事を抽出することが出来たので、あとはその記事に新しい記事へのリンクを貼るだけです。

文章内に記事修正について書いている箇所があるはずなので、そこに「記事のリライトについてはこちらの記事へ」的な感じでリンクを貼りましょう!

 

なお、「Googleはたくさんリンクが張られている記事の評価を高めます」とお伝えしましたが、この点は深く掘り下げると「適正評価点」「評価点分散」という考え方、さらには「ドメインパワー」とも関係してきます。

ここでは長くなってしまい、かつ初心者の方にとって余計難しくしてしまう可能性がありますので、詳しく知りたい方は以下の記事・動画をご覧になってみてください。

 

アフィリエイトでドメインパワーを上げる方法をSEO専門家が解説

※ちなみに、まさにこれが内部リンクです。

②別のキーワードを狙うテクニック

続いて別のキーワードを狙う場合のリライトテクニックをご紹介します。

※狙ったキーワードの順位をさらに上げる方法もSEOテクニックもご紹介しているので読んでおくことをおすすめします。

 

  • タイトル編
  • コンテンツ編
  • 内部リンク編

 

こちらも3つに分けて解説しますので、順番に見ていきましょう!!

・タイトル編

サーチコンソールで「今までとは違ったキーワード」を選定したと思いますので、まずはそのキーワードをタイトルに含めましょう。

 

前述したように「狙うキーワードを文頭に寄せて32文字以内で設定する」ということは変わりません。

こちらの記事でも正しいタイトル設定の方法を解説しているので詳しく知りたい方はどうぞ。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

・コンテンツ編

コンテンツは狙うキーワードが変わったので多少修正する必要があります。

ただ、記事で書いているような内容が「新しく狙うキーワード」になっているはずなので大幅な修正は必要ありません。

 

やることは2つです。

 

コンテンツリライト2パターン①文章の構成変更
②新しいコンテンツを追加

まず、タイトルを変えたことで「多少タイトルと文章内容に違和感」が出てしまうと思いますから体裁を整えましょう。

文章の流れを変えたり多少文言を変える程度で済むはずです。

 

次に新しいコンテンツの追加ですが、やることは<狙ったキーワードで順位を上げるリライトのコンテンツ編>と同様です。

 

「競合調査と検索結果調査からTOPサイトとの「差」を抽出して、その差を埋める為のコンテンツをあなたの言葉で書く」

 

という流れでしたね。

 

狙うキーワードを変えるわけですから、100%競合サイトも検索結果の傾向も変わるはずです。

タイトルだけ変えて順位が上がることもありますが、タイトルと記事内容が若干ずれてしまうケースが大半なので本質的に評価されるべき記事にはなりません。

後々順位が急激に落ちてしまったり、ゆるやかに右肩下がりになってしまう可能性があります。

 

「ユーザーに有益なコンテンツを提供すること」をしっかりと意識して記事のリライトを行ってください!

・内部リンク編

「狙うキーワードを変える」ということは、「アンカーテキストも変える」必要があります。

 

アフィ子アフィ子

アンカーテキストって何だろ・・・

アフィ男アフィ男

リンクのどこを指しているの?

秋田 健秋田 健

アンカーテキストとはリンクのテキストのことです!

 

例えば先程リンクを貼った以下の場合であれば、アンカーテキストは「ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ」です。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

 

Googleは「アンカーテキストでリンク先のページでどんなことが書いてあるのか」を判断し評価します。

 

良くある失敗例としては・・・

 

「SEO対策についてはこちらの記事で書いてます」

 

みたいなパターンがあると思います。

これではGoogleは「リンク先でどんなことが書いてあるのか」アンカーテキストから読み解くことは出来ません。

 

「こちら」という内容が書いてあると判断されてしまうのです。

 

「アンカーテキストに狙ったキーワードを含めないと正しく評価して貰えない」ということです。

 

一番簡単な方法は記事のタイトルをアンカーテキストにしてしまうことです。

私もこの方法を使っています。

 

タイトルには必ず狙ったキーワードを入れているはずなので、正しく評価をして貰うことが出来ます。

 

このパターンでリンクを貼っている方も多いと思いますが、先程のリライトでタイトルを変えていますよね。

ですから、今まで貼ったリンクのアンカーテキストも変えなければいけません。ちょっと面倒ですが非常に重要なSEO対策となるのでやっておきましょう。

 

ただ、アフィリエイトサイトではブログカードを使ってリンクを貼っている方も多いと思います。

ブログカードとはこんなやつです。

 

ブログカード

 

記事内でこういうリンクを見たことがあるのではないでしょうか。

このパターンのリンクだと大半は勝手に記事タイトルがアンカーテキストに設定されており、タイトルが変更されれば自動的にアンカーテキストも変更されるようになっています。

 

WordPressテーマによるので明言できませんが・・・

これであれば、わざわざアンカーテキストを変更する必要はありませんので問題ありません。

 

あとは<狙ったキーワードでさらに順位を上げるリライトの内部リンク編>でお伝えした過去記事からリンクを貼るということをしっかりとやっておきましょう!

 

◆リライトするなら目的を明確にすること

リライトするなら目的を明確にすること

 

ここまでリライトのテクニックを解説させて頂きましたが、実は前提となる「リライトの目的」についての解説がまだでした。

 

アフィ男アフィ男

基本的には流入を増やすことがリライトの目的なんじゃないの?

秋田 健秋田 健

ちゃんと理解していましたか!基本的にはその通りです!ただ他にもリライトする目的は2つあります!

アフィ子アフィ子

リライトの目的って流入だけじゃなかったんだね。

 

確かにリライトは「Googleなどの検索エンジンからの流入を増やすことが目的」になることが多いので、それを前提として解説させて頂きましたが、ここでは他の目的について少し触れておきましょう!

 

リライトの目的①アフィリンクのクリック率向上
②成約率(コンバージョン率)の向上

上記の2つもリライトによって改善することが出来る項目であり収益に直結します。

アフィリエイトで稼ぐために出来ることは・・・

 

  • 流入数を増やす
  • リンクのクリック率を上げる
  • 成約率を上げる

 

この3択しか有り得ませんから、どれを向上させる為のリライトなのか」を明確にした上で実践して下さい。

 

検索順位を上げることを目的とするならば前述したリライトテクニックやキーワード選定で万全です。

 

しかし、これらを行ったところでアフィリンクのクリック率向上や成約率向上にはなりません。

なぜならやり方が別にあるからです。

 

「クリック率向上」に関しては以下の記事で方法を解説しております。

アフィリエイトリンクがクリックされない原因とクリック率の上げ方

 

「成約率(コンバージョン率)向上」に関しては以下の記事・動画で方法を解説しております。

アフィリエイトの成約率を平均以上に上げる方法と成約しない原因

※前編・後編の二部構成

 

どちらの記事もwebコンサルタントとして培った知見と月収100万円に到達することが出来た実績を活かしてノウハウを書いておりますので、実践してみて下さい。

 

リライトはただすれば良いのではなく、何かを解決する為に行います。

もちろん順位もクリック率も成約率も改善したい!!という場合もあると思いますし、それでもOKです。

「あなた」の目的にあったリライトを行いましょう。

 

◆リライトは全記事すべき?記事の選び方

リライトは全記事すべき?記事の選び方

 

アフィ子アフィ子

リライトの方法は分かったけど全記事やるのってかなり大変・・・

アフィ男アフィ男

記事数が多いほど大変だよね!リライトって全記事やらないといけないのかな?

秋田 健秋田 健

ベストはもちろん全記事ですが、一部の記事に絞ってもOKなので記事の選び方を解説しましょう!

 

私のように副業でアフィリエイトに取り組んでいらっしゃる方や主婦の方はなかなか時間が取れないと思いますので、収益に直結する記事のみをリライトする!」という選択肢も視野に入れておきましょう。

 

リライトする記事の観点は2つです。

 

リライト記事を選ぶ観点①収益が出ている記事
②閲覧数が多い記事

 

それぞれ順番に説明していきましょう!

リライト記事の選び方①収益が出ている記事

まず収益が出ている記事があれば、その記事は必須でリライトすべきです。

実績に勝るデータはありませんから問答無用でリライトしましょう。

 

既に狙ったキーワードで1位であれば特に問題ありませんが、まだ順位が上げられそうであればリライトすることでさらに流入を伸ばしていきましょう。

収益に繋がっている記事の流入が増えれば収益に直結するはずです。

リライト記事の選び方②閲覧数が多い記事

次に閲覧数が多い記事のリライトです。

まだ収益が発生していなかったり、収益が発生している記事が少ない方はこの観点でもリライトすべき記事を抽出しておきましょう。

閲覧数が多い記事を抽出するには「Googleアナリティクス」を使います。

 

Googleアナリティクスとは?Googleサーチコンソール同様に無料で提供されている分析ツールです。サイトや記事の流入数などを見ることが出来ます。

 

初心者でGoogleアナリティクスをあまり触ったことがない方でも「閲覧数の多い記事を抽出する方法」を丁寧に解説するので安心して下さい。

 

まず、Googleアナリティクスにログインして「行動」をクリックします。

 

Googleアナリティクス画面

 

すると以下の画像のように下に展開されるので「サイトコンテンツ」をクリックしましょう。

そうすると、さらに下に展開され「ランディングページ」という項目が出てくるのでクリックしてください。

 

Googleアナリティクス画面②

 

デフォルトでは1週間分のデータしか表示されておらずデータ数が少ない為、以下の画面のように「日程の部分」をクリックして直近1ヶ月にして下さい。

 

Googleアナリティクス画面③

 

日程を直近1ヶ月にしたら、その画面でそのまま下にスクロールしてみて下さい。

以下の画像のようにURLやセッション数が並んでいるはずです。

 

Googleアナリティクス画面④

※セッション数=閲覧数

 

既に閲覧数が多い順にURLが上から並んでいるので、このリストが「閲覧数多いページリスト」となります。

URLはドメイン後のURLが記載されています。

例えば/aaa/というURLはこのサイトで言えば「https://afi-guide.com/aaa/」というページのことを指します。

 

URLでどのページか判断がつかない場合は、以下の画像が指すマークをクリックすればページに飛べるので安心して下さい。

 

Googleアナリティクス画面⑤

 

このリストを使ってあなたのサイトで閲覧数が多い記事を把握することが出来たと思いますので、あとは上から順にリライトしていけば良いだけです。

 

アフィ子アフィ子

でも既に閲覧数が多い記事より少ない記事をリライトした方が良さそうな気がする・・

アフィ男アフィ男

確かにその方が伸び幅はありそうだよね!

秋田 健秋田 健

良い疑問です!これについては少し詳しく解説しましょう!

 

前提としてベストは全記事リライトです。

しかし効率的に流入数や収益額を上げることを目的とした場合は「流入数が多い記事からリライトした方が良い」のです。

 

<例えば>

・狙ったキーワードで30位の記事

・リライトすることで20位に上昇

実はこれ、ほぼ意味がないリライトになるのです。

30位ということは検索結果で3~4ページ目に表示されていますよね。これが2~3ページ目に表示されるようになったところで、そんなに後のページまで検索ユーザーは見てくれません。

 

「あなた」も同じではないでしょうか?

せいぜい見ても2ページ目ぐらいまででしょう。

 

実際に当ページでも下図のデータをご覧頂きましたよね。

 

リライトは全記事すべき?記事の選び方

 

10位以下のクリック率は限りなく0%に近くなります。

つまり30位の記事が多少順位上昇したところで流入数には影響しないのです。

 

<逆に>

・狙ったキーワードで5位の記事

・リライトすることで3位に上昇

これは常に有益なリライトになります。

上図からもわかる通り、クリック率は5位の場合と3位の場合では約2倍も違います。

 

もっと具体的に見てみましょう!!

例えば狙ったキーワードの月間検索数が10,000だとしましょう。

すると流入数は5位と3位で差が出ます。

 

5位の場合⇒約342セッション

3位の場合⇒約757セッション

つまり、30位が20位になるよりも5位が3位になる方が流入数に与える影響は大きいのです。

これが元々流入数が多い記事をリライトした方が効率的に流入数を伸ばせる理由です。

 

アフィ子アフィ子

そうだったんだ・・・てっきり順位の低い記事を上げていくべきだと思ってた~

アフィ男アフィ男

確かにその方が効果があると思うよね

秋田 健秋田 健

特に初心者の方は誤ってリライト記事を選んでしまいがちです。でも今日から二人も大丈夫ですね!知っている側に回れたわけですから!

 

少し長くなりましたが・・・

 

効率的にリライトしたいなら「①収益が発生している記事」「②閲覧数が多い記事」を対象にして進めていきましょう!

 

くどいようですが、しっかりとインプットしてください。

この事実を「知っている・知らない」では、リライト記事の選び方だったり、作業効率だったり、そして最終的には「収益格差を生む」ということがなんとなく見えてくるのではないでしょうか。

 

同時になぜ私が「わずか半年で月収100万円に到達したのか」少しでも垣間見えたのではないかと思います。

ちなみに「ほぼ放置状態で稼ぐ仕組み」については「0Start~放置システム最短サイト構築~」というアフィリエイト教材で赤裸々にご紹介していますので、興味のある方は公式ページをご覧になってみてくださいね!

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

なお「リライト記事の選び方」については以下の記事・動画でも解説していますので、合わせてご覧になってみてください。

リライトする記事の選び方をSEOコンサルが解説!最速流入アップ!

 

◆リライトすべきか判断するタイミング

リライトすべきか判断するタイミング

 

初心者の方によくあるミスなので「リライトするタイミング」について解説しましょう。

結論からお伝えすると、リライトするのは「記事を書いてから2ヶ月程度経ってから」です。

 

Googleの性質上、新しく書いた記事の評価をし順位を安定させるまで2か月程度かかります。

その為、書いてから10日とか1ヶ月程度でリライトしたがる方がいますが判断が早すぎます。

 

放置しておいても勝手に順位が右肩上がりになっていく可能性が充分にありますから、焦らず少し様子を見てからリライトすべきかどうか判断しましょう。

 

アフィリエイトはドンドン記事を追加していくことが収益額を伸ばすために重要なことでもあるので、リライトにばかり時間をかけてしまうと収益額が伸び悩む原因にもなります。

 

アフィ男アフィ男

なんか書き足したくなったりしちゃうんだよね

秋田 健秋田 健

気持ちはわかります。ですが、それをしているとメインの新記事追加が疎かになり本末転倒です。

 

イメージはこんな感じで持っていてください。

 

①記事アップ(現時点での最高)
②約2ヶ月は放置
③順位などのデータを含めリライトすべきか判断
④リライトした場合は、また2ヶ月放置

焦らず様子を見ることもアフィリエイトにおいては大切です。

また無駄なリライトは効率も良くないですし、順位を逆に下げてしまう可能性もあります。

 

ですからGoogleの評価が安定した頃まで待ってから判断するようにして下さい!

アフィリエイトブログは毎日更新すべきは嘘!?正しい更新頻度とは

 

◆リライトの効果があったと判断する期間

リライトの効果があったと判断する期間

 

リライトしたら必ず「効果があったのか・なかったのか」を検証して下さい。

 

これをやらなければ、リライトが正しかったのか分かりません。

さらに、リライトの効果がなかった場合は追加でリライトする必要が出てきますが、その判断をすることも出来ませんね。

 

結論からお伝えすると、リライトしてから「2か月程度待って効果検証」をしましょう。

理由は先程同様で、Googleが評価を安定させるまでにまた2か月程度かかる為です。

 

ただし、新規記事よりは評価が安定するのが早いので、「収益化を急いでいる&時間がある方」1ヶ月というスパンで効果判断しても大きな問題はないでしょう。

 

基本的にアフィリエイトは以下のようなサイクルで進めることになりますので、効果検証は必須です。

※改めてお伝えしておきます。

 

新規記事を書く
順位観測(2か月程度待つ)
必要に応じてリライト
順位観測(2ヶ月程度待つ)
必要に応じて追加リライト
後は繰り返し

記事を書いてもリライトをしても必ず順位を追っておく必要があります。

 

注意点として、「必ず毎日順位取得しておくこと」をおすすめします。

毎日順位観測していない方はあまり実感がないかもしれませんが、Googleの順位は毎日上下に動いています。

 

以下は私が毎日順位観測しているキーワードの一例です。

順位が比較的安定しているキーワードでも下画像のように動いています。

 

GRC画面

※縦軸が順位

 

順位変動が激しいと下画像のような動きもあります。

 

GRC画面②

 

これだけ動いているので毎日順位観測していなくては正しく効果検証することが出来ないのは一目瞭然です。

 

<例えば>

リライトしてからちょうど2か月後に順位を見てみたら、その日がたまたま下がっていたタイミングで「効果がなかった」と判断。

しかし「本当は平均的に順位が上がっていた」ということもあり得、判断を誤りかねません。

 

アフィ子アフィ子

でも毎日順位を見るのってメチャクチャ大変・・・

アフィ男アフィ男

ただでさえ時間がないから良い方法があればいいのにね。

秋田 健秋田 健

実はあります!

 

私が使っている「GRC」という順位チェックツールがオススメです。

GRCは企業のマーケティング部署やアフィリエイターが愛用している順位チェックツールであり、一番王道なものです。

 

webコンサル系やマーケティング系で仕事をしている方であれば知らないと恥ずかしいぐらい有名なツールです。

実際私は本業でもGRCを使っています。

 

GRCを使うと数百というキーワードの順位を「ボタン1つでチェック」することが出来るので、わざわざ自分で実際に検索してチェックする手間が一切なくなり「ボタンを押すだけ」に変わります。

 

ちなみに前述した「順位が変動している画像」はGRCの画面です。

非常に高機能なのに年間4,000円程度で利用できるのでコスパも良いです。

アフィリエイトで稼ぎ続けていく為には必須ツールなので、必ず入れておきましょう。

 

【GRC公式サイト】

SEO対策のプロも愛用。検索順位チェックツールGRC

 

GRCについてもう少し詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

 

 

 

◆どのぐらい修正したら記事を更新したことになるの?

どのぐらい修正したら記事を更新したことになるの?

 

アフィ子アフィ子

どのぐらいの量を修正したらリライトしたことになるの?

アフィ男アフィ男

目安の文字数はあるのかな?

秋田 健秋田 健

彼らのような質問を頂くことは多いのでこの機に解説しましょう!

 

結論からお伝えすると、200字~300字以上コンテンツを追加すると比較的評価が高まりやすい傾向」にあります。

 

Googleが明言しているわけではないので明確には誰にも分かりません。

しかし、私が様々な企業のコンサルを行ったりアフィリエイト活動をしていく中での実績でいくと「200字~300字以上のテキスト追加」を行うと順位が上がる傾向がありました。

 

Googleは「多少の文言の修正では更新したとはみなさない」と言っていますので、言い回しを変えたりするようなリライトでは意味をなさないことは明白です。

 

この記事で解説させて頂いたようなリライトをしっかり行えば自然と300字以上のコンテンツ追加にはなるはずですから、あまり気にせずに「今よりさらにユーザーにとって有益な記事にする」ということを意識してリライトに取り組んで頂くと結果に繋がるでしょう。

 

◆アフィリエイト記事のリライトまとめ

 

長くなりましたが、最後にこの記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

・リライトではサーチコンソールを使って狙うキーワードを決定する

・「狙ったキーワードでさらに順位を上げる」か「別のキーワードを狙う」か判断

・タイトル、コンテンツ、内部リンクを整えることでリライトは効果が出る

・リライトは「順位上昇」「クリック率上昇」「成約率上昇」どれが目的か明確にしてからやる

・Googleアナリティクスでリライトすべき記事を抽出出来る

・収益が発生した記事&閲覧数が多い記事をリライトすることが最も効率的

・リライトの判断や効果検証は2ヶ月スパンで考える

・順位観測は「GRC」で毎日行わなければ意味がない

・リライトは「ユーザーにとって今より有益な記事にする」ということが重要

アフィリエイトで収益化したり、収益額を伸ばしたりする為にリライトスキルは100%必要になります。

正しいリライトの考え方やテクニックを知り、有効なリライトを行ってください!

 

なお、当ページでも少しだけ触れましたが・・・

 

私が半年で月収100万円に到達した全てを詰め込んだ「0Start~放置システム最短サイト構築~」について簡単に紹介だけさせて頂きます。

 

今後アフィリエイトで「本気で稼いでいきたい」と思っている方が「安定して継続的に放置で稼げる仕組み」を作り上げて頂けるよう、SEO・WEB集客のプロとして、アフィリエイターとしても全力で作成したアフィリエイト教材になります。

 

興味のある方は最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

☆アフィリエイトで稼ぐ「0Start」とは☆

 

まず「0Start」とは・・・

定して継続的に稼ぐ為の放置システムを最短最速で構築するためのアフィリエイト教材」になります。

 

<こんな不安を解決>

 

 

<如何にして放置で稼ぐか>

時間がない中で、最短最速で「稼ぐ仕組み=放置システム」を作り上げること。

 

※0Startで公開しています。

 

私は普段サラリーマンをしています。

つまり、日中はほぼ放置した状態で「月収100万円」を安定して継続的に稼いでいます。

 

<どんな方でも簡単実践可能!>

 

そんなことは一切関係ありません

 

ありがたいことに、数多くの方からご質問を頂く中で多かった質問が・・・

 

「どうやって月収100万を稼いだんですか?」

 

これに親身にご回答したいのは山々ですが、とんでもない文量になってしまいます。

そこで、「本当に知りたい」「本気で稼ぎたい」という方だけにお伝えしたいと考え、アフィリエイトのバイブル「0Start~放置システム最短サイト構築~」の販売に踏み切りました。

 

後悔はさせないほどの圧倒的なノウハウと特典の数々。

そして、手にして頂いたならば、実践し、極論真似してください

現時点で私が持ちうる全てのノウハウを「0Start」に注いでいます。

 

これからのアフィリエイトライフの一助に「0Start~放置システム最短サイト構築~」がなれば幸いです。

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

でわ!秋田 健でした!

 

Twitter紹介画像.001

※あきけん(@akitaken0530

※フォロワー数のキリ番で記事添削企画、不定期に著名人とコラボ企画も開催しておりますので、気軽にフォローしてください!

 

無料メルマガ「アフィマガ」について

サイト未完成向けメルマガ登録ページ

サイト完成済み向けメルマガ登録ページ

 

<合わせて読まれている記事>