こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

アフィリエイトを1~2年やっているとあなたのサイトの順位が急に下がってしまうことを体験した方も多いのではないでしょうか。

Googleなどの検索エンジンで表示順位が落ちると急激にアクセス数が減り、収益額も減ってしまうことになります。

せっかく今まで努力を重ねて作り上げてきたサイトの順位が下がってしまうのは本当に悲しいですよね。

 

しかし順位が下がってしまったからと言って諦める必要はありません。

さらに努力を続けることで再び順位を上げることは可能です。

この記事ではSEOコンサルとして様々なサイトの順位を回復させてきたからこそお伝えできるノウハウを全て紹介させて頂きます。

一度順位が下がってしまったぐらいでへこたれてはいけません。すぐに回復させるための一歩を踏み出しましょう!

 

◆アフィリエイトブログの順位が下がる3つの原因

アフィリエイトブログの順位が下がる3つの原因

 

まずGoogleなどの検索エンジンで順位が下落してしまう原因を知っておきましょう。

大きく分けて3つしか原因はありませんので、あなたがどれに該当するのか把握することで正しい対策方法を選択することが出来ます。

 

①Googleのアップデート

検索順位が大きく下落してしまった場合、まず疑うべきはGoogleのアップデートです。

Googleは年間600回程度のアップデートを行っているので日々順位変動はありますが、ほぼ全てのアップデートは「調整」というレベルで大きな変動はありません。

しかし年に数回だけGoogleが公式で発表するような大きなアップデートが行われることがあります。

 

このような大きなアップデートがあると1~2週間は順位が変動し続けます。

今までTOP10に表示されていたサイトが急に圏外になってしまうようなことも起こり得ます。

大きなアップデートがありGoogleが公式発表した場合はあなたのサイトだけではなく、検索結果全体が動いていますので、まずはどんなアップデートがあったのか情報収集することに努めましょう。

 

ナマズという検索順位変動幅が分かるサイトやSuzuki kenichiさんのブログを参考にするとアップデートがあったかどうか判断できるでしょう。

大きな順位変動があるとナマズで以下のように「大変動」と出たりします。

 

ナマズの順位変動

 

Suzuki kenichiさんのブログでもGoogleの発表を記事にしてくれているのでアップデートがあったら記事をチェックしましょう。

本当にアップデートがあったなら記事にしてくれています。

 

②自社サイト要因

Googleのアップデートがなかったのにあなたのサイトが順位下落している場合は、あなたのサイトに何かしら問題がある可能性があります。

まず疑うべきはGoogleからのペナルティーです。

外部リンクを人工的に貼っていたり買っていたりする場合はペナルティを受けている可能性が高いです。

 

もしペナルティーを受けている場合はサーチコンソールにGoogleからメッセージが届きますので、まずはサーチコンソールのサイドバーにある「メッセージ」を確認しましょう。

 

ペナルティ確認方法

アフィ子アフィ子

ペナルティがきてなかった場合は?

秋田 健秋田 健

その場合はサイト内のコンテンツが低品質、重複しているなどの評価下落です。

Googleはユーザーにとって価値の高いサイトを上位表示するわけですから、アフィリエイト記事の品質が低かったり重複が多かったりすると順位を下げられてしまいます。

 

アフィリエイトサイトの場合、どの記事にも同じテキストとアフィリエイトリンクが入っているなど重複が起こりやすいので注意しましょう。

また他サイトをパクって作られた記事なども価値がないと判断されてしまうのでオリジナル記事でなければいけません。

あなたの記事の品質をまずは疑いましょう。

 

③他サイトに抜かれた

自サイトに問題があるパターン以外にも他サイトに順位を抜かれてしまったというパターンも考えられます。

順位下落が1~2位分だった場合、大半の理由がこれにあたります。

 

アフィリエイトは複数運営することでリスクヘッジすることが一般的ですから、新しいサイトにばかり力を入れてある程度完成したサイトを放置し過ぎると、気づいたら他サイトに抜かれていたというパターンが結構よくあります。

他サイトが更新し続けているのにあなたが更新していなかった為に順位を抜かれてしまうのです。

 

順位下落してしまったキーワードを実際に調べてみてTOP5のサイトの顔ぶれが依然と大して変わらないのに、あなたのサイトの順位が他サイトに抜かれていたら、順位下落の原因は完全に競合サイトのせいです。

抜き返せるように努力をすることが解決になります。

 

◆順位が下がった時の確認事項と対処法

順位が下がった時の確認事項と対処法

 

アフィ子アフィ子

順位が下がる原因は分かったけど、実際にはどんな項目を確認すればいいの?

アフィ男アフィ男

対処法も合わせて知っておきたいね!

秋田 健秋田 健

では順位が下がった時の対処法をそれぞれ解説していきましょう。

①順位変動

まずは順位変動が大きくあったかどうかを確認しておきましょう。Googleのアップデートがあったかどうかも確認必須です。

 

・確認方法

チラッと触れましたが、ナマズという検索順位変動幅が分かるサイトやSuzuki kenichiさんのブログを参考にするとアップデートがあったかどうか判断できるでしょう。

Suzuki kenichiさんのブログでは大きなアップデートがあったかどうかは分かりますが、さすがに年間600回程度あるアップデートについては書いていませんから基本的にはナマズを見ておきましょう。

 

また、GRCのデータも必ず見ておいてください。もしまだGRCを取り入れていない場合はアフィリエイトにおいて必須のツールなので必ず入れておきましょう。

GRCを知らない方の為に一応紹介しておくと、ボタン1つであなたのサイトが「どんなキーワード」で「何位」に表示されているのか分かるツールです。

500キーワードまで登録できるプランで年間約4,000円、5,000キーワードなら年間8,000円程度で利用できるので出費的にも大きくありません。

詳しくは以下の記事で紹介しております。

検索順位チェックGRCの評判・おすすめライセンスをSEO専門家が解説

 

GRCは順位チェックツールの中で圧倒的にコスパが良く、管理画面も見やすいので企業のマーケティング部も取り入れているような王道ツールです。

私はアフィリエイトでも本業でも利用させて貰っていますし稼いでいるアフィリエイターはほぼ間違いなく取り入れています。

サイトの順位状況を知ることはMUSTであり、順位変動があった時にいち早く気づくことが出来ます。

 

公式サイトはこちら

検索順位チェックツール「GRC」

 

・対処法

順位変動があった場合(アップデートがあった場合)は2週間程度まずは静観しましょう。

焦る気持ちは非常に良く分かります。Googleアナリティクスの数値がドンドン悪くなっていきドンドン萎えることも良く分かります。

しかし焦っても検索結果が落ち着いていないので分析のしようがありません。

 

アップデートがあるとだいたい2週間程度は検索結果がブレまくるのでキーワードによっては毎日1位のサイトが入れ替わります。この状態で正しい打ち手を出すことは出来ませんので、記事を書くことに専念しましょう。

GRCで毎日順位を追っておけば順位変動が落ち着いたかどうか判断がつきますから、落ち着いたら検索結果を改めて見てみましょう。

 

基本的にはアップデート後に上位表示されている記事にあり、あなたの記事にないことを埋めていくことで対策を進めていきます。

一番シンプルなのはコンテンツ内容です。

上位表示されているサイトが書いているようなことをあなたの記事でもオリジナルで書くことで、あなたの記事の情報網羅度が上がり上位表示される可能性が高まります。

もちろんコンテンツだけが全てではありませんが、改善される可能性は非常に高いです。

 

質の高い記事を書く方法や記事構成は以下の記事で紹介しております。

アフィリエイトで売れる記事の書き方!月収100万稼いだ構成とは

アフィリエイトのレビュー記事の書き方を伝授!収益額が変わります

 

②検索結果の変化

次に検索結果の傾向が全然変わってしまって順位が落ちるパターンについて解説しましょう。

検索結果はGoogleのアップデートやトレンドによって変わります。

 

例を出すと、結構トレンド影響が激しいのが「芸能人名」です。

「新垣結衣」で検索すると週や月によって全然検索結果の傾向が変わります。

ドラマやCMに新垣結衣が出演しているシーズンはドラマに関する記事のようなものが上位表示されますし、特に出演番組がないシーズンは新垣結衣のプロフィールが分かるようなサイトが上位表示されます。

Googleって凄いですね。笑

 

もちろんアップデートによって検索結果の傾向が変わることもあります。

 

・確認方法

検索結果の傾向が変わったかどうかはもう記憶しかありません。

昔の検索結果画面を残しておくようなツールもありますが高額なのでなくてもいいかと思います。

私の場合は収益に直結するような重要キーワードは検索結果をよく見ているので自然と記憶しています。

 

だいたいどのジャンルにも「どんなキーワードを検索しても上位表示されている強豪サイト」があるので、あぁまたこのサイトかという感じで記憶という程のものでもありません。

 

・対処法

検索結果の傾向が変わった場合、取れる対策は2つです。

 

対策方法①傾向に合わせるようにリライトする
②狙うキーワードを変える

 

傾向の変化が多少であれば「①リライト」でなんとかなるでしょう。大半の場合はこれが対策方法になります。

アフィリエイト記事のリライトで初心者でも失敗しないテクニック6選

 

しかし傾向の変化が大きい場合は「②狙うキーワードを変える」ことになります。

例えばですが「東京 ディナー オシャレ」というキーワードで今までは

・東京でディナーをするならおすすめの名店〇選

・カップルにおすすめのオシャレな東京ディナー〇選

などなど多数の店舗をまとめ記事のような形で紹介しているサイトが上がってきていたとしましょう。

しかしアップデート後は「ぐるなび」「食べログ」などの東京でディナーが出来る店舗が掲載されたページが上位表示されていたとしましょう。

 

これは明らかに傾向が大きく変わっています。

少しGoogleの考えを掘って考えると、以下のような変化があったと想定できます。

 

傾向変化前のGoogleの考え方「東京 ディナー オシャレ」というキーワードを検索する人は様々な店をまずは知っておきたいというニーズがありそうだから「名店〇選」などたくさんの店舗を紹介した記事を上位表示しよう!

 

傾向変化後のGoogleの考え方「東京 ディナー オシャレ」というキーワードを検索する人は店の「予約」をしたい人が多そうだから、「予約が出来るサイト」を上位表示しよう!

 

このような変化があったら、傾向変化後に「名店〇選」という記事で上位表示されることは難しいでしょう。

Googleの考えが変わってしまったからです。

 

その場合はまた「名店〇選」というようなサイトが上位表示されているキーワードを探して、狙うキーワードを変える方が賢明です。

戦場を変えればまたあなたが上位表示される可能性は一気に上がりますから、「勝てる戦場」を探しましょう。

 

③ペナルティ

次にペナルティの確認方法と対処法を解説いたします。

 

・確認方法

ペナルティには2種類あります。

 

ペナルティの種類①自動ペナルティ
②手動ペナルティ

前述したサーチコンソールのメッセージで確認が取れるのは「手動ペナルティ」のみです。

自動ペナルティはその名の通り、何の通達もなく勝手に順位が急下落します。

つまり自動ペナルティは確認のしようがありません。

 

・対処法

手動ペナルティの場合はGoogleの品質ガイドラインに沿わない内容がないか確認しましょう。

反していそうだったり、抵触していそうなコンテンツは削除してGoogleに対処した旨をメッセージで伝えましょう。

1~2週間でGoogleから返事がきて解除される場合もあります。

基本的には解除されるまでこの繰り返しです。何度も申請するうちにペナルティが解除されるかもしれません。

もちろん解除される保証はありません。

 

次に自動ペナルティの場合はそもそも確認することが出来ないのですが、もし自動ペナルティを食らってしまったらそのサイトは諦めて下さいとしか言えません。

ドメインを変えてコンテンツを再作成するしかありません。

 

ペナルティの詳細やリスクヘッジなどは以下の記事に書いております。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

アフィリエイトは危険?潜むリスクと3つのリスクヘッジとは

 

④サイト内重複

ここからはあなたのサイト内のマイナス要素を取り除く話になります。

サイト内にマイナス要素があるとコンテンツが良くても順位が上がらないことを招いたり、順位上昇を妨げられてしまいます。

SEOコンサルタントだった時代もどんなサイトでもまずはマイナス要素をなくすことから提案していたぐらい重要な内容です。

 

・確認方法

確認方法は目視と記憶しかありません。

あなたのサイト内で同じテキストがあるような場合はそれがマイナスに起因してしまっている可能性があります。

特にアフィリエイトサイトの場合はどの記事でもおすすめする商材が同じなら結果的に同じテキスト内容になってしまいますし、コピペしているなら完全にアウトでしょう。

100文字程度など多少の重複が2,3記事であるようなレベルなら問題ありませんが、ほぼ全ての記事で300文字以上同じテキストが入っているようなサイトは結構あるので、そのような場合はアウトだと思ってください。

 

・対処法

重複しているテキストを削除もしくは変更して下さい。

おすすめなのは削除してコンバージョン用の記事を書き、全ての記事からその記事へとリンクを貼ることです。

たくさんの記事に同じテキスト内容が入っていると以下のようにGoogleがどの記事を上位表示するか迷ってしまいます。

 

重複回避成功例

 

このような重複しているテキストをなくして、以下のように各記事からコンバージョン用記事にリンクを集めましょう。

OKパターン(CV用記事)

 

このようにすることで重複を回避しコンバージョンも取ることが出来ます。

コンバージョン用記事を書く際に気をつけておくとクリック率や成約率を上げられるテクニックは以下の記事で紹介しております。

アフィリエイトリンクがクリックされない原因とクリック率の上げ方

アフィリエイトの成約率を平均以上に上げる方法と成約しない原因

 

 

⑤低品質コンテンツ

重複同様で低品質なコンテンツがサイト内にたくさんあるとマイナスになり順位上昇を妨げます。

アフィリエイトサイトの場合は

・他サイトからコピーしてきた自動生成コンテンツや記事

・ほぼパクリの記事

・ただキーワードばかりが書かれている記事

・テキストが極端に少ない記事(100字程度)

・広告主サイトで掲載されていることと同じ事しか書いていない記事

は低品質記事と考えて下さい。

 

・確認方法

こちらも記憶と目視で確認していきましょう。

1記事1記事確認し、本当にこの記事はユーザーの為になっているのか?と考えてみて下さい。

 

・対処法

特にコピーコンテンツなどユーザーがあなたのサイトに訪れる意味のない記事は削除していきましょう。

もしくは価値がある記事へリライトしていきましょう。

これしか方法はありません。

リライトの方法や考え方は以下に全て書いております。

アフィリエイト記事のリライトで初心者でも失敗しないテクニック6選

 

⑥低品質な外部リンク

ペナルティのところで触れましたが、低品質な外部リンクや人工的な外部リンクはペナルティの元となります。

外部リンクの場合のペナルティは大半が手動ペナルティとなります。

さすがにGoogleも一発で自動ペナルティまでは与えないことが多いです。

 

・確認方法

前述の通りサーチコンソールのメッセージを確認してみましょう。特にメッセージがきていなければ手動ペナルティは受けておりません。

もしペナルティを受けていた場合は「不自然なリンクがあります」というようなメッセージがGoogleから届いています。

 

・対処法

まず手動ペナルティの対処法は確認方法同様にサーチコンソールを使います。

外部リンクを購入していたり人工で貼っていたらそれがGoogleにバレてペナルティになっている可能性が高いですから、まずはそのリンクを外してサーチコンソールのメッセージから外した旨をGoogleに伝えましょう。

1~2週間でGoogleから返事が来て、解除される場合もあります。

解除されなければ他にもリンクを貼られているサイトからのリンクを一覧にして、否認申請することを続けましょう。

 

ただし明らかにちゃんとしたサイトからリンクを貼られている場合は否認してしまうと評価下落になりますから、残しておく必要があります。

アダルト系やエラーを起こしているサイトなど明らかに低品質なリンクのみ否認しましょう。

 

⑦他サイトの記事数やコンテンツ内容

ここからは他サイトに順位が抜かれてしまったパターンの確認方法と対処法になります。

まずはシンプルに他サイトの評価向上により抜かれてしまったパターンです。

 

・確認方法

他サイトの調査内容は様々ありますが、まずは抜かれてしまったサイトの記事数やコンテンツ内容を確認しましょう。

他サイトが努力して記事数を増やしたりコンテンツ内容を増やしたりしていれば、それが原因で抜かれている可能性が高いです。

 

記事数の確認は、抜かれてしまったサイトのURLに「site:」をつけて検索しましょう。

例えば当サイトであれば「site:https://afi-guide.com/」とGoogleで検索します。

すると以下のように記事数が表示されます。

記事数の調べ方

正確にいうと記事数ではなくGoogleにインデックスされているページ数ですがアフィリエイトサイトの場合はほぼ全て記事なので「≒」です。

 

またコンテンツ内容は「≒文字数」なので、文字数カウントサイトで文字数を調査してみましょう。

抜かれたページのテキストをコピーして文字数カウントサイトに張り付ければすぐに文字数が分かります。

 

文字数カウント実践

 

・対処法

対処法はシンプルでコンテンツのリライトと記事数の追加です。

あなたが更新をしていなかったサイトであれば更新性が低くて順位が抜かれてしまった可能性もあるので、最新の情報にリライトすることや記事の追加がGoogleに伝われば順位を抜き返せる可能性があります。

もちろん記事数もテキスト量も他サイトを越えるようにしましょう。

 

⑧サイトの表示速度

Googleはスマホでの検索が多いことからスマホでの検索体験を重視するようになってきています。

サイトの表示速度が速いサイトが上位表示される傾向が強まってきているので、こちらも必ずチェック項目に入れておきましょう。

 

・確認方法

Googleが無料提供している「ページスピードインサイト」というツールで確認することが出来ます。

上位表示されているサイトとあなたのサイトをそれぞれ調べてみましょう。

点数が高ければ高い方が表示速度が速いということになります。モバイルとPCだとモバイルの方が点数が悪くなる傾向はどのサイトも共通です。

 

・対処法

ページスピードインサイトの結果画面で下にスクロールすると以下の画面のように、表示速度を早める具体的な方法が書いてありますので参考にしながら速度改善を行いましょう。

 

サイトの表示速度改善

 

ただ専門的な知識がないと全く意味も分からないと思いますので、基本的にはプラグインで解決してしまうことをおすすめします。

画像圧縮やキャッシュの活用などなどプラグインで解決できる項目は非常に多いです。

サイトスピードを早めるプラグインは以下の記事で紹介しております。

WordPressプラグインで初心者におすすめな16選【決定版】

 

⑨モバイル最適化

サイトの表示速度同様にモバイルフレンドリーかどうかも重視されてきています。

PCもモバイルでコンテンツに差があったり、ページがモバイルの幅を越えていたりテキストサイズが小さかったりするとモバイルフレンドリーとは言えません。

 

・確認方法

こちらもGoogleが提供している無料ツール「モバイルフレンドリーテスト」で確認することが出来ます。

上位表示されているサイトとあなたサイトでそれぞれテストしてみましょう。

検索窓にURLを入力するだけでテストすることが出来ます。

 

モバイルフレンドリーテストツール

 

・対処法

こちらもページスピードインサイト同様で結果画面に対処方法が書かれています。

 

モバイルフレンドリーテスト

 

またサーチコンソールでサイドバーにある「モバイルユーザビリティ」という項目を見ると、以下のように指摘されていたりします。

 

モバイルフレンドリー

 

「テキストが小さすぎて読めません」などの指摘をクリックすると該当するURLが一覧で出てくるので、それを参考に修正していきましょう。

 

◆順位変動をいち早く察知する方法

順位変動をいち早く察知する方法

 

ここまで順位下落してしまった場合の対処法を解説してきましたが、何よりも重要なのは2つです。

・順位下落をいち早く察知すること

・順位下落要因を正しく分析し対策すること

これしかありません。

アフィリエイトをやっていれば順位下落なんてよくあることです。

いちいち凹んでいては時間の無駄ですから、すぐに行動を起こして順位回復への一歩を踏み出しましょう。

 

また順位下落を察知する為にも必ず「GRC」は入れておきましょう。

毎日順位観測することはアフィリエイトで稼ぐうえで間違いなく必要です。

検索順位チェックGRCの評判・おすすめライセンスをSEO専門家が解説

 

公式サイトはこちら

順位チェックツール「GRC」