アフィリエイトの外注で失敗しない方法をSEO専門家が解説

 

こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

アフィ子アフィ子

1サイト完成して2サイト目に取り掛かったけど時間がなくて記事が書けないよ~

アフィ男アフィ男

わかるそれ!ある程度稼げるようになったから完全な不労所得化したいよね!

秋田 健秋田 健

アフィリエイト中級者~上級者になると一度は考えるべきことですね!

 

おそらくアフィ子やアフィ男のような悩みをお持ちの方もいると思います。

そして、「外注化」を視野に考えると思います。

 

実際に私も3サイト目で時間が圧倒的に足りなくなり外注をした経験を持っています。

しかし外注は「上手にやらなければ無駄に終わってしまう可能性が高い方法」でもあります。

 

「外注しても失敗しない鉄則」を知った上で外注するようにしましょう!

 

※フォロワー数のキリ番で記事添削企画、不定期に著名人とコラボ企画も開催しております。

※あきけん(@akitaken0530

 

◆アフィリエイトの外注とは?

アフィリエイトの外注とは?

 

アフィリエイトで外注できるのは「記事だけ」だと思っている方が多いので念のため紹介しておきますと、「サイト作成から外注」できます。

 

つまり「収益を稼ぐために必要なことを全て外注することが可能」です。

 

外注はやり方さえ分かってしまえば外注する為の作業は必要なものの、自分で全て作業するよりも圧倒的に早く楽に収益化まで行うことが出来ます。

 

300記事入ったサイトを作ろうと思ったら自分ひとりだと、どんなに早くても半年から1年はかかるでしょう。

しかし極端な話、外注をしてしまえば1~2週間あれば完成するでしょう。

 

単純に「手の数」の話ですから300人のライターさんが1記事書いてくれれば300記事完成ですからね。

要は「時間と労力をお金で買う」という話が外注化です。

 

これが出来るようになれば自分で作業をしなくても勝手に記事が完成していき、勝手に収益が発生し始めます。

 

アフィリエイトで不労所得を得たいという希望を持っている方は多いでしょうが、ここまでやってやっと不労所得となります。

 

もちろん外注化の為の作業は多少のメンテナンス、分析ツールを見たりすることは発生します。

ですから100%不労所得にしたいなら、それすらも誰かにやって貰えるようになって初めて本当の不労所得です。

 

私の場合は3サイト目で記事の外注を始めました。

これには理由があり、一つは「私自身が副業でアフィリエイトをしている」こと。

 

そして、1サイト目2サイト目のメンテナンスをしながら3サイト目の記事執筆まではなんとかなっていたものの、1サイト目の検索順位が段々と落ち始めて1サイト目の記事も書かなければいけなくなった段階で外注を決心しました。

 

今では外注の楽さを知り、当サイト以外は外注を利用しながら成立させています。

 

収益は外注をしても落ちることなく段々と上がってきおり、今では月収200万円に到達しているので、「外注化に成功している」と思っています。

 

しかし最初から成功パターンを導き出せたわけでは決してありません。

失敗をしながら今の外注スタイルに辿り着いたので、その失敗の紹介と成功への道を解説していきましょう。

 

【関連記事】

 

◆記事外注でよくある失敗

記事外注でよくある失敗

 

では私が実際にした失敗に加えて、外注でよくある失敗を紹介していきましょう。

 

よくある失敗例①最初から外注したら失敗する

②良質な記事が納品されるという勘違い

③記事の本文だけを依頼すると結局大変

④専門的な記事はNG

⑤ディレクションを自分でやってしまう

⑥最終的なCVを意識した記事にはならない

ではそれぞれ順番に説明していきます!

①最初から外注したら失敗する

まずアフィリエイトで「まだ稼いだことがない方が外注をしてしまう」という失敗です。

「アフィリエイトは楽して稼げる!」という噂から自分の努力を一切なしにして稼ぐために最初から外注しようとする方は非常に多いです。

 

しかし、勘違いしないで頂きたいのは・・・

アフィリエイトは楽に稼げるビジネスではありません。

そしてアフィリエイトは「成功して始めて楽に稼げる」ようになります。

 

最初から楽して稼げるわけではありません。少なくとも私の周りで最初から全て外注して成功した例は知りません。

 

アフィリエイトは「稼ぎ方」「SEOのノウハウ」を自分が習得したうえで段々と稼げるようになっていきます。

つまり「稼ぎ方にはセオリーがある」ということです。

 

どんなビジネスにも稼ぎ方がありますよね。

逆に稼ぎ方を知らないのにビジネスを始めるのは、言葉は悪いですが無能と言わざるを得ません。

 

アフィリエイトもビジネスの一つです。

そのため、そのセオリーを知らないまま、ただ外注して人任せでやって稼げるはずがありません。

 

「自分のノウハウ」を外注するときに取り入れて初めて成功するのです。

 

考え方としてはフランチャイズのようなものです。

 

「成功したことを仕組みやマニュアルにして横展開することで売上を拡大していく」

 

そんなやり方です。

 

秋田 健秋田 健

例えばラーメン屋でも、「入ったら外国人のスタッフだらけ」みたいな店があります。スープの作り方から何から全てマニュアル化されているからこそラーメンを作ったことがない外国人の方でも一定レベルのラーメンが出せるのです。

アフィ男アフィ男

アフィリエイトで成功するノウハウがないまま外注するのは、ラーメン屋でスープの作り方を知らない外国人に任せるのと一緒ってことか。

秋田 健秋田 健

まさにその通りです!

 

外注は「こういう記事を書いてほしい!」という要望を出すことから始まります。

あなたにノウハウがなければ「正しい要望を出すことが出来ずアクセスも収益も稼がない無駄記事を量産するだけ」です。

 

つまり「お金と時間の無駄」です。

 

そうならないように最初は自分でノウハウを作る為に稼ぎ方を覚えましょう。

外注はその後です。

 

ちなみに、私の教え子というわけではありませんが・・・

稼ぎ方やSEOに関して理解して頂いたアフィリエイターの多くは外注をされています。

 

要望が多く一人一人に時間を取ることが出来なかったため、奇しくも「0Start~放置システム最短サイト構築~」というアフィリエイト教材を公開しました。

 

この教材は「努力前提」です。

ただ私が稼いでいる仕組みをそのまま公開していますし、実践して頂ければ「ほぼ放置」で稼げるようにもなるでしょう。

※「ほぼ」と言っているのはアフィリエイトには少なからずリライトなどがあるからです。

 

いわゆるアフィリエイトのバイブルです。

もし現時点で「正しい稼ぎ方」を知らない方はぜひ手に取って頂ければと思います。

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

②良質な記事が納品されるという勘違い

記事外注でよくある失敗

 

アフィ子アフィ子

外注するからには良質な記事が納品されるんじゃないの?

秋田 健秋田 健

そう思っているなら正直期待を裏切られる可能性が高いですよ!

 

記事を書くのは素人に毛が生えたぐらいの「ほぼ初心者」が大半だと思った方が良いです。

もちろんプロの方や専門の素晴らしいライターさんもたくさんいます。

 

ただ先に言っておきます。

プロや専門のライターさんが「1文字1円」程度でアフィリエイト記事を書くことは珍しいです。

 

当然「文字単価」によっても変わってきますが、基本的にはほぼ素人の主婦の方や学生の方が書く記事が納品される」と考えて下さい。

 

アフィリエイトで一定の収益が得られたあなたと「同じレベルの記事が書けるわけがない」と思っておきましょう。

そんなスキルがあればそのライターの方もアフィリエイトサイトを作った方が良いですから。

 

文章構成やライティングスキルなど一切ない記事が上がってきても「こんなものだろう」と思える心持ちでいた方が無難です。

 

さらにいえば、目新しい情報が入った記事が納品されることもありません。

ライターの方はネット上に転がっている情報を収集して記事を書きますから、悪い言い方をすれば「他サイトの情報を寄せ集めただけの記事」です。

そのような記事に目新しいユーザーの為になる専門的な情報が入っているわけもありません。

 

クオリティの高い記事を納品して貰いたいならそれだけの対価を払って専門ライターさんに依頼しましょう。

1文字数十円しますが、「質は金額で担保」されていきます。

 

【記事の書き方】

 

③記事の本文だけを依頼すると結局大変

私の一番の失敗はこれです。

最初の依頼で50記事程度依頼したのですが、「納品は本文だけ」でディスクリプション作成や画像、記事のアップなどは全て自分でやる形で発注しました。

 

すると改行も何もないテキストベースで納品されます。

それをWordPressにコピペして多少修正しながら画像を入れたり、パーマリンクやディスクリプションを書いたりして記事をアップすることになります。

 

せっかく外注したのになんやかんやしていると・・・

「1記事アップするのに30分ぐらい」かかるんですね。

 

アフィ男アフィ男

それって外注しているのに自分の作業も多少あって本末転倒だね。

秋田 健秋田 健

なかなか厳しい事を言いますね。ただ本当にその通りなんです。外注するなら多少追加で費用はかかるものの、出来ることなら全部お願いした方が無難です。

 

とは言え私の場合は1記事あたり、どんなに早くても1~2時間程度はかかりますから、1記事30分でアップ出来たのは非常にありがたかったです。

 

しかし「せっかく外注したのに感」があるので、どうせなら思い切って全部お願いしましょう!

④専門的な記事はNG

専門的な記事を書いているサイトに外注は向きません。

私が当サイトの記事を外注していないのはこれが理由です。

 

前述したようにライターさんはネット上の情報から記事を書きます。

その為、アフィリエイトとかSEOとか専門的な話になると「非常に薄く表面的な内容」にしかなりません。

 

専門的な分野だからこそ・・・

専門的な知識が欲しくてユーザーは見てくれるわけですよね?

 

それを素人が書いた表面的な内容では・・・

「うん。誰でも知ってるよね」という価値ない情報ばかりか、あなたの信頼性にも影響を与えます。

 

それこそ私の場合、有難い事に多くの方から信頼を得ています。

だからこそ当サイトは本業であるSEO・WEB集客のプロという立場を活かした内容、及びブランディングに努めているわけです。

 

アフィ子アフィ子

専門的な記事を自分が書けない場合はどうすれば良いの?

秋田 健秋田 健

その場合は単価は高くなりますが、専門知識を持ったライターを募ることも可能です。ただそもそも専門知識もないのに専門サイトを運営すること自体、将来的な運営は難しくなっていくと思います。

 

改めてお伝えしておくと・・・

外注は専門的な内容には向きません。

 

言い方は悪いですが、誰でも一定の知識があったりネット上の情報だけでなんとかなるようなジャンル」だけ外注するようにしましょう。

 

例えばスマホの話だったり、家事の話は比較的誰でも一定の知識があるのでそのようなジャンルの場合は外注と相性がいいでしょう。

 

家事の話などはもしかすると外注の主婦ライターさんの方が詳しいかもしれません。

 

また、「口コミや評判系」は誰がやってもネットから口コミを集めてくるだけなので外注と相性が良いです。

このように、あなたやライターの方が持っている「知識が不要でありネットの情報をかき集めてくるような記事」であれば専門的なジャンルでも相性はいいでしょう。

⑤ディレクションを自分でやってしまう

外注先には2パターンあります。

 

(1)自分でライターにお願いするパターン

(2)ライターを抱えている企業に外注するパターン

 

私のお勧めは2のパターンです。

 

(1)自分でライターにお願いするパターン の代表例は「クラウドワークス」などです。

クラウドワークスのようなやり方は仕事内容とライターさんをマッチングしている「掲示板のような役割」なので、ライターさんのディレクションは自分で行うことになります。

 

「ネットからコピペしてきた記事ではないか」「誤字脱字はないか」等々の機能は基本的には全て自分で行わなければいけません。

 

これに対して(2)ライターを抱えている企業に外注するパターン は上記のような作業やライターのディレクションを「全て外注先の企業」がやってくれます。

 

さらに抱えているライターも一定の水準をクリアした方のみとなります。

全くの素人はいないのかもしれません。

 

当たり前ですが、こちらの方が楽ですし一定の記事クオリティが保証されます。

ただしこのパターンは自分でライターにお願いする(1)のパターンよりも「多少予算が膨らむ」というデメリットがあります。

 

クラウドワークスであれば1文字0.5円で頼めたりします。

それこそ「あなた」とライターさんで「文字単価あるいは記事あたりの単価を決める」ことが出来ます。

 

企業に依頼すると安くても1文字1円です。

もちろん単価の交渉は可能ですが、なかなか難しいと思っていてください。

 

この費用面の差と作業量やクオリティの差をどう判断するかはあなた次第ですが、私はせっかく外注したのに誰のチェックも通っていないゴミ記事があがってきたり、無駄な作業が発生するのは本末転倒だと思っているので企業にお願いしています。

 

<ポイントまとめ>

(1)自分で依頼:ディレクションは自分。単価交渉〇。クオリティは不安定。

(2)企業に依頼:ディレクションは企業。単価交渉△。クオリティは安定。

 

上記ポイントを押さえておいてください。

 

【関連記事】

 

⑥最終的なCVを意識した記事にはならない

ライターはあくまでライターです。

そのためあなたが売りたい商品をどう売るか」まで考えて記事を書いてくれるわけではありません。

 

その商品をお勧めする為の布石を文章内に入れたり、魅力を紹介してくれることは指示を出さない限りありません。

 

上述でも説明しましたが・・・

この指示を出すことだって「稼ぎ方」「ノウハウ」がなければ出すことは出来ません。

 

ある意味、「ライターを育てる」くらいのレベルでなければ外注化は難しいのです。

 

ちなみに、私は基本的にライターさんには全て指示を出します。

 

<指示の例>

・タイトル(指定)

・見出し(指定)

・本文(書き方マニュアル提供)

・購入の導線

など。

 

購入への導線は「ユーザーの心理」まで伝えて書いてもらっています。

 

すると、どうなるか。

おこがましいですが、ライターさんのレベルが上がっていきます。

 

さらに私とライターさん、どちらにもメリットが生まれます。

私の場合には「求めている記事が納品され、育ててしまえばまた依頼することが可能」であること。1から指示する手間が省けますよね!

 

そしてライターさんにとってはスキルが上がることで、「他の依頼を受けてもクオリティの高い記事を納品することができ、評価が高まる」ということです。

 

実は実際に私の専属ライターさんに言われたことです。

そして、そのライターさんは今もライターの仕事をしながらアフィリエイトを始めました(笑)

 

それこそ私の「0Start~放置システム最短サイト構築~」を購入し、今では月に50万以上をアフィリエイトだけで稼いでいます。

 

少し脱線してしまいましたが・・・

上手く指示を出さない限り、外注しても最終的な商品のオススメなどは自分で多少修正して強化する必要になることもあります。

 

何度も言いますが、外注する以上は「まずは自分」が完成していないと「時間とお金を無駄にしてしまう可能性が高い」ことを念頭に入れておいてくださいね!

 

【実際の作成マニュアル】

※このまま渡しているわけではありませんが、ライターさんに伝えていることはここに書いてある通りです。

 

【関連記事】

 

◆記事外注の成功例

記事外注の成功例

 

では上記の失敗を経て私が外注化で成功した事例やパターンを紹介していきましょう。

 

成功した事例①口コミ・評判・レビュー系の記事

②商品・サービス比較記事

③一般情報をかき集めた記事

④クリック型広告のサイト

では順番に説明していきます!

①口コミ・評判・レビュー系の記事

先程もチラッと触れましたが・・・

「口コミや評判・レビュー系の記事」は比較的外注と相性が良いです。

 

口コミや評判は自分で集めるというよりもネットやSNSの情報から実際の口コミを「拾って来る」という形で記事を書いていくことになるでしょう。

 

つまり、「自分がやっても初心者の方がやっても情報源が変わらない」ので「記事内容もあまり変わらない」のです。

 

このような記事であれば外注しても想像していた内容と全然違うというようなことにはなりづらいですから、外注に向いています。

 

ただし、注意してほしいのは「口コミ・評判・レビュー系」の記事は非常に商品購入やCVに辿り着く可能性が高く、「収益の柱になる記事」なのでクオリティは必ず自分で確認しましょう。

 

  • 「商品の魅力は正しく伝わっているのか?」
  • 「商品への誘導や導線は綺麗か?」

 

など記事の最後らへんで行う成約へ向けた内容はよくよくチェックしましょう。

 

※前編・後編の二部構成

②商品・サービス比較記事

商品やサービスの比較系記事も外注と相性が良いです。

理由は口コミ系の記事と一緒で「誰が書いてもあまり変わらないから」です。

 

<例えば>

【レンタルサーバー比較記事】

・エックスサーバーの料金や特徴

・ミックスホストの料金や特徴

 

などは誰が調べても「決まった答え」がありますよね。

 

アフィ男アフィ男

確かに商品とかサービスって値段とかも決まっているから、比較的誰でも書けるかも!

秋田 健秋田 健

その通りです!「商品のことを正しく理解してどこに違いがあるのか」さえ調べて貰えばどんなライターの方でも書けます。

 

つまり「調べてまとめる」という能力さえあれば、たとえ素人ライターさんであろうと、書きやすい記事内容となるわけです。

 

ただしこちらも「非常に成約に繋がりやすい記事」なのでちゃんとチェックすることをお勧めします。

③一般情報をかき集めた記事

サイトや記事の中でも「ただただ一般情報を集めた記事」が必要な場合もあるでしょう。

 

例えば・・・

 

・結婚式費用の相場

・スマホの設定方法

・喫煙者のガン発症率

 

などは調べれば分かる情報であり、誰が調べても結果は同じ。というパターンです。

このような記事をアップしたい場合はあなたが調べて書く必要はありません。

 

外注してもライターがあなたと同じように調べて書いてくれますから大きな差は出ないでしょう。 

④クリック型広告のサイト

最後に商品を勧める必要がないパターンのサイトも相性が良いです。

つまり物販や情報商材アフィリエイトではなく、Googleアドセンスなどの「クリック型広告で収益を作っていくサイト」です。

 

外注してどうしても修正が必要になるのは「商品の訴求内容」です。

自分が詳しい&収益に繋がる書き方を知っているがゆえに、気になって修正してしまうのです。

 

そうであれば商品をお勧めせずに・・・

「クリック型広告だけで稼ぐ外注用サイトを作るというのも1つの手」です。

 

物販アフィリエイトなどと比較すると収益額は小さくなりますが、アクセス数がものをいうクリック型広告サイトとガンガン記事を執筆できる外注は相性が良いのです。

 

その代表例が「トレンドアフィリエイト」と言われる「流行り」「時事」を扱ったサイトです。

 

記事をガンガンアップしてSNSでバズらせて収益を稼いでいくことが出来れば外注代を考えても利益が出ます。

もちろんSNSも自動でアップできるようなプラグインを入れて自動化しておきましょう。

 

中にはGoogleアドセンスと物販アフィリエイト(ASPアフィリエイト)を併用したい!と考える方もいると思います。

その場合は以下の記事を参考にしてみてください!

 

 

◆記事外注のおすすめ企業

記事外注のおすすめ企業

 

最後に記事外注を考えている方の為におすすめの外注先を紹介しておきます。

私がおすすめなの「Shinobiライティング」です。

 

私の本職はSEOコンサルタントなので、たくさんのライティング企業を知っています。

「Shinobiライティング」も本業で知ったライティング企業であり、何社も知っている中で「圧倒的に優秀」だったので勝手ながら副業でも使わせてもらっています。

 

実は社長にも会ったことがあります。

もちろん向こうは私がアフィリエイターであることを知りませんが。

 

「Shinobiライティング」はライターのディレクションやコピペチェック・誤字脱字チェックを含めてやってくれるライティング企業としては安く、1文字1円で記事を書いてくれます。

納品も早く満足しています。

 

もちろん記事の内容はライターによるので保証は出来ませんが、私は1文字1円でこのクオリティならOKと思えるレベルの記事が毎回納品されます。

担当者が付いてくれるので分納など様々な希望を聞いてくれます。

何より、私は本業でクラウドワークスのプレゼンを聞いているので安心して任せられます。

 

独自のツールを使ってSEOに強くユーザーインテントを満たす記事を書くことにメチャクチャこだわって執筆してくれています。

その辺のSEOコンサル企業よりGoogleに詳しいですからね(笑)

 

プレゼン聞きながら「アフィリエイトではここに外注しよう」と思いました。

「安くて早くて安心」という吉野家のような3拍子が揃っています。

 

特に私の場合はSEOに詳しい為、タイトルや見出しまでエクセルで様々な指示が出来るのは助かっています。

 

もちろん詳しくない方でも「全部お任せ」ということも可能で、その場合は「Shinobiライティング」が独自のツールでSEOに強い記事を書いてくれるので安心です。

 

私でもやらないようなサジェストのキーワード1,000個引っ張ってきて頻出キーワード調査とかユーザー心理とか全部分析してくれるので、凄いですよ。

割引もあったりするので良かったらお試しで使ってみると良いかと思います。

 

【公式サイトはこちら】

Shinobiライティング

 

外注は失敗する可能性があるものの、外注しても成功する記事のパターンさえ分かってしまえば非常に便利なサービスです。

 

経費に出来ますから節税にもなります。

成功パターンを見つければ良いことしかありませんので視野に入れることをお勧めします!

 

当記事での解説は以上となります。

最後に私が執筆した「稼ぎ方」の本質を公開した「0Start~放置システム最短サイト構築~」について簡単に紹介をしておきます。

 

本文でも少し触れましたが・・・

「努力前提」ですし、「本気でアフィリエイトで稼ぎたい」と思っている方でないと「時間とお金」を無駄にしてしまいます。

 

もし興味のある方は最後までお付き合い頂けれると幸いです。

 

☆アフィリエイトで稼ぐ「0Start」とは☆

 

まず「0Start」とは・・・

定して継続的に稼ぐ為の放置システムを最短最速で構築するためのアフィリエイト教材」になります。

 

<こんな不安を解決>

 

 

<如何にして放置で稼ぐか>

時間がない中で、最短最速で「稼ぐ仕組み=放置システム」を作り上げること。

 

※0Startで公開しています。

 

私は普段サラリーマンをしています。

つまり、日中はほぼ放置した状態で「月収100万円」を安定して継続的に稼いでいます。

 

<どんな方でも簡単実践可能!>

 

そんなことは一切関係ありません

 

ありがたいことに、数多くの方からご質問を頂く中で多かった質問が・・・

 

「どうやって月収100万を稼いだんですか?」

 

これに親身にご回答したいのは山々ですが、とんでもない文量になってしまいます。

そこで、「本当に知りたい」「本気で稼ぎたい」という方だけにお伝えしたいと考え、アフィリエイトのバイブル「0Start~放置システム最短サイト構築~」の販売に踏み切りました。

 

後悔はさせないほどの圧倒的なノウハウと特典の数々。

そして、手にして頂いたならば、実践し、極論真似してください

現時点で私が持ちうる全てのノウハウを「0Start」に注いでいます。

 

これからのアフィリエイトライフの一助に「0Start~放置システム最短サイト構築~」がなれば幸いです。

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

でわ!秋田 健でした!

 

<合わせて読まれている記事>

 

限定特典付き「AFFINGER5(WING)」購入はこちら

限定特典付きAFFINGER PACK3(WING対応)購入へ

 

無料メルマガ「アフィマガ」について

サイト未完成向けメルマガ登録ページ

サイト完成済み向けメルマガ登録ページ