こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

アフィリエイトで1サイト目を立ち上げ、ある程度の記事数を投下すると

 

アフィ子アフィ子

どのぐらいのサイト数を立ち上げればいいの?

アフィ男アフィ男

サイト数と収益額の目安ってあるのかな?

秋田 健秋田 健

彼らのような疑問を持つ方が出てくるのではないでしょうか

私も1サイト目の収益額がある程度まとまってきた時に同じようなことを考えました。

そして複数サイト立ち上げたからこそサイト数と収益額の相関性や立ち上げるべきサイト数を知ることが出来ました。

この記事ではアフィリエイトで稼ぐための平均サイト数や収益との関係、さらにサイト数の正しい考え方について紹介していきます。

 

◆一般的な平均サイト数は?

一般的な平均サイト数は?

 

アフィリエイターの運営サイト数は以下のようになっています。

 

月収運営サイト数
1,000円未満2.3サイト
3万円以上5.2サイト
全体3.4サイト

出展:日本アフィリエイト協議会

 

これが平均運営サイト数です。

秋田 健秋田 健

多い少ないは人それぞれ感想があると思いますが、私は非常に多いとビックリしました!

何よりも月収1,000円未満のアフィリエイターが2サイト程度運営していることに驚きました。

私の経験上、2サイト運営しているのに月収が1,000円に満たない方は明らかにやり方が間違っています。

少し厳しい言い方になりますが、中途半端なサイトを複数作って途中で投げ出してしまったのではないかと思います。

 

上記のデータから見れば、月収3万円以上稼ぐためには5サイト程度運営する必要があるということです。

ただし、あくまで平均ですし私個人の見解からすると5サイト正しく運営すれば月収100万円は余裕で目指せます。

実際、私は今このサイトを含めて4サイト運営していますが月収100万円以上は安定して稼げています。

 

※正しいサイト運営の仕方は当ページ内の

クリック型アフィリエイトのサイト数

ASP型アフィリエイトのサイト数

で解説しております。

 

◆アフィリエイト収益とサイト数の相関性

アフィリエイト収益とサイト数の相関性

 

平均を紹介しておきながらですが、ここからは私の経験上の話をさせて頂きます。

たくさんのアフィリエイターさんのコンサルをしたり、アフィリエイト仲間の実績、webコンサルタントとして長年培った経験を元にお伝えさせて頂きます。

結論からお伝えすると、アフィリエイト収益とサイト数は比例しません。

当たり外れがありますし、参入するジャンル・サイトの質などに左右される為です。

 

ただよくあるパターンでまとめると以下の表ぐらいになります。あなたの目標に応じて以下の表を元にサイト数を考えて下さい。

 

月収サイト数
5~10万円1サイト
10~30万円2サイト
30~50万円3サイト
50~80万円4サイト
80~100万円以上5サイト以上

 

あくまでこれは目安と考えて下さい。

私の場合は1サイトで月収100万円に到達しているので、一概には言えません。

 

ちなみにですが、アフィリエイトで新しいサイト立ち上げを考えるのは以下の2点の場合を除いてありません。

 

新しいサイトを作るパターン①「既存サイトでやりきったうえで」新ジャンルに挑戦する場合
②リスクヘッジをする場合

 

この2パターン以外で新しいサイトを作るという考えを持つと失敗します。

1サイトしっかり作りあげて10万円程度まで収益を伸ばしてから新サイトを検討する。というぐらいで考えて下さい。

1サイト目が10万円まで伸びていない方は以下の記事を参考にして伸ばしてください。

アフィリエイト収入が伸び悩む原因と伸ばす3つの方法

 

アフィ子アフィ子

サイト数と収益額の関係があまりないなら何サイト運営すればいいの?

アフィ男アフィ男

稼ぎたい額にもよると思うけど正しい運営サイト数を知っておきたいな!

秋田 健秋田 健

ではここからはアフィリエイトの種類ごとに正しいサイト数を解説していきましょう

 

◆クリック型アフィリエイトの正しいサイト数

クリック型アフィリエイトの正しいサイト数

 

まずはクリック型アフィリエイトの正しい運営サイト数を解説していきましょう。

クリック型アフィリエイトとはGoogleアドセンスを代表としたアフィリエイトの種類で、広告がクリックされただけであなたに収益が入るネットビジネスです。

このパターンのアフィリエイトであれば、運営すべき正しいサイト数は1or2サイトです。

 

クリック型アフィリエイトの場合、基本的にはトレンドアフィリエイトと呼ばれる手法で稼ぐことになります。

決まったジャンルに特化してサイトを作るパターンではなく、今話題になっていることについて書く為テーマは特に決まっていません。

昨日はドラマについて書いていたと思えば、今日は旅行に行ったことを書いているというようなことが起きます。

つまり、前述した「既存サイトをやりきったから新しいサイトを作る」ということは有り得ません。

テーマが決まっていない為、複数のサイトを立ち上げる必要がありませんからね。

 

新しいサイトを立ち上げる可能性があるとしたらリスクヘッジの為です。

1サイトのみの運営では、そのサイトがペナルティなどで急に順位下落した場合収益が0円になる可能性すらある為、リスクヘッジとして2サイト目を立ち上げるのは考えられます。

アフィリエイトは危険?潜むリスクと3つのリスクヘッジとは

 

ただし、あまりたくさんのサイトを立ち上げるのはやめましょう。

SEOを知っている方ならお分かりかと思いますが、記事数が多くサイト規模が大きい方がGoogleの評価を高めることが出来ます。

つまり、検索エンジンで上位表示されやすくなりますから運営するサイトを絞って育て上げる方が効率的に収益額を伸ばすことが出来ます。

アフィリエイトサイトを検索エンジンで上位表示させる仕組みとは

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

 

◆ASP型アフィリエイトの正しいサイト数

ASP型アフィリエイトの正しいサイト数

 

次にASPアフィリエイトにおける正しい運営サイト数を解説していきましょう。

いわゆるアフィリエイトの王道で、ASPと提携し企業の商品やサービスを紹介することで成果報酬額を得るネットビジネスです。

これは人によって意見が変わると思いますし目指す収益額によっても変わりますが、私個人の意見で言えば3~5サイト程度がおすすめです。

これだけのサイト数を運営すれば月収100万円~200万円まで目指せます。

年収でいえば1200~2400万円です。これ以上欲しい方はさらにサイトを追加してもいいですが、別の投資に手を出した方がいいかもしれません。

 

基本的にアフィリエイトはどのジャンルでも正しいやり方でサイトを育て上げれば、1サイトで30~50万円程度は稼げます。

1サイトの収益がそれ以下の場合は「正しいやり方を知らない」or「作業量が足りない」と考えて下さい。

アフィリエイトの正しいやり方は以下に全てまとめております。

アフィリエイト入門

 

また、新しいサイトを立ち上げることは収益効率が悪くなることを知っておいてください。

アフィリエイトは最初の1円を生み出すことが大変であり、その後は一気に収益額が伸びるというのが一般的です。

実際に私の収益額も以下のように伸びています。

1ヶ月目:0円

2ヶ月目:3,000円

3か月目:30,000円

4か月目:212,000円

5ヶ月目:524,000円

6か月目:1,025,000円

収益額は人によりますが、右肩上がりでグイグイ伸びています。収益化出来たアフィリエイトサイトをたくさん見てきましたが、努力を続けていればほぼ例外なくこのような上がり方をします。

これはアフィリエイトの特性というよりはGoogleの特性上です。

 

Googleは新しいサイトを信用するまで約3か月ぐらい様子を見ますし、アフィリエイターの記事を書くペース的にもGoogleに評価される程度の記事数(50~100記事)を書き終えるまで3か月ぐらいはかかります。

その為、サイトを立ち上げてから狙ったキーワードで上位表示されるまでに最低でも3か月程度かかるわけです。

そしてその後は質の高い記事を上げれば、インデックスされた瞬間からTOP5に入れたりします。

これが収益額が急激に伸びるカラクリです。

 

SEOコンサルタント時代に数え切れないほどのサイトを見てきましたが、どのサイトでも共通して同じように右肩上がりでアクセス数がグイグイ伸びていきます。

つまり、既存サイトを強化すれば収益額をグイグイ伸ばせるのに対して、新規サイトを立ち上げると一旦収益額は横ばいになってしまいます。

もちろん3か月後に新規サイトがグイグイ伸びてくる可能性はありますが、成功する確証もありませんから成功しているサイトを強化した方が効率的&確実に収益額を伸ばせるということです。

だからこそ新しいサイトを作るのは以下2パターンでしかやってはいけないのです。

 

新しいサイトを作るパターン・「既存サイトでやりきったうえで」新ジャンルに挑戦する場合
・リスクヘッジをする場合

捨てサイトを作ることがないように、しっかり1サイト1サイト完成させてから新しいサイトを作り始めましょう。

 

◆1サイトに入れるべき記事数

1サイトに入れるべき記事数

 

アフィ子アフィ子

1サイトちゃんと育て上げるってだいたいどのぐらいの記事数が必要なの?

アフィ男アフィ男

確かに次のサイトに移る目安が欲しいね!

秋田 健秋田 健

ではこの項目では記事数に着目してサイトの完成度を解説していきましょう

結論からお伝えすると、1サイトに入れるべき記事数は100~500記事です。

最低でも100記事、参入するジャンルによっては500記事程度。場合によってはさらに記事数を入れることも視野にいれるべきです。

100~500記事とかなり幅が広くなってしまって申し訳ないのですが、これはジャンルによって大きく変わるので仕方ありません。

アフィリエイトで稼げる記事数を解説!あなたの場合は何記事?

 

あなたのジャンルでどの程度記事を書けばいいのかは、上位表示されたいキーワードで検索してみて実際に上位表示されているアフィリエイトサイトの記事数で判断することが出来ます。

だいたいどのジャンルにもメチャクチャ強いアフィリエイトサイトがあります。あなたが上位表示されたいキーワードを調べると、常に上位にいるようなサイトです。

このサイト常に出てくるやん・・・と思ったらそのサイトの記事数を見てみましょう。

アフィ男アフィ男

確かに常に出てくるアフィリエイトサイトってあるよな・・・

秋田 健秋田 健

もちろん記事数だけではなく、記事の質も非常に大事ですが目安としてどの程度の記事数を書けば上位表示出来るのかが判断できますよね。

上位表示されているアフィリエイトサイトと同じぐらいの記事数を書き、同様に上位表示されるようになれば相当額の収益が生み出せますから、それがゴールです。

それまではただひたすら努力あるのみです!

 

勘違いして欲しくないのは前述したように記事数だけが全てではないということです。

上位表示されているサイトの記事は1記事ごとに5,000字ぐらい書いているのに、あなたのサイトでは1記事1,000字程度では絶対に勝てませんから、あくまで目安と考えて下さい。

質の高い記事を書く方法やSEOに強いサイト構成については以下の記事で解説しているので参考にして下さい。

売れるアフィリエイトサイトの構成と設計方法をSEO専門家が解説

アフィリエイトで売れる記事の書き方!月収100万円稼いだ記事構成とは?

 

◆ペラサイトやバックリンク用のサイト数

ペラサイトやバックリンク用のサイト数

 

アフィリエイトに取り組む際や進めていく中で、「ペラサイト量産」や「バックリンク用サイト」というような言葉を目にしたのではないでしょうか。

知らない方の為に解説しておくと

 

ペラサイトとは1ページしか存在しないサイトで、商品やサービスを販売する為に作られた縦になが~いページ(サイト)です。1ページ内で商品の特徴や魅力を伝えきり成約に結びつけるようなページ(サイト)になっています

 

バックリンク用サイトとはサテライトサイトとも呼ばれ、上位表示させたいサイトに外部リンクを貼る為だけに作られたサイト。ブラックハットSEOとして有名な手法であり企業がバックリンク用サイトを売っている

結論からお伝えすると、上記2パターンのアフィリエイト手法はおすすめしません。

 

まずはペラサイトについて

SEOを知っている方ならまずやらない手法です。

前述したようにGoogleはサイトの規模が大きなサイトの評価を高めます。正確に言うと、ページ数がたくさんあるので1ページ当たりに貼られている内部リンクの総量が多い為に評価が上がります。

でなければ楽天やアマゾンのようなただ商品を羅列したようなサイトが上位表示されないですよね。

大型ネット通販サイトが上位表示される主要因は圧倒的なページ数です。

ペラサイトは明らかにこれに逆行しております。

サイトのパワーが非常に弱い為、Googleなどの検索エンジンで上位表示されることはありません。

実際にあなたが上位表示されたいキーワードを検索してみて下さい。絶対に上位表示されているサイトにペラサイトはないはずです。

 

ペラサイトで稼ごうと思ったらリスティング広告を出すしかありません。

お金を払えばGoogleで上位に表示される為、サイトの強さに関わらずお金さえ積めばいいわけです。

しかしこの方法もある程度アフィリエイトで収益があればいいですが、初心者の方がいきなり投資するのは気が引けると思います。

さらにいえば、あなたのジャンルで上位表示されたいキーワードは企業も欲しいキーワードであることが多いので企業がリスティング広告を出していることが大半です。

個人と企業では投資できる費用に圧倒的な差がありますから、戦うべきではないでしょう。

 

次にバックリンク用のサイトを作ることについて

これは最悪の手法です。個人的な意見としては絶対にやらないことをお勧めします。

前述したようにGoogleはリンクの集まっている記事やサイトの評価を高めます。内部リンクももちろんですが外部リンクの方が有効です。

外部リンクは自然な場合、あなたのサイトが有益である為に他サイトであなたのサイトが紹介されるパターンです。これは最高です。

そのサイトからの流入も期待できますし、他サイトから紹介されたことによりGoogleからの評価も上がります。

しかし、これを人工的にやるのがバックリンク用サイトを作ることでありブラックハットSEOと呼ばれる手法です。

Googleは検索ユーザーにとって有益なサイトを上位表示させることを徹底しています。その為、人工的に外部リンクを貼る為だけのサイトからリンクを貼り評価を高めるような手法を認めるわけがありません。

絶対NGと公言していますし年々取り締まりが厳しくなっています。

もしあなたがこれに手を出してGoogleにバレてしまった場合、ペナルティというものが与えられて検索順位が急激に下がります。

最悪の場合、1位だったキーワードでも100位圏外まで飛んでしまう場合もあります。

こういうパターンをwebコンサルタントとして腐るほど見てきました。

せっかく努力して作りあげたサイトで一定の収益が作れていたのに、ペナルティで順位が下がったら収益が急に0円になってしまう可能性があるのでやらないことをおすすめします。

これを知っているからこそ私は一切人工的な外部リンクに手を出していませんし、それをせずに半年間で月収100万円を達成したので不要であることは私が証明します。

 

アフィリエイトは努力せず簡単に稼げるネットビジネスだと思って始めるからこういうことをしてしまうのでしょう。

アフィリエイトは努力をした分だけ収益で返ってくるネットビジネスです。

忘れないでください。努力ありきです。

 

◆アフィリエイトで稼ぐためのサイト数まとめ

最後にこの記事の内容をまとめておきましょう!

・一般的なアフィリエイト運営サイト数は3.4サイト

・アフィリエイト収益とサイト数は完全には比例しない

・新しいサイトを作っていいのは既存サイトを完成させてから

・クリック型アフィリエイトなら1or2サイトで戦う

・ASP型アフィリエイトは3~5サイトで戦う

・1サイト1サイトきっちり完成させることが収益最大化の秘訣

・1サイトに入れるべき記事数は競合アフィサイトを見て判断する

・ペラサイトで稼ぐならSEOではなくリスティング広告

・バックリンク用サイトは手を出さないこと

 

以上

アフィリエイトで稼ぐならサイト数を気にするのではなく、1サイト1サイト仕上げていくことが重要だということが伝わっていれば幸いです。

 

では!

秋田 健でした!

 

<合わせて読まれている記事>

アフィリエイトはロングテール対策とキーワードずらしで最速収益化!

 

アフィリエイトのレビュー記事の書き方を伝授!収益額が変わります

 

アフィリエイト記事の文字数目安は?多い少ないの判断基準とは