アフィリエイトはロングテール対策とキーワードずらしで最速収益化!

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

アフィリエイトで稼ぐためには「キーワード選定が一番のキモ」ということはご存知の方が多いと思います。

「ライバルが少なく流入を独占できるようなキーワードを選定する」ことで、Googleなどの検索エンジンで上位表示され収益化しやすくなるのは間違いありません。

しかしSEOコンサルタントである私から見ると「正しくキーワード選定出来ているアフィリエイトサイトが非常に少ない」と感じています。

そこでこの記事では・・・

アフィリエイトにおける「キーワード選定の考え方と具体的な手法」の2つを解説させて頂きたいと思います。

これが出来るようになると早い段階から収益化することが出来ますし、後々大きな収益額を得ることが出来ますので、しっかりと自分のノウハウにして頂ければ幸いです。

アフィ子アフィ子

でもキーワードってどうやって選んだらいいの?

アフィ男アフィ男

ライバルが少なく収益化出来るキーワードってどう探すの?

秋田 健秋田 健

彼らのような悩みを抱えている方は是非参考にして下さい!

◆アフィリエイトにおけるキーワード選定の考え方

アフィリエイトにおけるキーワード選定の考え方

まずアフィリエイトにおいて収益化していく為に必要なキーワード選定の考え方を解説していきましょう。

結論からお伝えすると「ロングテールワード狙い」「ずらしキーワード狙い」を徹底的に行ってください。

※それぞれ言葉の意味は後述します。

これが出来ないと「アフィリエイトで収益化すること」「まとまった金額」を稼ぐことは出来ません。おそらく収益化で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そもそも前提として、「Googleなどの検索エンジンでどうやったら上位表示されるのか」ということは、ほぼ全ての企業が考えています。

その為、大金を使って私が以前いたようなSEOコンサル企業に依頼をしたり、外注で記事を書きまくったりしています。

ここで皆さんに質問です。

SEOコンサルタントが専門的な知見を活かして企業サイトをSEO最適化していたり、毎月数十・数百という記事をアップしているような企業サイトに、あなたが個人で運営しているようなアフィリエイトサイトが勝てるでしょうか。

アフィ子アフィ子

そんなの勝負にすらならないよ~

秋田 健秋田 健

その通りです!ですから答えはもちろんNOですね。

使っている金額も人的資源も個人と企業では桁が違いますから、勝てるはずがありません。

つまり、「いかに企業サイトとの戦いを避けて流入を獲得するか」ということがアフィリエイトでは重要になります。

その為に必要なテクニックが「ロングテールワード狙い」「ずらしキーワード狙い」です。

これが出来るようになると企業サイトが存在しないようなブルーオーシャンを見つけ、流入を独り占めすることが可能になるので収益化出来るスピードが上がるだけではなく、まとまった収益額を得ることも出来ます。

さらに、このテクニックはジャンルやテーマを問いません。

どんなアフィリエイトサイトでも必須のテクニックとなりますので、一度出来るようになってしまえばどんなジャンルでも稼げるアフィリエイターになれます。

アフィ子アフィ子

なんか凄そうなテクニックだけど初心者の私でも出来るのかな・・・

アフィ男アフィ男

収益化する為に必須のテクニックなら是非知っておきたいね!

秋田 健秋田 健

初心者の方でも出来るようにこの記事で必要な知識やノウハウを解説するので安心して下さい!

但し、勘違いしないで頂きたいのは・・・

これは確かにテクニックであり、「小手先のテクニック」と言われればそうです。

ここでお伝えするのは、確かにキーワード選定において有用なテクニックではありますが、「このテクニックが全て」では当然ありません。

サイトがあり、記事があり、稼ぐための導線があり・・・

収益化は様々な要素が絡み合っています。

ですから、この記事をご覧になって頂いている方には、ここでお伝えする「テクニック」はあくまで「流入を増やし収益化するための一つの手段」という認識を持って頂きたいと思います。

「稼ぎ方」については「アンリミテッドアフィリエイト」を手に取った方はよく理解していらっしゃると思います。

さてうるさいことはここまでにして・・・

早速「ロングテールワード狙い」「ずらしキーワード狙い」について詳しく紹介していきましょう。

◆ロングテールワードとは

ロングテールワードとは

ロングテールワードという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

簡単に言えば、「検索数が少ないキーワード」です。

そもそもキーワードには大きく分けて3つの種類があります。

キーワードの種類
  • ビックワード
  • ミドルワード
  • ロングテールワード

それぞれの検索数と目安はというと・・・

検索数目安(回/月)
ビッグ2,000
ミドル500~2,000
ロング500未満

これは、検索ワードがいくつ掛け合わされているかで判断するのが分かりやすいでしょう。

例えば「アフィリエイト」というキーワードの場合は以下のような考え方になります。

具体例
  • ビックワード⇒アフィリエイト
  • ミドルワード⇒アフィリエイト 収益化
  • ロングテールワード⇒アフィリエイト 収益化 最速

このように、3語以上の掛け合わせで検索数が少ないキーワードロングテールワードと呼びます。

分かりやすく図解すると以下のようなイメージです。

ロングテール対策

前述したように、企業は大金をはたいてSEO対策に取り組んでいますし、記事を外注するにもお金がかかりますからビックワードやミドルワードを狙って費用対効果を上げようとします。

お金を払っているわけですから、検索数が大きいところを狙いたいのは当たり前ですよね。

だからこそ我々個人が狙うべきはロングテールワードであり、それが結果としてブルーオーシャンなのです。

もっと言えば、ロングテールワードはほぼ無限に存在します。

「アフィリエイト 収益化」の後に続くキーワードなんて無数にありますよね?

例えば
  • 「アフィリエイト 収益化 方法」
  • 「アフィリエイト 収益化 仕組み」
  • 「アフィリエイト 収益化 難しい」
  • 「アフィリエイト 収益化 記事数」

ほぼ無限に存在するからこそライバルも散らばる為、上位表示されやすくなります。

このようにロングテールワードを狙うことでライバルが少ないブルーオーシャンを独り占めする方法が「ロングテールワード狙い」です。

◆ずらしキーワードとは

ずらしキーワードとは

次に「ずらしキーワード」について解説いたします。

簡単に言えば、「似たような言葉で別の言い回しにするキーワード」です。

例えば「収益化」を例に挙げると、似たようなキーワードとして以下のようなものが挙げられます。

「収益化」のずらしキーワード
  • 稼ぐ方法
  • 稼ぎ方
  • 収入を得る
  • 儲け方

このように日本語には同じような意味でも言い回しがいくつかありますよね。

そういったキーワードを探してブルーオーシャンを見つけられる手法が「ずらしキーワード狙い」です。

例に挙げた「アフィリエイト 収益化」で言えば、

例えば
  • 「アフィリエイト 収益化」
  • 「アフィリエイト 稼ぐ方法」
  • 「アフィリエイト 収入を得る」
  • 「アフィリエイト 儲け方」

実際に検索してみれば分かりますが、これら全て検索結果に表示されるサイトが変わります。

どれが一番ライバルが少なく上位表示される可能性が高いのかということを判断して、キーワードを「ずらす」のがキーワードずらしです。

◆ロングテールワード対策のコツ

ロングテールワード対策のコツ

「ロングテールワード狙い」「ずらしキーワード狙い」それぞれの意味について理解して頂いたところで、まずはロングテールワードの対策方法について具体的に解説していきましょう。

1.ロングテールの探し方

まずロングテールワードの探し方について解説させて頂きます。

ほぼ無限に存在するロングテールワードですが、誰も検索しないキーワードを探しても仕方がありません。

それこそ自己満足になってしまいます。

ですから「一定の検索数があるロングテールワードを探すことがキモ」です。

利用するのは「Googleサジェスト」という機能です。

サジェストとは?

Googleで何かを検索した際に検索結果の一番下に出てくるキーワード群のことを指します。

以下は「SEO対策」と検索した際のサジェストです。

Googleサジェスト機能

サジェストは検索したキーワードに関連する&良く検索されるキーワードが並んでいます。

つまり「一定の検索数があるキーワードを見つけることが出来る」ということです。

これを利用してロングテールワードを見つける方法を紹介しましょう。

step1:ミドルワードを見つける

まずロングテールワードを見つけるためには、一段階上であるミドルワードを見つけましょう。

この際、便利なツールは「関連キーワードツール」というものです。

※無料なので安心して下さい。私も愛用しています。

このサイトを開くと以下のような画面になりますので、「検索キーワード」という欄にビックワードを入力するだけでミドルワードを洗い出してくれます。

サジェストツール

以下は「ブログ」というビックワードを入力して検索した際の画面です。

サジェストツール例

このように「ブログ」に続くキーワード群を五十音順で表示してくれます。

これでミドルワードをたくさんGET出来ましたね。

step2:ロングテールワードを見つける

先程洗い出したミドルワードを実際に検索してみて下さい。

例えば、「ブログ 収入」というミドルワードを検索してみましょう。すると以下のように「ブログ 収入」に続くテールワードがサジェストに並んでいます。

サジェスト⑤

関連ワードが並ぶ機能なので全てがテールワードとは限りませんが、以下のようなテールワードを見つけることが出来ました。

サジェスト例
  • ブログ 収入 一般人
  • ブログ 収入 アメブロ
  • ブログ 収入 おすすめ
  • ブログ 収入 平均
  • ブログ 収入 初心者
  • ブログ 収入 副業
  • ブログ 収入 pv

1つのミドルワードでこれだけのロングテールワードを見つけることが出来ました。

あとはこれらのロングテールワードについて記事を書いていくだけです。

アフィ子アフィ子

これなら私でも出来そうかも

アフィ男アフィ男

こんなに簡単に有効なロングテールワードが見つけられるんだね!

秋田 健秋田 健

そうなんです!この方法なら初心者の方でも困ることなく見つけられます。

2.ロングテールの具体例と注意点

見つけたロングテールワードについてドンドン記事を書いていけばOKなのですが、1つだけ注意して下さい。

あなたの収益源がGoogleアドセンスのようにクリック報酬型であれば、見て貰えることに意味があるので問題ありません。

しかしASPアフィリエイトのように商品やサービスを購入して貰わなければいけない場合は、ロングテールワードの中には収益に直結しないキーワードがあるはずです。

「収益に繋がらない記事を書いても無駄になってしまう可能性が高い」ですから注意しましょう。

アフィ子アフィ子

ん~具体的にはどういうこと?

秋田 健秋田 健

せっかくですから具体例を見てみましょうか!

ダイエットサプリを例に挙げて対策すべきテールワードと、対策する必要のないテールワードを見てみましょう。

対策すべきテールワード
  • ダイエット サプリ おすすめ
  • ダイエット サプリ 比較
  • ダイエット サプリ 人気
対策する必要のないテールワード
  • ダイエット サプリ 飲み方
  • ダイエット サプリ 入れ物
  • ダイエット サプリ 一日何回

勘の良い方は分かったかもしれませんが、対策する必要のないテールワードは「商品購入後の方」が検索するキーワードです。

「ダイエットサプリの飲み方」について記事を書いても「商品購入後の方が読者」になりますから、アフィリンクを貼ったところで購入には至りませんね。

下図のイメージです。

アフィ男アフィ男

ほんとだ!そう言われるとそうだね!今までそこまで意識してなかったかもしれないな

秋田 健秋田 健

初心者の方がよくやってしまいがちなパターンですね!必ず購入を検討している方が検索するであろうテールワードを対策するようにしましょう。

クリック報酬型・ASPアフィリエイトなど種類について知らない方は以下の記事を参考にして下さい。

3.ロングテールで上位表示される方法

ロングテールワードの探し方や注意点を知って頂いたところで、実際にGoogleで上位表示されるテクニックを解説しておきます。

やるべきことはたった2つです。

  • タイトルにロングテールワードを入れる
  • 他サイトに勝るコンテンツを入れる

これさえちゃんと出来れば、そもそもライバルが少ないキーワードを選んでいるので上位表示は比較的容易にできます。

もう少し詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてタイトルの決め方について理解しておきましょう。

◆ずらしキーワード対策のコツ

ずらしキーワード対策のコツ

ロングテールワードについて詳しく把握して頂いたと思いますので、次は「ずらしキーワード狙い」について解説させて頂きます。

1.ずらしキーワードの探し方

まず探し方についてですが、以下のような方法で「ずらせそうなキーワード」を探します。

ずらしキーワードの探し方
  • ①同義語・類義語を検索する
  • ②発想力で生み出す
  • ③サジェストからヒントを得る
  • ④「とは」をつけて検索する

まず「①同義語・類義語を検索する」というのは、実際に検索をしてみる方法です。

例えば先ほどの「収益化」をずらしたい場合は、「収益化 同義語」「収益化 類義語」と検索してみてください。

様々なサイトが同意語や類義語を教えてくれます。

「②発想力で生み出す」というのは、もうシンプルに自分で考えるという話です。

ずらしキーワードは発想力勝負という一面もあるので、同じような言い回しがないか考えてみて下さい。

この辺はまさに語彙力で差が付くポイントですね。

「③サジェストからヒントを得る」というのは先程テールワード探しでも使ったサジェストを利用する方法です。

サジェストには関連語が出てくるので、検索ワードを別の言い方にしたようなキーワードも出てきたりします。

そこからヒントを得て「ずらしキーワード」を探してみましょう。

「④とはをつけて検索する」というのは、ずらしたいキーワードに「とは」を入れて検索してみる方法です。

「収益化とは」などと検索すると、「マネタイズのこと」とか「収益を得る仕組み」とか解説されています。このような情報からずらしキーワードを見つけることも出来ます。

2.ずらしキーワードで上位表示される方法

「ずらしキーワード」で上位表示される方法は、「ロングテールワードで上位表示される方法と同じ」です。改めて確認してみてください。

Googleなどの検索エンジンの仕組みを理解して上位表示を目指してください。

これについては長くなってしまうので以下の記事をご覧頂き、上位表示される仕組みを理解しておいてください。

◆ロングテールやずらしキーワードのメリット・デメリット

ロングテールやずらしキーワードのメリット・デメリット

ここまで「ロングテールワード狙い」「ずらしキーワード狙い」について解説させて頂きましたが、改めてメリットについて解説させて頂きます。

またデメリットについても紹介しておきましょう。

1.メリット

まずメリットは2つあります。

2つのメリット
  • (1)上位表示を狙いやすい
  • (2)成果発生の可能性が高い

順番に説明していきます。

(1)は冒頭にもお伝えさせて頂いた「ライバルが少ない為に上位表示を狙いやすい」ということです。

企業は「ロングテールワード」「ずらしキーワード」を狙わずに、ビックワードやミドルワードなど王道のキーワードを狙いにいく為、勝ち目のない企業サイトとの戦いを避けられます。

また、アフィリエイターがライバルとして出現してきますが「ロングテールワード」「ずらしキーワード」はほぼ無限にあるため、他アフィリエイターがまだ狙っていないキーワードを狙える可能性が高いです。

あなたの発想と調査次第で流入数を独占することが出来ます。

さらにライバルが少ないからこそ、あなたのサイトがまだ弱かったとしても上位表示を狙いやすいので、収益化出来るタイミングが早くなります。

よく「100記事書くまでアフィリエイトは始まらない」というようなことを聞いたことがあるかもしれません。

確かにドメインパワーなどの観点からもあながち間違ってはいません。

とは言え、20記事程度でも「テールワード」や「ずらしキーワード」ならTOP3に表示されることは充分可能です。

そこから流入を獲得し最速で収益を稼ぎましょう。

そしてもう一つのメリットが(2)成果発生可能性が高いということです。

ここで質問です。

居酒屋を探しているユーザーが予約に至る可能性が高いキーワードは以下のうちどれになると思いますか?

予約に至りやすいのは?
  1. 居酒屋
  2. 居酒屋 東京
  3. 居酒屋 東京 個室
アフィ男アフィ男

これはやっぱりCじゃないかな?

秋田 健秋田 健

その通り!簡単すぎましたね(笑)当然Cが最も予約可能性は高くなりますが!ここで重要なのはCが他の検索ワードに対して「検索ユーザーのニーズがハッキリしており求めている答えが明確だから」ということです!

このように検索ワードが増えれば増えるほどユーザーのニーズが明確になりますから、商品を購入して貰うことが目的のアフィリエイトと非常に相性が良いのです。

アフィリエイトをする以上、「ユーザーの求めているニーズに的確な解を提示してあげること」は、コンテンツの質、さらにユーザビリティを向上させる上で決して忘れてはならない点です。

成約率がいまいち上がらないという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

2.デメリット

アフィ子アフィ子

アフィリエイトでは必須のテクニックなのにデメリットがあるの?

アフィ男アフィ男

検索数が少ないってことかな?

秋田 健秋田 健

その通りです!1つ1つの検索数は少ないので上位表示されても一気に流入数を増やせるようなキーワードではありません

「ロングテールワード」「ずらしキーワード」は1つ1つの検索数が月間100回に満たないようなものもあります。

Googleなどの検索エンジンで1位に表示された場合のクリック率は約20%程度です。

つまり、検索数100回のキーワードで1位に表示されても獲得できる月間流入数は20程度なのです。

最初に少し口うるさく言いましたね。

テクニックはテクニックでも「流入を増やし収益化するための一つの手段」であると。

とは言え、アフィリエイトは「塵も積もれば山となる」という考え方を忘れてはいけません。

1つ1つの記事で獲得できる流入数は小さくても、100記事200記事と増えていけば流入数は純増していきます。

コツコツと記事を書き続けることを辞めずアフィリエイトに取り組んで下さい。

アフィリエイト記事作成の関連記事は以下を参考にしてみてください。

◆ロングテールやずらしキーワード狙いは後々大金になる理由

ロングテールやずらしキーワードを狙いは後々大金になる理由
アフィ子アフィ子

1つ1つの記事が獲得できる流入数が少ないって結構大変だね・・

アフィ男アフィ男

収益もちょっとずつしか増えないってことだもんね。

秋田 健秋田 健

実はそうでもないのです!ロングテールワード狙いが後々大金になるのです!

アフィリエイトの収益額を公開しているようなサイトは多いので見たことがあるかもしれませんが、ある時を境に急激に収益額が伸びるのがアフィリエイトの特徴です。

実は「ロングテールワード対策」をしまくっている間に、記事を書きまくっている間に、あなたはミドルワードの対策も同時に出来ているのです。

例えば、あなたが「ラーメン 東京 豚骨」というテールワードを狙って記事を書いたとします。

これって実は「ラーメン 東京」というミドルワードも対策していることになりますよね?

記事を書きまくってサイトの規模が大きくなり評価がドンドン上がっていく(ドメインパワー)ことで、気づかぬうちにミドルワードでも上位表示されるようになっていた!」ということは結構あります。

テールワードよりも検索数が多いミドルワードで上位表示されると流入数が一気に増えます。これにより収益額が急激に増えるのです。

こうやってアフィリエイトは大金を生み出していくのが綺麗な流れです。

最初からミドルワードを狙ったところで上位表示されることはありません。

よく初心者の方はビッグワードやミドルワードから攻めてしまっています。

テールワード狙いで100記事ぐらい書き続けてやっとミドルワードで上位に食い込んでいるキーワードが出てきます。

これがテールワード狙いが後々大金を生み出す理由です。

ですから、特にアフィリエイトを始めたばかりの人は・・・

簡単な流れ
  1. 「ロングテールワード狙い」や「ずらしキーワード狙い」をして、最速で収益化しながらサイトパワーを強めていく
  2. 「ミドルワード」で戦えるようになれば、一気に収益額を増やすチャンスです。今まで狙えなかったミドルワード狙いで一気に目標金額まで収益額を伸ばしていく

私がアフィリエイトを始めたばかりの頃、記事執筆においてはとにかくこれを重視して行っていました。

なぜならビッグワードやミドルワードで最初から戦えると思っていなかったからに他なりません。

もちろんプロだから、企業のコンサルをやっているから「知っている」のは言うまでもありませんが、「知っている・知らない」というのは収益に大きく差をつける大事な部分です。

それこそ、「稼ぎ方を知っている・知らない」というのは半端ではない差を生みます。

出来ることなら、今まさにアフィリエイトを行っている皆さんにも稼いで頂きたいと思いますし、稼ぐことは可能だと思っています。

最後になりますが・・・

私はアフィリエイトを始めた当初お世話になったのが「アンリミテッドアフィリエイト」という教材です。

様々な情報教材を購入し読んできましたし、中にはどうしようもないものも多くありました。

ですが、この「アンリミテッドアフィリエイト」は表面的なテクニックではなく「稼ぐための本質」を丁寧に解説されており、正直認めざるを得ませんでしたし、今でも私のバイブルの一つになっています。

アンリミテッドアフィリエイトNEOは初心者向けなのか?

ただいわゆる情報教材と言われる部類なので、嫌悪感を頂く方もいると思います。

ですから、もし興味のある方はぜひ公式ページをご覧になってみてください。

「あなた」のアフィリエイトサイト収益が目標額に届くことを心から願っております。

当ページでの解説は以上となります。