こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

さて当ページでは、様々な用途に合わせたテーマを多く輩出しているLIQUID PRESS(リキッドプレス)における「特徴や各テーマの料金、メリットやデメリット」について詳しく解説していきたいと思います。

 

※あきけん(@akitaken0530

 

◆LIQUID PRESSの特徴

LIQUID PRESSの特徴

 

LIQUID PRESS(リキッドプレス)はテーマやプラグインを開発・販売しているリキッドデザイン株式会社が提供しています。

「企業サイト向け・ブログ向け」など幅広い用途に合わせたテーマがラインナップされており、初心者のみならず上級者にも人気の高いテーマが多く用意されています。

 

現在LIQUID PRESS(リキッドプレス)ではテーマが8個あります。

そのどれもに共通している特徴は以下の通りです。

 

主な特徴・レスポンシブでPC表示もOK

・Bootstrap 4対応

・WordPress公式テーマ

この点については当ページの<◆LIQUID PRESSのメリット>で詳しく解説しております。

 

 

◆LIQUID PRESSの料金と機能

 

アフィ子アフィ子

8個もテーマがあるんだよね?

アフィ男アフィ男

それぞれどんな違いがあるんだろう?

秋田 健秋田 健

料金も違いますし、機能も少し異なるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう!

 

8つのテーマ①LIGHT

②MAGAZINE

③CORPORATE

④INSIGHT

⑤SMART

⑥LP

⑦APP

⑧PORTFOLIO

では順番に見ていきましょう!!

①LIGHT

LIQUID PRESSの料金と機能

料金無料~

 

LIQUID PRESS(リキッドプレス)の中で唯一無料で利用できるテーマが「LIGHT」です。

シンプルなデザインのブログ用テーマとなっており、使用期限もないので使い続けることも可能です。

 

主な機能☑レスポンシブ対応

☑アイキャッチ画像付き新着投稿一覧

☑アイキャッチ画像付き関連記事自動表示

☑Like Box簡単表示

☑Facebook OGP対応

☑Twitterカード対応

☑投稿・固定ページのページ送り機能

☑アイコンフォント

また初心者の方のために、別途3,600円で導入サポートを付けることが出来ます

 

導入サポートの内容☑メール対応/30日間

☑WordPressの使い方マニュアルPDF

さすがLIQUID PRESS(リキッドプレス)ということだけあって、しっかりとマニュアルも付いているので本当に初めてサイト運営などを行う方にとってはおすすめ出来る内容になっています。

 

 

②MAGAZINE

LIQUID PRESSの料金と機能

料金8,900円(税抜)

 

「MAGAZINE」はメディア運営のために生まれたテーマです。

訪問してくれたユーザーの導線を考えて作られているため、サイト内に長く滞在してもらうことを可能とした設計になっています。

例えば下図をご覧ください。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

ヘッダー画像は最新記事のアイキャッチ画像から自動で生成されます。

また「スライドショー画像/動画を設置」する事ができ、各ページに人気記事や関連記事を自動的に配置してくれるので、ユーザーのサイト内での回遊率を上げ、「離脱」を防いでくれる仕組みが多く整っています。

 

その他機能は以下の通りです。

 

主な機能☑レスポンシブ対応

☑アイキャッチ画像付き新着投稿一覧

☑アイキャッチ画像付き関連記事自動表示

☑Like Box簡単表示

☑Facebook OGP対応

☑Twitterカード対応

☑投稿・固定ページのページ送り機能

☑アイコンフォント

☑コンテンツ分析βツール

*コンテンツ分析βツールについて詳しくは当ページ<◆コンテンツ分析βツールについて>をご覧ください。

 

 

③CORPORATE

LIQUID PRESSの料金と機能

料金9,900円(税抜)

 

多言語化可能な高品質な「企業向けのテーマ」となっています。

グローバル展開も可能でインバウンド(訪日外国人)向けのサイトとして活用する事が出来ます。

 

例えば下図をご覧ください。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

言語切替リンク、Google推奨の言語アノテーション(hreflang) にも対応しているので、多言語SEOに強いサイト設計となっています。

また言語サイト別にテーマカラーやロゴを変えることも可能です。

 

そして会社の顔となるコーポレートサイト用テーマなので、トップページに会社情報やコンテンツを簡単に設定する事も出来ます。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

コーポレートサイトにはよくGoogle Mapなんかも掲載されていたりしますよね!

 

その他の機能は以下の通りです。

 

主な機能☑レスポンシブ対応

☑アイキャッチ画像付き新着投稿一覧

☑アイキャッチ画像付き関連記事自動表示

☑Like Box簡単表示

☑Facebook OGP対応

☑Twitterカード対応

☑Microdata対応パンくずリスト

☑お問い合わせBOX

☑会社情報表示

 

 

④INSIGHT

LIQUID PRESSの料金と機能

料金8,900円(税抜)

 

グリッドレイアウトのテーマとなっています。

1カラム、2カラム、3カラム、4カラムに対応しており、記事数が多くなってきたら後からカスタマイズ可能です。

可変グリッド(ウィンドウに合わせてレイアウトが変化)にも対応しているので、高機能グリッドレイアウトを求めている方におすすめです。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

またスライドショーなども簡単に設置する事が出来ます。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

そして集客を成果につなげるためのデザインにもなっています。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

今やSNSの利用は当たり前になってきています。

「Facebook」や「Twitter」のアイコンボタンを設置したり、「お問い合わせ」などのボタンを設置する事でユーザーへの行動喚起を行うことが出来ます。

 

秋田 健秋田 健

ちなみにユーザーへの行動喚起の事をCTA(Call To Action)と言います。ボタン設置などをすることでユーザーのコンバージョン(成約率)につなげることが出来るんです!

その他の機能は以下の通りです。

 

主な機能☑レスポンシブ対応

☑アイキャッチ画像付き新着投稿一覧

☑アイキャッチ画像付き関連記事自動表示

☑Like Box簡単表示

☑Facebook OGP対応

☑Twitterカード対応

☑投稿・固定ページのページ送り機能

☑アイコンフォント

☑運営者情報簡単表示

☑コンテンツ分析βツール

*コンテンツ分析βツールについて詳しくは当ページ<◆コンテンツ分析βツールについて>をご覧ください。

 

 

⑤SMART

LIQUID PRESSの料金と機能

料金7,900円(税抜)

 

LIQUID PRESS(リキッドプレス)の「INSIGHT」と似ているテーマになります。

同じようにグリッドレイアウトのテーマで4カラムまで対応していますし、可変グリッドも備わっています。

 

どちらかと言うと「SMART」の方がデザイン性に優れており、トレンドなど配信をするメディアサイト寄りといった印象です。

価格的にも「INSIGHT」に比べて1,000円安いので、個人的には「SMART」をおすすめします!

 

主な機能☑レスポンシブ対応

☑アイキャッチ画像付き新着投稿一覧

☑アイキャッチ画像付き関連記事自動表示

☑Like Box簡単表示

☑Facebook OGP対応

☑Twitterカード対応

☑投稿・固定ページのページ送り機能

☑アイコンフォント

☑運営者情報簡単表示

☑コンテンツ分析βツール

*コンテンツ分析βツールについて詳しくは当ページ<◆コンテンツ分析βツールについて>をご覧ください。

 

 

⑥LP

LIQUID PRESSの料金と機能

料金9,900円(税抜)

 

「LP」はその名の通り、「ランディングページ用のWordPressテーマ」となっています。

 

アフィ子アフィ子

ランディングページって何?

とアフィ子の様な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

すごく簡単に言ってしまうと「1ページで構成された、ユーザーに対して問合せや購入などのアクションを促すことに特化したページのこと」です。

 

イメージしやすいのはAmazonや楽天などのネット通販で、「ランディングページ(LP)の集合体」とも言えます。

 

例えば、TVCMでも話題のアレクサがAmazonでも販売されています。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

赤枠をクリックすると。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

アレクサ専用の商品紹介ページに遷移します。

まさにこれがランディングページ(LP)です。

 

ランディングページ(LP)を作成・設置する事で「特定のユーザーに対してニーズに応えることができる」ので、結果として収益の増加にもつながるわけです。

 

LIQUID PRESS(リキッドプレス)の「LP」では簡単に作成する事が出来ます。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

すぐに使えるサンプルページ(プロダクト・リード・サービス)が用意されているので、瞬時にランディングページを構築する事が出来るんです。

 

商品などをネットを介して販売する予定の方にはもってこいのテーマとなります。

 

 

ちなみに当サイトは「賢威」を利用していますが、私自身も「0Start~放置システム最短サイト構築~」というアフィリエイト教材を出しており、その公式ページはまさに「LP」として作成しています!

興味のある方はご覧になってみてください。

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

⑦APP

LIQUID PRESSの料金と機能

料金9,900円(税抜)

 

「APP」とはまさにアプリの事です。

アプリランディングページ用のWordPressテーマとなります。

 

アプリ開発/運営者のためのテンプレートとなっているため、ランディングページを瞬時に作成し、アプリ開発に集中する事が出来ます。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

スクリーンショット画像をアップするだけで端末モックを自動表示できます。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

端末は4種類から選択でき、スライドショーにすることも可能です。

またヘッダー背景には動画/YouTubeを表示させることも可能です。

 

さらにアプリダウンロードバッジも簡単に設定出来ます。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

よく見かけますよね(笑)

バッジ以外にもQRコードも自動表示機能が付いています。

 

アプリ開発/運営者を予定している方におすすめできるテーマとなっています。

 

 

あまり関係ないかもしれませんが、私もYouTubeでアフィリエイト初心者向けの解説動画をいくつか出していますので、興味のある方はご覧になってみてください!

 

【YouTube】⇒あきけんアフィリエイトガイド

⑧PORTFOLIO

LIQUID PRESSの料金と機能

料金6,900円(税抜)

 

コンテンツを「如何に美しく魅せるかを追求したテーマ」となっています。

 

LIQUID PRESSの料金と機能

 

クオリティの高いポートフォリオを瞬時に構築する事が出来ます。

 

また基本的な機能は「INSIGHT」「SMART」と同じです。

 

料金比較
INSIGHT8,900円(税抜)
SMART7,900円(税抜)
PORTFOLIO6,900円(税抜)

 

ただ「PORTFOLIO」には「コンテンツ分析βツール」が付いていないので、コンテンツのパフォーマンスをしっかり把握したい方は「SMART」がおすすめです!

 

主な機能☑レスポンシブ対応

☑アイキャッチ画像付き新着投稿一覧

☑アイキャッチ画像付き関連記事自動表示

☑Like Box簡単表示

☑Facebook OGP対応

☑Twitterカード対応

☑投稿・固定ページのページ送り機能

☑アイコンフォント

☑運営者情報簡単表示

 

 

◆LIQUID PRESSでアフィリエイトにおすすめなテーマは?

LIQUID PRESSでアフィリエイトにおすすめなテーマは?

 

アフィ子アフィ子

アフィリエイト予定なんですけど、リキッドプレスの中だったらどれがおすすめなのかな?

秋田 健秋田 健

リキッドプレスの中であれば「SMART」がおすすめです!

価格的にも献身的ですし、何より「コンテンツ分析βツール」が付いているのが最大のポイントですね!

アフィリエイトは流入数を増やし、収益を上げることを目的としていますが、それ以前に「収益を上げるために」にという前提があります。

 

収益を上げるための中には「SEO対策」であったり「表示速度改善」など様々な要因がありますが、「分析」することも非常に大切です。

アフィリエイトをする以上、必ず「分析」は付きまとってくるので、その「ツールがあるかないか」というのがLIQUID PRESS(リキッドプレス)の中でテーマを選ぶ基準になります。

 

 

ちなみに価格は高くなりますが、本格的にアフィリエイトをするという方はLIQUID PRESS(リキッドプレス)ではなく、正直「AFFINGER」あるいは「賢威」をおすすめします。

理由はどちらもSEO対策が完璧に施されているテーマとなっているからです。

 

ここでは主旨とズレてしまいますので、興味のある方は以下の記事をご覧になってみてください!

 

 

◆「コンテンツ分析βツール」について

「コンテンツ分析βツール」について

 

アフィ子アフィ子

どんなことが出来るの?

アフィ男アフィ男

アフィリエイトをする場合には欲しいツールみたいだね!

秋田 健秋田 健

その通りです。LIQUID PRESS(リキッドプレス)にするからにはぜひ利用したいツールです!

 

まずLIQUID PRESS(リキッドプレス)で「コンテンツ分析βツール」が利用できるテーマは以下の3つとなっています。

 

利用可能テーマ☑MAGAZINE(8,900円)

☑INSIGHT(8,900円)

☑SMART(7,900円)

 

何よりの特徴が「コンテンツのパフォーマンスを一目で確認する事ができる」点です。

 

「コンテンツ分析βツール」について

 

WordPress管理画面で「記事の閲覧数」「シェア数」などまとめて把握する事が出来ます。

またSEO対策の参考としての「記事内の文字数」「キーワード出現数」の表示にも対応しているので、分析機能としての役割を果たします。

CSVとしてエクスポートする事も出来るので便利な機能です。

 

さらにコンテンツの各種数値を元に「自動的にアドバイス情報を表示」する「成功のヒント」を得ることも可能です。(今後さらに拡充していく予定とのことです)

 

LIQUID PRESS(リキッドプレス)にするからにはぜひ利用したいツールですので、検討してみてください!

 

 

◆LIQUID PRESSのメリット

LIQUID PRESSのメリット

 

アフィ子アフィ子

LIQUID PRESSにするメリットって何があるんだろう?

アフィ男アフィ男

テーマが用途別だから選びやすいってのはありそう!

秋田 健秋田 健

当然ありますね!まずはメリットについて把握しておきましょう!

 

3つのメリット①レスポンシブでPC表示もOK

②Bootstrap 4対応

③WordPress公式テーマ

では詳しく見ていきましょう!!

①レスポンシブでPC表示もOK

LIQUID PRESSのメリット

 

アフィ子アフィ子

ん?どういうことなんだろう?

アフィ男アフィ男

レスポンシブってスマホでの見え方じゃないの?

秋田 健秋田 健

アフィ男の言っていることは間違っていませんよ!

 

現代はスマホが普及しているので、モバイルファーストは当たり前になってきています。

と言うのもほとんどの方が「検索はスマホから」されると思います。

 

ですが、「たまにPC画面で操作したい!」ということもありますよね。(スマホだとサイトの全体像が掴みにくい)

 

例えば下図をご覧ください。

 

LIQUID PRESSのメリット

 

A8.net(ASP)をスマホで見ると、赤枠部分の様に「スマホ|パソコン」とどちらでも閲覧出来るようになっています。

このようにスマホでのレスポンシブ対応は当たり前として、「スマホを利用しながらPCサイトを閲覧する事ができる」というニーズに応えてくれています。

 

ユーザーの選択肢を増やすことで「高いユーザビリティを発揮する事ができる」ので、メリットと言えます。

②Bootstrap 4対応

アフィ子アフィ子

ブートストラップ?

アフィ男アフィ男

なんか聞きなれない用語だなぁ

秋田 健秋田 健

簡単に意味だけ理解しておけばOKです。

 

BootstrapとはWeb制作者の作業を楽にする目的で作られた、Webサイト構築用のCSSひな形セット(フレームワーク)の名前です。JavaScriptでの動的調整も含まれており、実体としてはいくつかのCSSファイルとJavaScriptファイルで構成されています。

 

ちなみにTwitter開発者が公開したHTML/CSS/JavaScriptフレームワークで、品質・保守性・拡張性に優れています

簡単に言ってしまうと、「最新版の信頼性のあるフレームワークを利用できる」と理解しておいてください!

 

豊富なデザインパターンも用意されており、HTML/CSSの知識があれば、より高度なカスタマイズも可能となります。

 

LIQUID PRESSのメリット

 

また簡単にデザイン変更やレイアウトのカスタマイズができるコードスニペット集や無料のパーツも用意されています。

 

LIQUID PRESSのメリット

③WordPress公式テーマ

アフィリエイトにしてもブログ運営にしても大半の方が利用しているのが、WordPressだと思います。

実際に私もWordPressを利用して当ページを執筆しています。

 

そんな中、LIQUID PRESS(リキッドプレス)は「WordPress公式テーマ」として認定されています。

 

LIQUID PRESSのメリット

 

アフィ男アフィ男

つまり品質面など安心して利用できるってこと?

秋田 健秋田 健

そういう事です!WordPress公式テーマとしてのチェック項目をクリアしているのでセキュリティ面でも安心して利用出来ます!

 

◆LIQUID PRESSのデメリット

LIQUID PRESSのデメリット

 

アフィ子アフィ子

逆にリキッドプレスのデメリットって何かあるの?

秋田 健秋田 健

1点だけあります。少し具体的に解説しましょう!

 

LIQUID PRESS(リキッドプレス)では一応SEOについての対策はとられています。

しかしながら・・・

 

SEOに強いか?

 

と言われると疑問です。

というのもSEO対策の内容が基本的なものばかりで、表示速度を高速化するなどの点には欠けているからです。

 

例えばLIQUID PRESS(リキッドプレス)公式サイトでは、

「Googleモバイルフレンドリーテスト」

「Google構造化データテストツール」

「Facebook Open Graph Object Debugger 」

全てクリアとなっていますが、基本的にクリアしていなければならない項目です。

またSEO対策用のプラグイン「All In One SEO Pack」を導入しなければSEO対策があまり出来ません。

 

「All In One SEO Pack」はめちゃくちゃ優秀なプラグインであることは間違いないのですが、その性能から「非常に重たいプラグイン」としてのデメリットがあります。

 

プラグインはWordPressの機能を拡張する上で重要ではあるのですが、無駄なプラグインを入れることでサイトが重くなり「表示速度が低下」する傾向にあります。

 

そのため、出来ることなら無駄なプラグインは入れたくないのですが、LIQUID PRESS(リキッドプレス)を利用する以上「All In One SEO Pack」は必須となります。

 

表示速度については「Googleも検索順位評価項目として入れている」と明言しています。

私はアフィリエイトをしているので、出来る限りユーザーファーストを目指し、流入数を増やし収益向上を目指しているので無駄なプラグイン(不要なプラグイン)は極力入れていません。

実際「All In One SEO Pack」は入れていません。

 

これはテーマによって大きく変わる点なので、その点も考慮してテーマ選びをして頂きたいと思います。

私の様に本格的にアフィリエイトに取り組むことを考えている方は以下2つのテーマを本気でおすすめします。

WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー)の評判・口コミ

賢威の評判・メリット・デメリットをSEO専門家が徹底分析!

賢威とアフィンガー徹底比較!アフィリエイトで稼ぎやすいのはどっち?

 

特にAFFINGERはSEO最強と言われているので、検討する価値は十分にあると思います。

 

限定特典付き「AFFINGER5(WING)」購入はこちら

限定特典付きAFFINGER PACK3(WING対応)購入へ

 

◆LIQUID PRESSの評判・口コミ

LIQUID PRESSの評判・口コミ

 

実際にLIQUID PRESS(リキッドプレス)の利用者の評判・口コミを少し紹介しておきたいと思います。

テーマが用途別に選べるので、いろんなサイトを運営するにの適している!基本的には使い方も同じだからわかりやすくて良い!

一つのテーマを複数サイトで使い回せるからありがたい!しかも価格的に見ても有料テーマの中では安い方かなぁ~という感じ!

コンテンツ分析βツールが優秀!SNSでの拡散が肝だと思っているからシェア数など把握できるのはありがたい!重宝しています。

コーポレートサイトとして利用していますが、イメージ通りのサイトが作れて満足しています!

無料でLIGHTを使うなら正直Simplicity2の方が優秀だと思う。SEOに強いという印象もないし。

用途別で選べるのはありがたいけど、似てるテーマとかもあるので逆にどれを選べば良いか迷う。

良いテーマが用意されてるんだけど、アフィリエイト向きかって聞かれるとNoかな。だったら高いけどWING(AFFINGER5)にした方が良い気がする。

マニュアルもしっかり用意されているしサポートもちゃんと付いているから初心者にとっては非常に安心して買うことが出来ました!

 

秋田 健秋田 健

悪い評判はあまり見られませんでした。用途別でテーマを選択できるので、幅広いユーザーがおり利用者でのリピートが多い印象です。ただアフィリエイターにはあまり人気がないかなという感じです。やはりSEO面でAFFINGERや賢威に劣っているというのは周知のようですね。

 

◆おすすめのWordPress有料テーマ

おすすめのWordPress有料テーマ

 

アフィ子アフィ子

リキッドプレス以外におすすめの有料テーマってありますか?

アフィ男アフィ男

どうせ買うならちゃんと選びたいしね!

秋田 健秋田 健

わかりました!しつこいかもしれませんが、改めて2つご紹介しておきます!

 

どんなサイトを運営しようと、まず何が一番大切かと言うと私個人としてはやはり「SEO対策」だと考えています。

そもそも流入がなければ「日の目を見ることもない」わけですから。

 

まずユーザーに見てもらうことが最重要です。

「良い記事を書いた」と思っても見られなければ「書いてないのと一緒」です。厳しい事を言うと「自己満足」です。

実際私はSEOコンサルをしていたので、「自己満足で終わっている人・企業」は多く見てきました。そのたびにSEO対策を打ち出してきたものです。

 

と少し脱線しましたが、せっかくサイト運営をするのであれば「最初からSEOに強いテーマを選んでおきましょうよ!」ということです。

 

特に初心者の方は・・・

 

アフィ子アフィ子

SEO対策が重要なのはわかってるけど何をすれば良いのかわからない。

という方は多いと思います。

ここで紹介する2つの有料テーマはそんな初心者の方の解決にも繋がりますし、流入や収益が伸び悩んでいる方の抜本的な解決につながる可能性の非常に高いテーマです。

 

おすすめ有料テーマ【賢威】
AFFINGER PACK3(WING対応)

 

どちらも有料テーマでは有名です。

私は複数サイトを持っていることもあり、どちらも利用していますよ!

 

分析に慣れている、得意という方は【賢威】が良いと思います。

 

詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

賢威の評判・メリット・デメリットをSEO専門家が徹底分析!

 

 

またAFFINGERには分析ツールとしてオリジナルプラグイン(これがめちゃくちゃ優秀)がセットで購入できるので、「分析が苦手」「さらに分析を強化して収益を上げたい」という方は選ぶべきだと思います。

 

AFFINGERにはテーマ単体での購入、オリジナルプラグインのセット購入といくつかパターンがあるので、詳しくは以下のページを参考にしてみてください!

WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー)の評判・口コミ

 

限定特典付き「AFFINGER5(WING)」購入はこちら

限定特典付きAFFINGER PACK3(WING対応)購入へ

 

先にお伝えしておくと、AFFINGERを購入するなら圧倒的にAFFINGER PACK3(WING対応)がおすすめです!

 

有料テーマを購入する以上、使い続けて欲しいです。

テーマの移行は非常に面倒で手間ですしね!

ぜひ「あなた」に合う最適なテーマ(何を目指しているのか)を選んで頂きたいと思います!

 

でわ!秋田 健でした!

 

【公式】0Start~放置システム最短サイト構築~

 

無料メルマガ「アフィマガ」について

サイト未完成向けメルマガ登録ページ

サイト完成済み向けメルマガ登録ページ

 

<合わせて読まれている記事>