こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

WordPressテーマ「賢威」を使っている方に限ったことではありませんが、サイト内にお問い合わせフォームが欲しいと思う方は多いでしょう。

実際、お問い合わせフォームはアフィリエイトで収益を伸ばしていくことに貢献してくれます。

私もお問い合わせフォームがあったからこそ、月収100万円に到達することが出来たと言っても過言ではありません。

 

そこでこの記事では賢威を使っている方向けにお問い合わせフォームの作成方法と、お問い合わせフォームを設置すべき場所を紹介致します。

賢威について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

賢威の評判・メリット・デメリットをSEO専門家が徹底分析!

 

 

◆お問い合わせフォームの作成方法

お問い合わせフォームの作成方法

 

まずそもそも賢威にはお問い合わせフォームを作るような機能がデフォルトで備わっているというわけではありません。

その為、賢威に限ったことではありませんがプラグインを使ってお問い合わせフォームを作成する必要があります。

 

お問い合わせフォーム作成にあたって使うプラグインは「Contact Form 7」というものです。

実際に当サイトは賢威で作成しており、お問い合わせフォームもこれを使っているので賢威でも使えます。

 

まずは「Contact Form 7」をインストールして有効にして下さい。

やり方が分からない方は以下の記事を参考にして下さい。画像付きで解説しています。

WordPressプラグインで初心者におすすめな16選【決定版】

 

有効化が完了したら「Contact Form 7」の設定画面に移動しましょう。

すると以下のような画面になりますので「新規追加」をクリックです。

 

お問い合わせフォーム作成1

 

すると以下のような画面になり、どんな情報を入力して貰うのかを決められるようになります。

 

お問い合わせフォーム作成2

 

タイトルは「コンタクトフォーム」などにしておき

フォーム部分は自由に設定してOKですが、基本的にデフォルトのままで問題ありません。

完了したら画面最下部の「保存」をクリックしましょう。

 

すると以下のような画面になりますので、発行されたショートコードをコピーしましょう。

このコードがあなたが作成したお問い合わせフォームを呼び出す為のものになります。

 

お問い合わせフォーム作成3

 

ここまで完了したら、続いてサイドバーにある「固定ページ」から新規作成をクリックして下さい。

そこに以下のように先程のコードを貼りつけます。

 

お問い合わせフォーム作成4

 

その時、「ビジュアル」ではなく「テキスト」モードで貼りつけて下さい。

その他のタイトルやパーマリンクは自由に設定してOKです。

基本的には

タイトル⇒お問い合わせ

パーマリンク⇒contact

などにしておけば分かりやすいでしょう。

 

ここまで完了したら一度「プレビュー」を選択して、どのような仕上がりになっているか確認してみましょう。

デフォルトから変えていなければ以下のようなフォームが完成しているでしょう。

 

お問い合わせフォームプレビュー

 

気になるところがなければ保存してコンタクトフォームの完成です!

 

◆お問い合わせフォームの設置場所

お問い合わせフォームの設置場所

 

ここまででお問い合わせフォームは完成したのですが、実際にサイトに反映させなければ意味がありません。

サイトに反映させる場所はあなた次第ですが、基本的には3択です。

①グローバルメニュー

②フッターメニュー

③どちらにも表示

当サイトでは③にしていますし、これがおすすめです。

 

グローバルメニューにはこんな感じで表示されています。

 

お問い合わせフォーム設置場所

 

他に入れるべきところは特にありませんからグローバルナビメニューには必須表示で、フッターメニューは任意という感じで考えて頂ければOKです。

 

◆お問い合わせフォームの必要性

お問い合わせフォームの必要性

 

これであなたのサイトにお問い合わせフォームが完成し、サイトへの反映も出来たので目的は達成できたでしょう。

最後に冒頭で「お問い合わせフォームがあったから月収100万円に辿り着いた」とお伝えした理由を紹介しながら、お問い合わせフォームの必要性について解説させて頂きます。

 

お問い合わせフォームには2つの目的があります。

①ユーザーのファン化

②企業からの連絡待ち

①はサイトに来てくれたユーザーの方が問い合わせフォームを使って質問をしてくれたりするので交流になります。そこから繋がりが強くなりファンになってくれるので大切な役割です。

しかし収益額に直結するのは②の企業からの連絡です。

 

企業からの連絡とは基本的には特別単価や商品掲載希望の連絡です。

企業からの直接連絡もあればASPからの連絡もあります。

「こんな商品を扱っているのですが掲載して貰えませんか?」という連絡が入り、そこから交渉したりすれば特別単価が貰えたり、他サイトが扱っていない商品を扱えるようになったりします。

 

このように扱える商品が増えたり、単価が上がることによってアクセス数はあまり変わらないのに売上が一気に上がるような状況を作り出してくれるのが「お問い合わせフォーム」です。

私は月収50万円ぐらいから一気に駆け上がったのはこれが大きかったです。

 

アフィリエイトサイトにお問い合わせフォームは必須であることが分かってもらえたでしょうか。

あなたのサイトでも作成しておきましょう。

 

公式サイトはこちら

SEOテンプレート【賢威】

 

では!

秋田 健でした!

 

<合わせて読まれている記事>

賢威はアフィリエイト初心者に向かない?SEO専門家が解説

賢威とシリウスの違いを比較!アフィリエイトで稼げるのはどっち?

賢威はSEO効果なし!?賢威がたたかれる理由をSEO専門家が解説

WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー)の評判・口コミ