アフィリエイト初⼼者が脱サラする⽅法と必要期間!月収100万円のブロガーが解説

こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

アフィ子アフィ子

コロナもあったし、自分で稼げるようになりたい

アフィ男アフィ男

わかるそれ!少しでも余裕のある生活も目指したいよね!

秋田 健秋田 健

2020年のコロナの大流行によって、そう思う方はかなり増えてきたと言えます。

実際私に相談をされる方も以前に比べ増えてきました。

脱サラとは言え、実のところ「いつ首を切られるかわからない」世の中になってきていますよね。

こちら側から退職届を出すどころか、逆にリストラなんかも実際に起こっていたり、「国が強いては1企業が個人を守ってくれない」ということが奇しくもコロナの大流行によって露呈したとも言えます。

「個人で稼ぐ力」さえあれば、そんなことは関係ありません。

現在も活躍している専業アフィリエイターは、パソコン1つを持って【好きな場所で好きな時間】に働いています。

そんな⽣活を得るために、どのようにして脱サラまでの道を歩んでいけば良いのか?

その悩みを解決するべく「脱サラまでの具体的な⽅法と必要期間」をご説明していきます。

ちなみに私は脱サラはしていません。

今現在もバリバリSEO・WEB集客のプロとして日中は企業勤めをしています(笑)

将来的にはしようと思っているものの月収200万円程度ではまだ危なくて脱サラできるレベルではないと思っているからです。

これは人によって考え方が異なるので、私の意見に左右されないでくださいね。

※あきけん(@akitaken0530

◆アフィリエイト初⼼者が脱サラすることは可能?

アフィリエイト初⼼者が脱サラすることは可能?

結論から言ってしまうと、「可能」です。

実際にTwitterなどでも活躍している(フォロワー数が多い)方々は脱サラしてブログ飯をしています。まさに時間と場所を選ばずに収入を得ているわけです。

しかし、ご存知の通りアフィリエイトは報酬を得ることができるまで(結果が出るまで)時間がかかります。

そのため「無収⼊の間も問題なく⽣活できるくらいの貯⾦がない場合」は、脱サラはしない⽅が良いでしょう。

最低半年以上は「これまで通りに⽣活できるくらいの貯⾦」があり、さらに「アフィリエイトで⽣活していくという固い決意」があるのであれば、挑戦してみても良いとは思います。

アフィリエイト初⼼者が脱サラする場合は、思いつきで⾏動せずきちんと計画を練った上で⾏動に移すことをおすすめします。一番良いのは月収50万~100万のレベルまで実際に到達してから脱サラを考えるのが無難です。

私は結婚し子供もいるので慎重に判断してる方だと思います。

月収200万円まで到達したら実際に脱サラしている方が多いですからね。

実は私の場合、本業がSEO・WEB集客関係なので「情報を得やすい環境にいる」ことも脱サラをしていない理由です。

なかなかリアルな情報というのはネット上では上がってきませんから、そういう点でも現状に満足しているのです。

Twitterで情報発信などもしていますので、ぜひ良ければ気軽にフォローしてください!

※あきけん(@akitaken0530

◆脱サラするまでにやるべきこと

脱サラするまでにやるべきこと

ではもう少し詳しく脱サラまでにやることや、私が考える条件を紹介します。

もちろんこれが完璧な答えではないですし、私は慎重派ですのでその点はご了承ください。

①半年〜1年間の⽣活費を貯める

アフィリエイトは会社員と違い、安定的に給料がもらえるわけではありません。

どちらかと言えば「不安定」です。

突然のGoogleアルゴリズムの変更で収益が減るというリスクが常につきまとうため、貯蓄はないよりあった⽅が精神的にも楽です。

というより半年生活できるレベルの貯蓄が無いまま専業にできるほど、アフィリエイトは安定したビジネスではありません。

何が起こっても⼤丈夫なように、半年と言わず最低限の⽣活費として「約1年程度は暮らせるくらいのお⾦」を準備しましょう。

アフィリエイトにもリスクがあります。

その点については以下の記事を参考にしてみてください。

②空いた時間は副業に取り組む

しばらくは、恋⼈や友⼈と遊ぶ時間や趣味の時間を我慢しましょう。

アフィリエイトは⼀度稼ぐサイクルを構築してしまえば、あとはある程度放っておいても収益を得ることができます。

実際に今の私はほぼ放置で月収200万円を稼いでいます。

「ほぼ放置」と言っているのは「記事のリライト」などを行ったり「順位状況をチェック」したりする作業が少なからずあるからです。

とにかくアフィリエイトは稼ぎ始めるまでが大変です。

ですから、最初のうちはなるべくアフィリエイトに取り組む時間を増やしましょう。

数ヶ⽉の我慢が後々の⽣活を激変させます。

ちなみに私が半年間で100万円を達成できた時の作業量をお伝えしておきます。

当時の作業量
  • 平日:1記事アップ
  • 休日:2記事アップ

平日は仕事をしており、IT系の部類なので割と帰りが遅い事も多々あります。

ですが、どんなに遅くなろうと平日は1記事を必ず挙げていました。

記事はだいたい3,000~5,000字、多いと1記事1万字を越えることもあります。

これくらいがむしゃらにアフィリエイトに取り組んでいました。

③会社員の給料以上の収益を得る

現状で得ている給料以上の収益がないうちは、副業アフィリエイターとして続けましょう。

報酬が給料を超えた時に初めて脱サラについて考えてください。

とりあえず会社を辞めてアフィリエイトに打ち込む時間を増やしたいと思っても、収⼊のない期間にコツコツ作業を続けるのは、常⼈の精神⼒では乗り越えることはできません。

「こんなはずではなかった」と後悔しては本末転倒です。

ですから「ある程度報酬を得られるようになることが最優先」です。

個人事業主になると自分で税金関係を収めたり税率が変わったりするので、そういった点も踏まえて会社員時代の1.5倍は欲しいところですね。

◆脱サラする(早める)⽅法

③脱サラする(早める)⽅法

ではここから具体的に脱サラを早める方法を紹介していきましょう。

大きく分けると3つあります。

3つのポイント
  1. 目標設定をする
  2. コンサルを受ける
  3. 媒体を分けてリスク回避する

ではそれぞれ順番に説明していきます。

①⽬標を設定する

モチベーションを維持するために、まずは⾃分の⽬標を具体的にしましょう。

ただお⾦が欲しいという⽬標ではなく「⽉に50万円稼ぐ」などと⾦額を明確にしましょう。

また「⽉に1回は海外旅⾏へ⾏く」「マンションを買う」など、アフィリエイトで収益を得られるようになった先(未来)を思い描くこともおすすめです。

私の場合「子供に不自由をさせない」「お金で我慢をしない」など今でも常に目標としてモチベーションを維持しています。

既に始められている方はお分かりだと思いますが・・・

毎日毎日どんな状況であろうが記事を書き続けるのは想像以上に大変です。

さらに言ってしまえば、そこまでして「稼げない可能性すらある」のですから恐怖ですよね。

実際にアフィリエイトを始め1年以内に辞めてしまう方は実に7~8割にも上ります。

その大半が残念なことに・・・

「アフィリエイトで稼げなかった」

「アフィリエイトは稼げない!」

と思われている方です。

それぐらい大変なことであるからこそ、明確な目標を決めておきましょう。

最初のうちは金額ではなく1日1記事書く!とか「行動量を目標として決めるのもあり」です。

②コンサルを受ける・教材を得る

「アフィリエイトは初期費⽤が必要なく、資⾦があまりなくても⼤丈夫!」という⽢い⾔葉に惹かれて、アフィリエイトを始める⼈が多いです。

もしかすると当記事をご覧の方もそんな認識を持たれているかもしれません。

確かに実際のところ、最低限必要な初期費用は「レンタルサーバー」「独自ドメイン」で年間1~1.5万円です。

もしアフィリエイトの始め方が不透明な方は以下の記事をご覧ください。

※ちなみに「無料ブログは稼げない」ので有料ありきでお伝えしています。この点については以下の記事をご覧ください。

アフィリエイトを無料で始める方法と無料で稼ぐには限界がある理由

確かに土台さえ作ってしまえば「アフィリエイト自体を始めることは可能」です。

しかし「独学で稼げる」という話ではありません。

上述<①目標設定をする>でも触れましたが・・・

アフィリエイトを始めて1年以内で辞めてしまう方の大半は「稼げない」と思っているわけです。

ですが中には私のように半年で月収100万円に到達した人もいます。

そして現在では月収200万円に到達しています。

アフィ子アフィ子

なんでそんなに収益に差が生まれるの?

秋田 健秋田 健

これは明確な理由があります。それは「稼ぎ方を知っているか・知らないか」というただそれだけのことなんです。

私の場合、もちろんSEO・WEB集客のプロというアドバンテージはありましたが、アフィリエイトに関しては素人です。

ですが、稼げない人との決定的な違いは「稼ぎ方を知っていた」ということです。

おそらく今後本気で脱サラを考えている人はアフィリエイトを始める上で「稼ぎ方を知っているか・知らないか」が大きなポイントになってきます。

稼ぎ方を知らない場合、1年以内に挫折してしまう可能性が高いです。

なぜなら「こんなに頑張っているのに稼げない」という7~8割に入ってしまうからです。

アフィ男アフィ男

じゃあどうすれば良いの?

秋田 健秋田 健

それは稼いでいる人のノウハウを学ぶ(真似る)ことです。これが最短であり、今後稼ぐ上で大切なことです。

コンサルでも良いですし、情報商材でもOKです。

とにかく「あなた」が信頼できる人でなおかつ実際に稼いでいる人のノウハウを得てください。

それが「今後のあなたの収益」に繋がります。

ちなみに私自身、多くのファンの方からの要望もあり「0Start~放置システム最短サイト構築~」というアフィリエイト教材を有料ですが公開しています。

あまり自分の商材を宣伝?したくはないので、ここでは割愛しますが興味のある方は公式ページをご覧ください。

③媒体を分けてリスクを回避する

これは今後アフィリエイトをする上で大切な観点です。

例えば・・・

1ヶ⽉に50万円稼ぎだすサイトを1つではなく5万円を稼ぎだすサイトを10個持っている」ことの方がリスク管理の視点でみると安⼼です。

なぜならGoogleのアルゴリズムが変わった時に、1つしかないサイトが該当してしまった場合は1発でアウトです。

リスク分散2

しかし複数のサイトを持っていれば、もし1つがダメになっても、残りのサイトから収益を得ることができます。

アフィリエイトは会社員のように、毎⽉安定したお給料を頂くわけではありません。

万が⼀のことを考えてリスクを分散しておくことは、精神的にも安⼼することができます。

またアクセス元をGoogleだけではなく「SNSやメルマガ」などに分散させておくこともMUSTです。

これもリスク分散としてGoogleからのアクセスが減ってもSNSやメルマガで補填できるようになります。

実際に当サイトでもリスク分散の観点も含めてメルマガを発行しています。

あまり更新頻度は高くありませんが、本業の特性上「Googleのアップデート情報」などいち早く入手することができるので、最新情報を発信しています。

◆脱サラするまでに必要な期間

④脱サラするまでに必要な期間

では脱サラするまでの期間を計算してみましょう。

個⼈差があることは前提です。

脱サラまでの期間(約2年)
  • 収益を得られるまで:半年~1年
  • 給料以上になるまで:約1年

もしもそれでは⻑すぎるというのであれば、もっと早く収益が出る物販ビジネスなどと並⾏して取り組み、収益が安定したところで(会社員としての給料を超えた時点で)脱サラ。

その後、徐々にアフィリエイトへシフトしていくという⽅法も良いかもしれません。

物販ビジネスは収益化のサイクルが早く、副業初⼼者が参⼊しやすいと言われているビジネスです。

脱サラすれば、これまで会社に縛られていた時間が⾃由に使えるようになり、今よりもさらにアフィリエイトに時間を費やすことができます。

ちなみに私も他の副業に興味があり、様々な副業を調べました。

もし興味のある方は「note限定」になってしまいますがお手に取ってみてください。

誰でもできる副業ビジネス一覧

アフィリエイトはパソコン1台あればどこでも仕事ができます。

カフェでも旅先でも、⾃分の好きな場所で働くことができます。

もしかしたら、ずっと⾏ってみたかった海外や国内でも辺境と⾔われる場所で、仕事をしてるかもしれません。

それだけ可能性のあるビジネスです。

ローリスクハイリターンですから、「絶対に諦めない」「絶対に稼ぐ」という決意を持って取り組んでみてください!

いつか同志となれる日を楽しみにしております。

でわ!秋田 健でした!

まず「0Start」とは・・・

定して継続的に稼ぐ為の放置システムを最短最速で構築するためのアフィリエイト教材」になります。

ここでは簡単にポイントだけ触れておきます!

私は普段サラリーマンをしています。

つまり、日中はほぼ放置した状態で「月収100万円」を安定して継続的に稼いでいます。

後悔はさせないほどの圧倒的なノウハウ特典の数々

そして、手にして頂いたならば、実践し、極論真似してください

現時点で私が持ちうる全てのノウハウを「0Start」に注いでいます。

これからのアフィリエイトライフの一助に「0Start~放置システム最短サイト構築~」がなれば幸いです。