こんにちわ。

元SEOコンサルタントであり、現在web集客のコンサル企業で働きながら副業でアフィリエイターをしている秋田 健です。

 

アフィリエイトは「もうオワコン」「今後ドンドン厳しくなる」という意見がネット上にたくさんありますが、本当のところはどうなんでしょうか。

様々な意見があると思いますが、本業としてwebコンサルタントを行っているからこそ分かるアフィリエイトの未来について解説させて頂きます。

 

これからアフィリエイトを始める方や既に始めているが思ったように収益が出ない方、さらには今後のアフィリエイト業界に不安を感じている方は是非参考に読んで頂ければと思います。

 

◆アフィリエイトの未来は明るい?暗い?

アフィリエイトの未来は明るい?暗い?

 

結論からお伝えするとジャンル選びさえ間違えなければ非常に明るいです。

アフィリエイト業界自体は非常に伸びており、企業が集客・販売手段としてアフィリエイト広告を使うことが増えてきています。

もちろんこれは今後も伸び続けることが想定されています。

 

以下は矢野経済研究所が出しているアフィリエイト業界の予測値です。

右肩上がりで今後も伸びていくことが想定されています。

 

アフィリエイト市場の推移と予測

参考:矢野経済研究所

 

これは誰でも比較的簡単に想像がつくでしょう。

今や企業が集客するうえでネットは欠かせなくなっていますし、通販サイトなどもドンドン増えているのでアフィリエイト広告に取り組む企業は増え続けています。

もっといえば、アフィリエイトは「何が起きたらいくら出す」というのを企業側が決められますから、非常に使い勝手のいいネット広告なのです。

アフィ男アフィ男

じゃあやっぱり未来は明るいんだね!

アフィ子アフィ子

でもジャンル選びを間違えなければってどういうこと?

秋田 健秋田 健

ハッキリ言って未来が真っ暗なジャンルが存在するということです。

これについては次の項目で詳しく紹介しましょう。

 

◆未来が真っ暗なジャンルとは

未来が真っ暗なジャンルとは

 

未来が真っ暗なジャンルは2つあります。

①企業サイトが多い&強いジャンル

②YMYLジャンル

 

まず「①企業サイトが多い&強いジャンル」から解説すると、個人アフィリエイターは基本的に企業サイトと戦うべきではありません。

アフィリエイトは結局のところ記事数がものをいう部分は否めません。もちろん記事数が全てではないですが収益額を決める大きな要素であることに間違いありません。

そして企業が本気を出せば500記事ぐらいなら簡単に作れてしまうのです。

 

個人アフィリエイターで500記事作ろうと思ったら例え毎日1記事書いたとしても約1年半かかります。

外注するにしても相当な額の外注費がかかってしまうので、500記事一気に頼めるようなアフィリエイターはそういません。

 

しかし企業からすると500記事分の外注費なんて大したことない額なのです。

これはもう個人と企業の差ですからどうしようもありません。

 

このように個人と企業では人も金も圧倒的な差がありますから、戦うべきではありません。

 

参入したいと思っているジャンルに関する様々なキーワードで実際に検索してみて、企業のサイトばかり出てくる場合はやめておくべきでしょう。

逆を言えばアフィリエイトサイトばかりが出てくるようなジャンルは狙い目であり、今後も未来が明るい可能性が高いです。

 

続いて避けるべきである「②YMYLジャンル」に関してです。

アフィ子アフィ子

YMYLって何?

アフィ男アフィ男

なんかGoogle関連でそんな言葉があったような・・・

秋田 健秋田 健

その通りです。Google関連の言葉で、人の健康やお金に関わるジャンルのことを指します

代表例としては医療系です。

例えばあなたが病気の「ガン」について全然詳しくないのに、それっぽい治療法を書いたとしましょう。

そのページがGoogleで「ガン 治療法」と検索した時に1位に表示されて、実際にガンの方が信じ込んで間違った治療法を試みてしまったら、その方の命に関わる重大な過ちに繋がってしまいます。

 

実際に例で出したような内容に近しいことが起きてしまい問題になりました。

これによりGoogleは人の健康やお金など人生にとって重要度の高いジャンル(検索ワード)に関しては、権威があり信頼できる専門的なサイトを高順位に表示するようになりました。

SEOをかじっている方なら聞いたことがあるかもしれませんが、これがGoogleのE-A-Tというアルゴリズムのことです。

 

この辺の細かい詳しい話は理解しておく必要はありませんが

なんせ医療や法律・金融系などは人の人生を大きく左右する可能性があるので、間違った情報を検索ユーザーに与えるわけにはいかないというGoogleの方針があり、アフィリエイトサイトのような信頼性の低いサイトは高順位を獲得しづらくなっています。

 

このようなジャンルに今からチャレンジしても収益化出来る可能性が限りなく低い為、絶対に避けるべきです。

 

◆未来を見据えたジャンル選びとは

未来を見据えたジャンル選びとは

 

簡単に言ってしまえば、先程紹介した2つのパターンに当てはまらないジャンルを選ぶようにしましょう。

まずYMYLに関わるジャンルを全て省きましょう。

・金融系

・投資系

・ローン系

・法律系

・医療系

・美容系

・サプリなど健康食品

このあたりはまず最初に省くジャンルとなります。

 

上記以外のジャンルで興味がありそうなジャンルを探してみて下さい。

探す際にはジャンルや案件数の多いASP「A8.net」から探してみることをお勧めします。

 

興味があるジャンルが見つかったら、そのジャンルに関連するキーワードを実際に検索してみましょう。

例えばですがファッションに興味があれば「コーディネート 春」とか「ワンピース コーディネート」などですね。

実際に検索してみるとZOZOやWEARなどSEOに強い企業サイトが上位を獲得していることが分かります。

 

そうなるとなかなかアフィリエイトサイトが勝つのは難しいですから、キーワードを変えるジャンルを変えるかする必要があります。

 

このようにしてジャンルを絞っていき、勝てるジャンルさえ見つけることさえ出来ればあなたのアフィリエイトの未来は明るいものになるでしょう。

 

おすすめのジャンルや商品は以下の記事に書いております。

アフィリエイト商材の選び方!おすすめジャンルと商材【2019】

 

アフィリエイトで稼げるかどうかは参入するジャンルによって8割決まると言っても過言ではありませんから、時間をかけてでもちゃんと選定しておきましょう。

 

では!

秋田 健でした!

 

 

<合わせて読まれている記事>

アフィリエイトの始め方!初心者が実際に3万稼ぐまでの手順

アフィリエイトにおすすめなサーバー比較!初心者に人気なのはこれ!

アフィリエイトの勉強方法!半年で月収100万に至った学び方とは

アフィリエイトは今からだと遅い?今更?実際に始めてみた結果