こんにちわ。

アフィリエイターの秋田 健です。

 

ブログを始めたばかりの方が100%悩む&不安になるのは

アフィ子アフィ子

アクセスが稼げるブログの書き方が知りたい・・・

アフィ男アフィ男

どのぐらい書けば収益化出来るのだろう

秋田 健秋田 健

彼らと同じような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか

実際、私のところにこういった内容の問い合わせがたくさん来ますしSEOコンサルタントとして企業のサイトを見ていた時もクライアントから同じような質問をされました。

気持ちはとても分かります。私もブログアフィリエイターとして駆け出しの時は「ブログ アクセスアップ」とか「ブログ 記事の書き方」とか毎日検索して不安をなんとか払拭しながら続けていました。

しかし半年間書き続けた結果、月収100万円を稼ぐことが出来るようになりました。

 

そこでこの記事ではブログのアクセスアップを成功させる為のノウハウを全て解説していこうと思います。

アフィリエイターとしての目線だけではなくSEO専門家としての目線でも解説していきます。

ネット上にはアフィリエイターがSEO対策について書いた記事がたくさんありますが、正直間違ったことを書いていたり効果がない方法を書いていたりするので、この記事を書かせて頂く事にしました。

ご紹介する内容は私のサイトで成功した方法だけではなく、SEOコンサルタントとして何百ものサイトに提案し効果があった方法だけを紹介しますので正しく実践して頂ければ効果は期待して頂いて問題ありません。

あなたがブログで稼ぐ為の第一歩になれば幸いです。

 

記事の内容

◆ブログのアクセスアップをする方程式とは

ブログアクセスアップの方程式

 

まずはブログのアクセスはどのような要素で構成されているのかを正しく理解することが重要なので絶対に崩れない方程式を解説しておきます。

当たり前のことですが、この理解をしておけなければやるべきことが明確になりませんしこれから私が解説することの理解が薄まってしまうので飛ばさず読んで下さい。

 

アクセスアップの方程式

・表示回数×クリック率=アクセス

※表示回数とは検索結果にあなたのサイトが表示されれば1カウントとなります。

 

はい。メチャクチャ当たり前のことですね。

ですが、あなたのブログのアクセス数を増やすためには「表示回数を増やす」or「クリック率を上げる」しか方法がないことがお分かり頂けたと思います。

では、表示回数を増やすためにはどうしたらいいでしょうか。

 

表示回数を決める要素

①検索数を増やす

②あなたのブログの順位を上げて表示される回数を増やす

 

この2つだけです。

そのうち「①検索数を増やす」に関してはあなたの力で出来ることではありません。

私がこの記事のアクセス数を増やしたくても「ブログ アクセスアップ」という検索数を私の力で意図的に増やすことは出来ませんね?

ブログを開設する人が増えることで勝手に検索数が増えたりしますから私の力ではどうこう出来るものではありません。

つまり、表示回数を増やすためには「②順位を上げる」しか方法はないのです。

 

次に「クリック率を上げる」にはどうしたらいいでしょうか。

 

クリック率を決める要素

①記事のタイトルを工夫する

②ディスクリプションを工夫する

③あなたのブログの順位を上げる

 

この3つだけです。

これらはそれぞれあなたの努力でどうにでもなります。また、表示回数を増やすことにも出てきた「順位を上げる」ということがクリック率にも出てきましたね。

Googleで検索結果のTOP10に入れた場合のクリック率は以下のようになっています。

Googleクリック率データ

※参照:INTERNET MARKETING NINJAS

 

例え5位を獲得できてもたった3.5%程度しかクリックされず、1位を獲得できれば急に20%以上もクリックされることが分かっています。

つまり、タイトルを魅力的にしたりディスクリプションを工夫したりするよりも順位を上げる方が圧倒的にクリック率アップに繋がるということです。

もちろんタイトルやディスクリプションを工夫することは大切なことではあるので後ほど具体的に工夫すべきポイントは解説しますが、順位を上げることがクリック率アップに大きく貢献するということを理解しておいて下さい。

 

ここまで「アクセスアップの方程式」や「表示回数を増やす要素」「クリック率を上げる要素」について解説してきましたが、結局順位を上げることが表示回数を増やすことにもクリック率を上げることにも寄与する為、一番効率的にアクセスアップ出来る方法である。

ということがご理解頂けましたでしょうか。

 

◆ブログのアクセスアップは無料で出来る?

ブログアクセスアップ無料

 

結論からお伝えすると無料で出来ます。前述した検索順位を上げることはSEO対策を行うことで可能であり、SEO対策は無料で出来ます。

SEOコンサルタントとして様々な企業からお金を頂きSEO対策を施し順位を上げていた時に提供していたのは、「ノウハウ」これだけです。

つまり何かお金がかかるようなことをして順位を上げていたわけではなく、SEO対策の知識がない方々に「どうやったら順位が上がるのか」を教えることでお金を貰っていたのです。

つまり知識さえあれば検索順位を上げることは無料で出来るということです。

そしてブログの順位を上げる為のSEO知識を私はこのブログで全部紹介しています。

 

実際に私もSEO対策にお金をかけることなく無料で1位をガシガシ獲得しています。

1位獲得キーワード

※サーチコンソールのデータです。

 

画像が長くなってしまうので一部のみにしましたが月収100万円稼いでいるサイトの直近3か月のデータは以下のような感じです。

 

順位別キーワード数1位のキーワード数:48個

2位~5位のキーワード数:348個

6位~10位のキーワード数:329個

 

こんな感じでテールワードを中心にたくさんのキーワードでTOP10に入りアクセスアップすることに成功しています。

このノウハウはこのサイト内で全て紹介していくので、実践してみることをお勧めします。

では早速順位を上げる超具体的な方法を紹介していきます。

 

◆ブログアクセスアップ方法① 順位を上げる

アクセスアップ方法順位アップ

 

では一番気になるであろう順位の上げ方から解説していきます。

企業サイトのように何万ページもあるようなサイトの順位を上げらなければいけない場合は、様々な知識を使いつくす必要があります。

しかし個人が運営するブログであればSEO知識は大して必要ありませんので、安心して下さい。

・SEO対策は3つだけで充分1位を取れる

一番重要かつこれだけやっていれば検索結果で1位を取れます。というものをご紹介しておきます。

重要なSEO対策は3つだけです。

 

①タイトル設定

②サイトコンテンツの強化

③内部リンクの強化

 

これだけです。本当にこれだけで充分なんです。

狙ったキーワードで上位表示されるようなタイトルを決め、ユーザーが求めるコンテンツを用意し、関連する記事にリンクを貼る。

これでブログで稼ぐためのSEO対策はバッチリです。

アフィ子アフィ子

タイトルってどうやって決めたらいいの?ユーザーの求めるコンテンツってどうやったら書けるの?

アフィ男アフィ男

本当にこれだけで1位取れるの?

と思われた方はこちらの記事を参考にして下さい。私が1位を量産した「タイトルの決め方」「コンテンツの書き方」「リンクの貼り方」を全て解説しております。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

 

・モバイル対応のチェックをしておく

前述した3つのSEO対策をマスターして頂ければ基本的にはOKです。

しかし参入するジャンルによっては競合が多く上位表示が難しかったり、テールワードではなくミドルワードでも上位表示されるようになりたい。という希望もあるでしょう。

そういった場合にはここから解説するいくつかの方法を実践してみて下さい。

 

まずはモバイル対応です。

今や検索の大半はスマホであり、Googleはサイトやブログがモバイル最適になっているかどうかを順位決定のロジックに組み込んでいます。

SEOをある程度知っている方はモバイルファーストインデックス(MFI)とかモバイルフレンドリーとかは聞いたことのある単語かと思います。

ただしブログを運営するうえでそこまで詳しく知っておく必要はありません。

必要なのは「レスポンシブ対応」にしておくことです。

 

レスポンシブ対応とはPCで見た場合とスマホで見た場合でURLが変わらないのに勝手にサイズやデザインが最適化される仕組みのことです。

これさえやっておけばモバイル対応は問題ありません。

そしてこれをブログに取り入れる為には、レスポンシブ対応が出来るワードプレステーマを選ぶことです。

 

今自分のサイトがモバイル対応できているのか分からない方は、Googleがテストできるツールを用意してくれているのでやってみればすぐに分かります。

こちらにアクセスすると以下のような画面に飛ぶので、そこに自分のブログのURLを入れればGoogleがチェックしてくれます。

 

モバイルフレンドリーテストツール

 

・ページ表示速度を上げる

検索順位を決定するロジックの中で段々と重要度が増してきているのがサイトのページスピードです。

正直これを上げたからと言ってもの凄く順位が上がるわけではありませんし、ブログアフィリエイトはたくさんのページを遷移してコンバージョンにいきつくような収益モデルでもありませんので、優先度は低めです。

ただし、基本的なSEO対策が整い上位TOP3を争うような場合はやっておくべきです。

Googleはスピードアップデートというものを行い、サイトの表示速度が遅いサイトは検索順位を下げることもしています。

 

サイトの表示速度を上げる為には画像の圧縮やcssの圧縮、キャッシュの活用など様々な方法がありだいたいのことはプラグインで行えます。

私がページスピードを上げる為に使っているプラグインは以下の3つです。

 

・EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

・Speed Up – JavaScript To Footer(JSの読み込み遅延)

・WP Fastest Cache(キャッシュの活用)

 

 

また、サーバーの速度を上げることも非常に有効です。

契約するサーバーによって表示速度が変わる(検索順位アップに寄与する)のでなるべく速度の速いサーバーを選択するようにしましょう。

一番おすすめなサーバーはミックスホストです。低価格にも関わらず速度が非常に早くアフィリエイターでは人気なサーバーです。

低価格なのにスペックが非常に高いので、他のサーバーを使っているのであれば次回の契約からミックスホストに切り替えることをお勧めします。

 

公式サイトはこちら

MixHost

 

あなたのサイトが今どのぐらいのスピードなのかもGoogleが無料ツールを出してくれているので、試してみると良いですよ。

こちらにアクセスすると以下のような画面になるので、モバイルフレンドリーテスト同様にあなたのブログURLを入力すればGoogleが計測してくれます。

 

ページスピードインサイト

 

計測後の結果画面にどういうことをすれば表示速度を早めることが出来るのかも書いてくれているので参考にしながら改善しましょう。

目安として「遅い」と出なければ基本的に問題ありません。

 

・SSL化対応させる

SSL化とはサイト内のセキュリティを万全に整える仕組みのようなものです。

URLが「http://~」で始まるサイトはSSL化されておらず「https://~」で始まるサイトはSSL化されておりセキュリティ上安心して使用できるサイトということになります。

 

このサイトでもSSL化をしている為、URLが「https://afi-guide.com/」となっています。

これが整っていないサイトに訪れるとURL欄のところに以下の画像のような表記が出ます。

 

SSL化未対応サイト

 

この表記が出るとユーザーも安心して使えませんよね。

ブログアフィリエイトで商品を紹介するぐらいならサイト内で個人情報の入力などをしてもらうタイミングはない為、直接的な問題はないのですが通販サイトや予約サイトなどは個人情報をガッツリ入力しますからセキュリティ的に安心できるサイトであることが望ましいですね。

実はこのSSL化されているかどうかが検索順位を決めるロジックに組み込まれています。

これをやったからメチャクチャ順位が上がるというものではないものの、検索結果のTOP10のうち90%近くがSSL化されたサイトであることは事実です。

もちろんGoogleも正式に推奨しています。

ユーザーとしても安心してブログを閲覧できるので無駄な離脱を生むことがありませんし、検索順位を上げる観点でもプラスに働くので対応しておくことをお勧めします。

 

SSL化のやり方は非常に簡単で契約するサーバーによっては無料でSSL化がついてきます。

こういったサーバーと契約して「Really Simple SSL」というプラグインを入れさえすれば完了です。手間はかからないのでやっておきましょう。

前述したミックスホストはSSL化も無料で出来ます。

 

 

 

公式サイトはこちら

MixHost

 

・更新頻度を上げる

Googleの使命はユーザーにとって価値のあるサイトを表示することです。その為、情報が古くてユーザーにとって意味のないブログは上位表示されません。

だからこそGoogleは更新性が高いサイトの評価を高めます。

記事をガツガツ上げるという意味の更新でも良いですし、記事の修正で最新の情報を付け加えていく形でも問題ありません。

ただし、ちょっとタイトルを変えたりするだけの意味のない更新は評価されませんから注意して下さいね。

タイトルの末尾についている「!」を消したりする。

みたいな小手先のテクニックはGoogleに通用しませんので。

 

アフィリエイトブログは毎日更新すべきは嘘!?正しい更新頻度とは

 

・インデックス促進を強化する

皆さん「sitemap.xml」は作ってますか?

記事を追加・更新したら「Fetch as Google」していますか?

もしこの意味が分からなければ読んで下さい。意味が分かる方は飛ばしてもらって問題ありません。

 

インデックスとは?

インデックス(index)とはGoogleの検索結果にサイトや記事が出るようになることを指します。

 

あなたがどんなに良い記事を書いてもGoogleに気づかれず検索結果に表示されなければ意味がありません。

Googleは「bot」というロボットを使って自動的に世界中のサイトを回遊しまくって把握します。そしてその情報の中から検索されたワードに最適だと判断したサイトを表示します。

つまりGoogleにまずは認識して貰わなければユーザーに見つけてもらうことは出来ないということです。

 

ブログを始めたばかりでサイトの規模が小さいとGoogleに見つけて貰えないことがあります。

これを回避する為に出来ることは2つです。

 

・sitemap.xmlの送信

・Fetch as Google

 

sitemap.xmlとはGoogle専用でサイトのURLを記述しておくテキストファイルです。

これを作っておくことによってGoogleはあなたのブログにあるページを全て把握してくれます。

これはプラグインで作ることが出来ます。私が使っているのは「Google XML Sitemaps」というプラグインです。

記事の更新をしたり記事を追加したりすると自動でそのURLを追加してくれるので非常に便利です。

 

Fetch as Googleとはサーチコンソールで出来る機能の1つで、Googleのbotを強制的に呼び寄せることが出来ます。

やり方も簡単で30秒ぐらいで終わる作業なので、記事を追加したらやっておくとGoogleにインデックスされるスピードが速まります。

 

これらを使いこなすことによってあなたのブログをより早く正確にGoogleに伝えることで、最終的にユーザーに届けるスピードも上がります。

ユーザーに早く見てもらうことが出来ればもちろんアクセスアップになりますね。

 

また、もちろん順位上昇にも影響があります。

sitemap.xmlがなければGoogleはあなたのブログにある全てURLを把握することが出来ない可能性があります。

サイト内に内部リンクがしっかり張り巡らされていれば問題ないかもしれませんが、そうではない場合あなたのブログの1部しかGoogleが発見出来ない可能性があるということです。

そうなったらせっかく頑張って書いた良質な記事を見つけて貰えず正しい評価を得られません。

つまり本当はもっとサイトの評価が高い為、高い順位にいるはずなのにGoogleに気づかれないことで順位が上がっていない可能性があるということになります。

これを回避する為にもインデックス促進をしてGoogleに正しく評価して貰いましょう。

 

◆ブログアクセスアップ方法② クリック率の高いタイトル設定

アクセスアップ方法クリック率アップ

 

こちらの記事でSEO的に強いタイトルの設定方法を学んで頂いたという前提で解説しますので、必ず読んでおいてください。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけ

 

上記の記事を読んで頂いた方はお分かりだと思いますが、タイトルは出来るだけシンプルかつ32文字以内でキーワードを文頭に寄せる必要があります。

これは絶対的な法則なので崩さずに、それに加えてクリックを促すような言葉を入れ込んでいく必要があります。

これにはいくつかのテクニックがあるのでご紹介していきます。

①誰に向けたブログかタイトルに入れる

具体的なテクニックでいうと「初心者必見!」とか「薄毛に悩んでいる方へ!」とか「愛犬家のあなたへ」などなどです。

基本的にネットは世界中に発信されるものですが、人は「1to1」に弱いです。

自分にこれが当てはまる!と感じて貰えればクリックして貰える可能性が非常に上がります。

あえてターゲットをタイトル内に入れることでクリック率を高めることが出来ます。

 

②具体的な数字を入れる

これも良く見る手法だと思うのでイメージが付くかと思いますが、具体的な例を出すと

「アフィリエイトで稼ぐたった1つの方法」「節約術30選」「たった3分で理解できる」とかそういったものですね。

具体的な数字を入れることで人は興味を示します。

フワッと「主婦の節約術」よりも「主婦の節約術30選」の方が様々な手法が得られることが想像できますね。

逆に「アフィリエイトで稼ぐたった1つの方法」とかは、厳選された方法だけが知れることが想像出来る為興味をそそられます。

 

③実績を入れる

これは私が良くやる手法です。笑

この記事のタイトルにも入れていますが「SEO専門家が解説」など私の実績(この場合は経歴ですが)を伝え、本当に意味のあるアクセスアップ術だけを解説していることをタイトルでも訴求しています。

他にも「月収50万円のアフィリエイターが伝える」とか「現役プログラマーが教える」とかがこれにあたります。

 

このような実績は明らかに他サイトとの差別化になりますし、自分にしか出せないポイントでもあります。

そういった実績が出せる方は使ってみることをお勧めします。

 

④得られるメリットを明確にする

この記事を読んだらどんな知識が得られるのか、どんな疑問が解決できるのかを明確にすることでターゲットを逃がさないタイトルにすることが出来ます。

この記事でいえば「アクセスアップの方法」が得られることが伝わると思います。

「プログラミングを覚えるコツ」とか「結婚相談所の選び方」とかもこれにあたりますね。

よく日記みたいに「結婚相談所に行ってみた」みたいなタイトルのブログがあったりしますが、「実際に行ったからこそ分かる結婚相談所の選び方」的なタイトルの方が興味を惹かれますよね。

どんな内容のブログであり、読めばどんなメリットがあるのか。を明確にすることでクリック率は改善できます。

 

⑤興味の沸く言葉を入れる

上記で解説した以外にも人の興味を引く言葉はたくさんあります。

「現場で役立つ」とか「すぐに使える」とか「無料で解説」などなど。

この辺は様々なサイトのタイトルを参考にしたり、電車の広告のキャッチフレーズを参考にしたり、TVCMのフレーズを参考にしたりすると勉強になります。

このような文言も入れる、かつSEO観点も含めて32文字以内というのは非常に短く難しいのですがタイトルは一番といっても良いほど重要なので時間をかけてでもベストなものを考えましょう。

 

◆ブログアクセスアップ方法③ クリック率の高いディスクリプション設定

アクセスアップ方法クリック率上げる

 

前提としてディスクリプションにいくらキーワードを入れようが、どんなに良いディスクリプションを書こうが順位が上がることはありません。

SEOの知識が浅い方は勘違いしている方が多いので注意して下さい。

クリック率が上がってページの評価が上がり間接的に順位が上がることはあるかもしれませんが、直接的にディスクリプションが順位上昇に影響を与えることはありません。

これはGoogleも明言しています。

クリック率を上げる為だけにあるテキスト内容です。

ディスクリプションとは下の画像の部分を指します。

 

ディスクリプション解説

120文字程度で記事の内容を要約した部分になります。

ここに入れるテキストもタイトルでクリック率を上げる考え方と同じです。

 

・誰に向けたブログなのか

・具体的な数字を入れる

・実績を入れる

・得られるメリットを明確にする

・興味が沸く言葉を入れる

 

これを徹底することでクリック率は上がります。

またディスクリプションは入れられる文字数が多い為【】を入れたりして伝えたいことを強調するのもテクニックの1つです。

タイトルには文字数の関係で入れられなかった言葉をディスクリプションの文頭に【】付きで入れることで目立たせることが出来ます。

実際に、上の画像でも【SEO専門家が解説!】という風にしてクリック率を上げる為のテクニックが入っています。

タイトルと同じようなことを伝えても仕方がないので、タイトルでは伝えきれなかった要素をディスクリプションに入れると考えて下さい。

 

◆何記事書けばアクセスが増えるの?

アクセスアップは何記事書けばいいの?

 

これも非常に多くの問い合わせを頂く質問内容です。皆さん気になるところだと思います。

アクセスアップを狙うには順位を上げる必要があるということをお伝えしておりますので、何記事書けば順位が上がるのかを解説いたします。

結論からお伝えすると、明確な基準はありませんが80記事~150記事程度を目指してください。

いや、幅広くね?と思われるかもしれませんが、どのぐらい書けばいいのか判断基準と手順をお伝えするのでご安心下さい。

 

判断基準や手順をお伝えする前に前提だけお伝えしておきます。

基本的にSEOではサイト規模が大きいサイトの方が評価は高まり順位が上がりやすいです。

サイト規模が大きい方が内部リンクの数を担保出来る為、評価を上げやすい為です。

しかし、SEOコンサルタントをやっていた際に良くあることでしたが70記事しかないサイトが300記事あるサイトよりも上位表示されているというようなことは良くありました。

これが起きている場合には必ず、規模は小さいけど1記事1記事の質が高いという特徴がありました。

つまり重要なのは「記事数 < 1記事あたりのコンテンツ量・質」ということになります。

 

とはゆえ30記事のサイトが300記事のサイトに勝てるかというと厳しい為、差が開きすぎてしまうと勝てないのも事実ですから80記事程度はないと、記事が良くても勝ち切れないです。

何が言いたいかというと、SEO対策は記事数が多ければ順位が上がるというほど単純ではなく相対的な評価で順位が決まる為

「記事書きまくれば順位上がるんでしょ?」という勘違いだけはしないで下さい。

ということです。

1記事1記事ちゃんとユーザーの為になる質の高い記事を書くことは「前提」のうえで、どのぐらい書けばいいのかを判断して下さい。

質の高いってどのぐらいの文字数?という疑問は次の項目で解説いたします。

 

記事数を判断する為の手順は以下のようになります。メチャクチャ簡単2stepです。

 

①絶対上位表示させたいキーワードを5つ考える

②そのキーワードで上位表示されているサイトの記事数を確認する

 

まずは参入するジャンルにおいて絶対取りたいキーワードを考えます。

絶対に取りたいキーワードとは「商品購入に繋がりやすく、比較的検索数の多いキーワード」を指します。

商品購入に繋がりやすいキーワードの例を出すとこんな感じですかね。

健康系
「サプリ おすすめ」「青汁 比較」

転職系
「転職エージェント おすすめ」「転職エージェント 口コミ」

ペット系
「ドックフード 比較」「ペット用品 安い」

とかですかね。基本的には「おすすめ」「口コミ」「評判」「比較」などは購入に至る可能性が非常に高く、ジャンルを問わずどのアフィリエイトサイトも欲しいキーワードです。

 

次に検索ボリュームの調べ方は2つ方法があります。

1つはリスティング広告を出している方のみが正しい検索ボリュームが分かる「キーワードプランナー」というGoogleのツールを使う方法です。これが唯一正確な検索ボリュームが分かる方法です。

しかしリスティング広告を出さなければいけない為、初心者の方にはなかなか厳しい条件でしょう。

安心して下さい。2つめは初心者の方でも無料で使えます。

私も使っていますがaramakijake.jpという無料ツールがあります。クリックして貰うと以下のような画像に飛びます。

 

aramakijake.jp

 

「キーワード」のところに検索数を調べたいキーワードを入れて「チェック」を押せば一瞬で検索ボリュームを表示してくれます。

検索数が少なすぎると「データがありません」と出てしまいますが、ある程度検索数があるキーワードであればザックリと検索数が分かります。

検索数が300~500程度のものであれば初心者の方が狙うにはベストなキーワードです。

これらを駆使してまずは「絶対上位表示させたいキーワード」を5つ探しましょう。

 

次のステップでは、それらのキーワードでTOP5に入っているサイトは何記事あるのかを調査します。

調査方法は簡単で、調査したいURLの前に「site:」を入れるだけでGoogleにインデックスされているページ数が分かります。

例えば、ぐるなびでやってみましょう。

ぐるなびのURLは「https://www.gnavi.co.jp/」です。

これの前に「site:」を付けて検索してみましょう。「site:https://www.gnavi.co.jp/」で検索です。

 

インデックス数調査

 

 

このように検索するとGoogleが認識しているそのサイトのページ数が表示されます。

これと同じ方法であなたの競合がどのぐらいのページ数を持っているのかが分かります。

 

この際、2つだけ注意点があります。

 

①必ずTOPページのURLの前に「site:」をつける

②有名企業は相手にしない

 

まず必ずそのサイトのTOPページのURLの前に「site:」をつけて検索しなければ正しい数値が出ません。

このサイトであれば「https://afi-guide.com/」がTOPページのURLです。

この記事の「https://afi-guide.com/access-up/」でやってはダメということです。

 

次に、有名企業は相手にしてはいけません。ほぼ勝てません。

キーワードによっては勝てたりすることももちろんありますが、有名企業が運営しているサイトは何千ページとあるサイトばかりですから個人で運営する100程度のページ数では太刀打ちするのは厳しいです。

例えばグルメ系のジャンルに参入して「レストラン おすすめ」で上位表示されたい!と思っても、TOP10は「ぐるなび」「食べログ」「一休」などが占拠しています。

これらのサイトを押しのけてあなたのサイトがTOP10に入るのは無理です。例に挙げた「ぐるなび」も15,000ページぐらいありますからね。

ですから、上位表示されたい!と思ったキーワードで検索してみて企業のサイトがTOP10を占拠していたら諦めて他のキーワードを狙いに行きましょう。

負け戦をする必要はありません。こっちは企業と違って検索数が少ないワードでも複数取れれば月収100万円が見えるわけですから、企業がいないブルーオーシャンを狙いましょう。

 

このようにして上位表示させたいキーワードで実際に上位に入るサイトがどのぐらいのページ数があるのかを調べ、簡単にいえばそれと同じぐらい書けばいいのです。

競合が100記事ぐらいならそれでいいし、150記事ならそれぐらい書く必要が出てきます。

 

冒頭で80記事~150記事とお伝えしたのは私の長年の経験上、アフィリエイターが欲しいようなテールワードであれば上位表示されているサイトはそのぐらいの規模感だからです。

稀に500記事以上あるようなビックアフィリエイトサイトもありますが、その下には150記事ぐらいのサイトがきていたりします。

つまり、そのぐらいあれば戦える。ということです。

ですがこれは私の経験上なので、前述した調査方法を使ってあなたのブログはどのぐらい記事を書けば上位表示出来てアクセスアップに繋がるのかを判断してみて下さい。

 

アフィリエイトで稼げる記事数を解説!あなたの場合は何記事?

 

◆1記事あたり何文字書けばアクセスが増えるの?

何文字書けばアクセスアップになる?

 

では次に1記事あたり何文字程度あれば上位表示されるのかを解説させて頂きます。

こちらも目安でいうと3,000~5,000文字となります。

SEOコンサルタントとしてもアフィリエイターとしても様々なキーワードで検索しまくり上位表示されているサイトの傾向を調査しましたが、テールワードの場合は3,000文字程度でミドルワードの場合は5,000文字程度が必要です。

え、メチャクチャ多いじゃん。と思われるかもしれませんが、このぐらいは必要だと覚悟を決めて書いてください。

 

良くアフィリエイターが1,000文字ぐらいの記事を量産した。とか1,500字以上は書きましょう。と言っていますが、それでは全然足りません。

競合性がメチャクチャ低いキーワードであればそのぐらいでいける場合もありますが、それをやると大半の記事が上位を獲得できず無駄記事が大量発生します。

書いても見られていない記事ばかりのサイトになるということです。

そうではなく1つ1つの記事を本気で書き無駄な記事を作らない方がよっぽど効率的です。

 

でもね、ほんとにユーザーの為になる記事を書こうと思ったら3,000字とか5,000字ってすぐですよ。この記事でいえば2万字ぐらいありますからね。

勘違いして欲しくないのが「文字数が多い=Googleから評価される」ではありません。

ブログアフィリエイトで効果のあるSEO対策はたった3つだけでも解説していますが、Googleは検索ワードに対して情報が網羅的に入ったページを評価し上位表示します。

つまり、ユーザーの欲しい情報量を担保しようと網羅的に解説した結果、文字数が必然的に長くなり上位表示されるのです。

その為、ユーザーの役に立たない日記みたいな記事を10,000字書いたところで意味はありません。

検索ユーザーが知りたいと思うことについて網羅的に解説し悩みや疑問を解決出来る記事であれば3,000字~5,000字ぐらいは自然といきます。

「長く書こう!!」ではなく「ユーザーの悩みを解決しよう!!」という意気込みで書いてみて下さい。

それが結果的に上位表示に繋がりアクセスアップとなります。

 

アフィリエイト記事の文字数目安は?多い少ないの判断基準とは

 

◆ブログのキーワード選定やネタの探し方

キーワード選定とネタ探し

 

いざブログを書こうと思ってもこんな悩みをお持ちの方が多いと思います。

 

アフィ子アフィ子

どんなキーワードでブログを書けばいいか分からない

アフィ男アフィ男

150記事も書けるほどキーワードを探せない・・・

秋田 健秋田 健

ブログを運営していく上で誰もが通る悩みであり1つの壁ですね。

そんな方々のために、キーワード選定やネタ探しに困らない方法を3つご紹介させて頂きます。

 

①サジェストツールを使う

サジェストとは検索結果の一番下に出てくる関連キーワードのことです。

下の画像は「ブログ」と検索した際の一番下に出てくるサジェストです。

サジェスト

このようにGoogleは検索結果の一番下に、検索ワードと一緒に検索されるようなワードや近しいキーワードを並べてくれています。

しかしこれを1つ1つ見ていったり探しまくっては時間の無駄ですね。

そこでこのサジェストが一気に表示できるツールを使用します。もちろん無料ですし私も愛用しています。

こちらからアクセスすると以下のような画面に飛びます。

 

サジェストツール

 

「検索キーワード」というところに調査したいキーワードを入れると、そのキーワードと一緒に検索されることが多いキーワードを全部アイウエオ順で表示してくれます。

試しにブログでやると、こんな感じでたくさんのキーワードが出てきます。

 

サジェストツール例

 

これを使うことで検索キーワードにはどんなものがあるのか一瞬で分かるので、キーワード選定やネタだしに困りません。

 

②知恵袋からヒントを得る

こちらはネタ出しだけではなく、上位表示したいキーワードにおいてユーザーがどんなことに疑問を持っていたり悩んでいるのかが分かるのでお勧めのツールです。

yahoo知恵袋で対策したいキーワードを検索するとたくさんの方がそのワードに関連する疑問を投げかけているので、それを参考にしながら悩みを解決できる記事を書くことが出来ます。

 

③競合サイトを参考にする

今や競合アフィリエイターのいないジャンルなんてありません。これを活かして競合が対策していて自分が対策していないキーワードを洗い出すという方法があります。

競合アフィリエイトブログサイトの記事を見てみると「これについて書いてなかったなぁ」とか「このキーワード取れてないなぁ」というものがあったりするので、それについて競合が書いているようなこととは別に自分の言葉で解説します。

こういった形で自分がまだ書いていない内容を洗い出し記事にするという方法です。

 

以上3つの方法をご紹介させて頂きました。

これらを駆使すればキーワード選定やネタ出しに困ることはありませんので、是非参考にしながら良質な記事をたくさん書きあげて下さい。

 

◆ブログのアクセスアップにSNSは必要?

アクセスアップにSNSは必要?

 

これも皆さんから良く質問を受けるので解説させて頂きます。

結論としては、特化型サイトの流入数アップのためだけにやるのであれば必要ありません。

雑多系のブログアフィリエイトであれば流入数アップに繋がるので必要です。

特化型サイトとは何かのジャンルに特化してブログを構成していくパターンです。

雑多系とはジャンルを問わず話題になっているようなことについてブログで書くパターンです。

詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい。

アフィリエイトの仕組みと種類を解説!初心者でも丸わかり図解

 

①特化型サイトのパターン

どのアフィリエイトサイトも同様ですが、流入数の90%ぐらいはGoogleなど検索エンジンからの自然検索流入です。

つまりSNSをやったところで大して流入数が増えるわけではありません。

またジャンルによってはターゲットを探すのが非常に難しいという問題もあります。

あなたのサイトのジャンルに当てはまる方はたくさんSNS上にいます。

例を挙げると

 

・不動産ジャンル⇒家の売却や購入を考えている方

・転職ジャンル⇒転職を考えている方

 

などですね。

しかし、これらの情報をプロフィールにわざわざ書いているとは限りませんしハッシュタグをつけているとも限りません。

ペット系だったりすればアップしている写真や内容で分かったりもしますが、ジャンルによってはターゲットを発見しづらく見込み客と繋がれない。という状況にもなり得ます。

このようにSNSでアカウントを作ってつぶやいたりしているぐらいだったら、記事を書いた方が流入数を増やしやすい。というのが特化型サイトのパターンです。

 

ただし、サイトに訪れてくれた方とのコミュニケーションを取ったりファンを作ったりするにはSNSが活躍してくれます。

サイト内に「お問い合わせ」というページがあり連絡を取れる手段はもちろん作っているのですが、やはりSNSを通してダイレクトメールが来ることの方が圧倒的に多いです。

そこから相談に乗ったりコミュニケーションを取ることでファンになって下さる方を増やしていくのは非常に有意義な使い方です。

その方がまたあなたから商品を購入してくれるかもしれませんからね。

 

このように特化型サイトの場合は、あなたの目的によってやるべきかやらなくても良いのか検討しましょう。

 

②雑多系のブログパターン

こちらのパターンは圧倒的にやるべきです。

雑多系の場合は基本的に「今、話題になっていること」について書くのでリアルタイムで情報発信できるSNSとの相性は抜群です。

興味を引くような記事のタイトルを作って、話題になるような記事を書けばSNSだけでバズり流入数が激増する可能性を秘めています。

雑多系のブログだと「今」話題になっていることについて「今」書いても、その記事がGoogleなどで順位が上がるまでの間にその話題が過ぎ去ってしまっている可能性があります。

しかしSNSなら「今」話題になっていることを「今」届けることが出来ますね。

「面白い記事を書けば書くほど拡散されファンが増え続ける⇒1記事あたりのSNS流入数が増え続ける」というプラスのサイクルを生み出せるので、雑多系のブログであれば必ずSNSはやっておきましょう。

 

◆ブログ村などのランキングサイトに登録は必要?

アクセスアップにブログランキングは必要?

 

これもSNSの次によく聞かれます。「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」などのいわゆるブログランキングサイトへの登録はした方がいいのか。という内容ですね。

結論しては無駄なので必要ありません。

ブログランキングはたくさんのブログが登録してあって、あなたのサイトからブログランキングにユーザーが遷移したり、逆にランキングサイトからあなたのサイトへユーザーが遷移するとポイントが入る。

このポイントが高いサイトがブログランキングで上位に表示される。というものです。

 

やらなくて良い理由は3つです。

 

①ブログランキングで上位になったところで、ランキングサイトからあなたのページに遷移してくるのはブロガーの為収益には繋がらない無駄な流入である。

②そもそも上位になったところで大した流入数は獲得できない。

③被リンクが受けられるからやった方が良いというのはSEOのことを分かっていない。

 

これは私も試しにやってみた結論です。たぶん意味ないだろうなぁ~と思いつつ、やるからには本気でやろうと思い、あるジャンルの1位までいきました。

ただ、大して流入はなかったですしそこから収益に繋がるようなことはありませんでした。

 

また、被リンクが受けられるというのはSEO対策として有効であることは間違いありません。

 

被リンクとは

あなたのサイト以外からリンクが貼られることを「被リンク」と言います。外部リンクとも呼びます。

Googleは「他サイトがあなたのサイトを紹介した⇒価値のあるサイトである」と判断する為、被リンク数が多いサイトの順位を上げます。

 

ですが、被リンクの効果はたった1ドメインから受けたぐらいで効果が出るものではありません。最低でも10ドメインぐらいから被リンクを貼られなければ大した意味がないです。

さらに言うと、あなたのサイトのジャンルや記事の内容と関連した他サイトからのリンクでなければ大して評価は上がりません。

つまり、ブログランキングサイトへ登録したところで流入数は大して増えないし収益にもならない、SEO効果もない。

むしろブログランキングサイトに登録したらあなたのサイトからランキングサイトへのリンクを貼らなければいけませんから離脱される可能性すらあります。

無駄と言い切った理由がお分かり頂けたでしょうか。

これをやるなら一心不乱に記事を書くことに集中しましょう。

 

◆アクセス数と収益額は比例する?月収100万のアクセス目安は?

月収100万円のアクセス数目安

 

私も最初の頃「ブログ アクセス数 収益目安」とか調べてました。気になりますよね。

どのぐらいアクセスを集めれば自分が目標とする金額に届くのか。目安が欲しくなりますよね。

ということで解説いたします。

結論からお伝えするとアクセス数と収益額は比例します。

その為、収益額を増やしたかったら流入数を増やしましょう。

※ちゃんと見込み客を集められており、ブログランキングからの流入など無駄なアクセスがない前提です。

 

しかし勘違いして欲しくないのは扱う商材によって目標アクセス数が変わるということです。

 

私の場合は月収100万円達成した際のアクセス数は約12,000セッションでした。

扱っている商材は10,000円程度でしたから、単純計算で120セッションで1人が買ってくれたことになります。自分でいうのも何ですが、これはまぁまぁ購入率が高いです。

また扱っている商材が比較的高単価であることもこの程度のセッション数で月収100万円にいきついた要因です。

 

ではあなたの商材の場合はどうでしょうか。ASPアフィリエイトで稼ぐかクリック型アフィリエイトで稼ぐかで大きく目標値が変わるのでそれぞれ計算方法をお伝えいたします。

月収100万円を目指すために必要なアクセス数を計算してみましょう。

 

 

 

①ASPアフィリエイトの場合

まず知っておくべきはアフィリエイトリンクの平均クリック率です。これは3~5%と言われております。

次に送客できた場合、そこから成果発生に至るかどうかの平均は1%程度です。

これを元にアクセス数がどのぐらい必要か計算して目標を決めましょう。

 

例1)3,000円の案件の場合・100万円÷3,000円=約334件の成果が必要

・334件÷1%=33,400クリックが必要

・33,400÷5%=668,000セッションが必要

 

例2)10,000円の案件の場合・100万円÷1万円=100件の成果が必要

・100件÷1%=10,000クリックが必要

・10,000÷5%=200,000セッションが必要

 

こんな感じです。

これは成果=成果確定として計算してますが、本来は成果発生しても全て確定となるわけではありません。

その為、本来100万円稼ごうと思ったらもっとセッションが必要です。

 

なかなかこれだけのセッション数を稼ぐのは厳しい為、アフィリンクのクリック率を上げる工夫をしたりブログ内で商品の魅力をしっかり伝えるなどして成果発生率を上げる必要もあります。

あくまで上の数字は参考です。私はクリック率を上げる工夫や商品の紹介を工夫して成果発生までの率を極限まで上げる努力をした為、約12,000セッションで月収100万円にいきついているのでやり方次第です。

 

ただ、このようにして目標月収を達成する為にはどのぐらいのセッションが必要かを出すことが出来るので計算してみて下さい。

 

おすすめアフィリエイトASP8社を比較!初心者に人気なのは?

 

②クリック型アフィリエイトの場合

Googleアドセンスのようなクリック型アフィリエイトの場合はどのぐらいのアクセス数が必要なのか計算してみましょう。

クリック型アフィリエイトの場合に知っておくべきことは、クリック型広告の一般的なクリック率とクリック単価です。

 

・クリック率⇒平均1%

・クリック単価⇒平均30円

 

これを元に計算してみましょう。ただし、クリック型アフィリエイトだけで月収100万円目指そうと思うと果てしないアクセス数が必要になります。

その為、今回は月収5万円を目標にして計算してみましょう。

 

月収5万円に必要な流入数・5万円÷30円=約1,667クリックが必要

・1,667÷1%=166,700セッションが必要。

 

これだけのセッションを稼いで月収5万円とはなかなか厳しいですね。

ASPアフィリエイトだったら同じぐらいのセッション数で月収50万円は超えているでしょう。

まぁASPアフィリエイトかクリック型アフィリエイトかに絞る必要はありませんから、どちらも両立で広告を配置するのが良いと思います。

 

 

パターン別で解説させて頂きましたが計算上、収益とアクセス数は比例することがお分かり頂けたと思います。

もちろんアクセスユーザーの質にもよる為、綺麗に比例するとは限りませんがアクセス数と収益額は必ず相関します。

流入数がなければ収益も何もありませんから、前述したアクセスアップの方法で目標額に届くようなアクセス数を目指してください。

 

◆アクセスアップに繋がる必須ツール

アクセスアップに必要なツール

 

皆さんは狙ったキーワードで自分の書いた記事が何位になっているのか全記事把握していますか?

「YES!」なら問題ありません。このまま記事執筆をガシガシ続けましょう。

もし「NO!」の場合はまずいです。今後稼げる可能性が急激に下がります。

アフィリエイトで重要なのは記事を書きっぱなしにしないで「分析⇒修正⇒順位アップ」を繰り返すことです。

これをする為には、あなたが狙ったキーワードで何位になっているのか毎日計測しデータを集めておく必要があります。

そうしなければ、分析のしようがなく「どの記事をどう修正したらいいのか」が分かりませんね?

・この記事は今7位で、上位にはこんな記事があるから頑張れば抜けそうだ!

 

・この記事は今12位で、もう少しで1ページ目に入れるから強化しよう!

 

・この記事は3位まできてて上のサイトは企業のサイトだからこれ以上は難しそうだ。

 

などなどアクセスアップには順位観測しておくことが大鉄則であり、それが分かっていなければ何も始められません。

アクセスアップしたいなら順位は必ず計測しておきましょう。

 

記事数が5~10ぐらいの少ないうちは毎日、検索ワードで実際に検索してみて何位か把握すればOKです。

ただし10記事を越えてきているor越える予定なのであれば、毎日それだけの記事の順位を調べるのに時間がかかり過ぎて記事を書く時間がなくなるという本末転倒な結果を導きます。

そうならないようにするには、順位計測の専用ツール「GRC」を使いましょう。

SEO業界では使っていない企業はない程に有名かつ便利なツールです。マーケティング部があるような企業でも大半が取り入れています。

 

GRCは下の画像のように、Googleで何位にいるのかボタン1つで表示してくれるメチャ便利ツールです。もちろん私も使っています。

 

GRC順位チェックデータ

※サイト名・URL・検索語は伏せさせて頂きましたが、本来は表示されます。

 

画像を見てもらうと分かりますが、前回順位チェックしたタイミングから上下何位に動いたのかも表示してくれます。

私は400キーワードぐらい登録していますが、ボタン1つ押すだけで「どのキーワード」で「何位にいるのか」が全て分かります。

400キーワード毎日自力で順位観測するのは不可能ですから本当に助かっています。

 

私は元々SEOコンサル時代から知っており愛用しておりましたが、そういう業界にいたりWEBマーケティング系の仕事をしていなければ知らない方が多いのではないかと思います。

アフィリエイトで今後稼いでいく為には必須のツールですので必ず使うことをお勧めします。

契約するプランによって金額が変わりますが、一番下のベーシックプランでも500キーワードまで観測できるので初心者の方は充分かと思います。

これなら年間で5,000円弱ですから、すぐにアフィリエイト報酬で元を取れます。正直5,000円で1年間このサービスを使わせて貰えている意味が分からないぐらい優秀です。

なんなら5,000円ぐらい自己アフィリエイトで稼いでしまえば、それでOKですね。

GRCについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

検索順位チェックツールGRCの評判・おすすめライセンスをSEO専門家が解説

 

GRCの公式サイトを見る

 

◆ブログ初心者でもアクセスアップする方法まとめ

長い記事となりましたので最後にこの記事の内容をまとめておきます。

①アクセスアップしたいなら無料SEO対策で順位を上げるべし!

②順位を上げたいなら基本的なSEO対策3つと+αで充分!

③クリック率はタイトルとディスクリプションの工夫で上げるべし!

④3,000~5,000字の良質な記事を80記事~150記事書くべし!

⑤キーワード選定やネタ探しには無料ツールを使うべし!

⑥SNSの活用はあなたの目的次第で判断すべし!

⑦ブログランキングに登録している時間があるなら記事を書くべし!

⑧目標月収から逆算して目標アクセス数を決めるべし!

⑨順位観測は「GRC」を使って効率的に行うべし!

 

アクセスアップすることがあなたの収益を上げることに直接紐づきますから、努力する価値があります。

是非この記事で紹介させて頂いた正しい順位アップ方法を実践し、目標金額を達成して下さい。

 

では!

秋田 健でした。

 

<合わせて読まれている記事>

アフィリエイトはロングテール対策とキーワードずらしで最速収益化!

 

アフィリエイト記事のリライトで初心者でも失敗しないテクニック6選

 

売れるアフィリエイトサイトの構成と設計方法をSEO専門家が解説